Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

日本大通の緑化フェアと関内桜通り

2017年04月25日 22時13分24秒 | 読書
   

 横浜の中心街にある関内桜通はヤエザクラが美しい。毎年たのしみに見に行くことにしている。ここの桜を見ると横浜では桜の見納め、いよいよ連休、いよいよ夏になる、という思いが湧いてくる。妻は先日も見に来たが曇り空で、まだ咲き始めであったようだ。
 本日のヤエザクラはだいぶ散り始めている。しかしヤエザクラなのでたくさん散って行ってもまだまだ散りはじめである。これだけの花弁を散らすのであるから、大変なエネルギーを発散しているのではないだろうか。私はもともとあまりヤエザクラは好きではなかった。ぼってりと咲いている様子は清楚ということからは程遠いのが気に入らなかった。
 ある年の連休前、ウナギの寝床のような細長い職場の敷地の端っこにあるヤエザクラの下で昼休みを取っていたときに、どっと花びらが散ってきた。その花弁の量に驚いて、それ以来ヤエザクラを注視するようになった。

         

 この関内桜通を関内から本町通まで歩いたのち、日本大通を往復。「第33回全国都市緑化よこはまフェア」を見て回った。このフェアは33回目ということであるが、これほど大規模になったのはいつの頃からであろうか。

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CDプレーヤーがいったん復... | トップ | 痰と咳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。