Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

十五夜

2016年09月15日 23時21分30秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 心配したほど雲は厚くなく、雲の向こうにあるいは雲の切れ目に十五夜の月が見えている。虫の音も静かにしかししっかりと聞こえてくる。スズムシが多いようだ。私の家のベランダからは残念ながら芒は見えない。しかし高い欅の先端に見える月には、欅の枝の先の細かな葉が影のように張り付いている。月の周囲の雲が大きく割れて、南西の方向は空がみえている。雲が切れていく、というのはなかなかいい風情の十五夜である。
 当初はベランダに100円ショップで購入した小さな椅子を出してお酒を飲もうとしたが、妻から蚊にくわれるだけのこと、やめなさいと強くお叱りを受けて断念。時々ベランダに出て、月を見上げることをしている。もう10回ほど戸を開け締めしたであろうか。蚊が部屋の中に入ってきたかもしれない。

★名月や門の欅も武蔵ぶり   石田波郷



 しかし武蔵の国らしい欅の姿というのはどのような欅なのだろうか。たぶん無骨な形という意味なのだろうが、それが具体的な形としては想像できない。丸くて、悟りの境地にたとえられる満月に「無骨」な形の欅を対比させる。その欅の向こうに名月がある。無風流な人までもが名月を見る、という舞台設定なのか?
 そうはいっても忘れられない句である。私は高島野十郎の描いた満月を思い出している。

 明日は昼から退職者会のカラオケクラブの交流会に顔を出して取材。私はカラオケはどうしても馴染めない。何しろ歌を歌うのがどうしても嫌である。聞いている分にはいいのだが、カラオケの場面に放り込まれるとひたすらお酒を飲んで寝てしまうことにしている。今回は取材なのでお酒をときどき飲みながらカメラを構えるだけ。出来れば参加したくはないが、仕事だと割り切るしかない。
 世にカラオケというものが無ければ、世の中はもう少し明るくなるのだが‥。カラオケなどというものを発明した人を心から憎んでいる。昔はどこの世界でもカラオケや宴会芸の強要がひどかった。私の勤めた公務職場でもひどかったが、勤めてから5年もしないうちに強要は無くなってきた。宴会芸もどんどんなくなっていった。勤めて10年もしないうちに強要は皆無となり、あくまでも歌いたい人だけが歌うようになった。宴会芸などもまったく廃れた。昔は歓送迎会などで、送られる人、迎えられる人かならず歌うか、芸を求められたものである。私は一貫して拒否をしてきた。逃げ回ってきた。
 しかし今でも多くの職場ではまだそのような強要が残っているらしい。私にはどうしても理解できない習慣である。
 退職者会では、宴会の席でも、このようなクラブの催しでも、強要はない。それぞれに楽しみたい人間が楽しんでいる。人をはやし立てて楽しむということはまったく考えていない。とても嬉しい組織である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エッシャー展」感想 | トップ | カラオケの写真取材 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思い出させてくれますね (通りがかり人)
2016-09-16 07:45:37
カラオケも、かれこれ数十年の歴史ありですな。たしかに強要的芸の感がありましたな。現役時代のいろいろな場面をあらためて思い出しましたぞ。そうですか、氏の寝たふりはその頃からですか。カラオケの歴史と一致しますな。

カラオケは寝たふりしても割り勘だ

寝たふりしながらメロディ忘れない

可愛い女の子の時だけ薄目開け

今度カラオケ屋で弾き語りします。この四百日以内。応援して下さい。生ギターと生声で、行きます。
持ち時間30分くらい。間違いなく寝てしまいそうですな。
通りがかり人様 (Fs)
2016-09-16 13:05:13
いえいえあれは狸寝入りではありません。
本当に寝ているんです。
本当に寝ていると誰も起こさないので、助かります。

コメントを投稿

日記風&ささやかな思索・批評」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。