Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

高階秀彌「続名画を見る眼」(岩波新書)読了

2015年05月07日 18時19分14秒 | 読書




 気になっていた本をやっと読み終えた。西洋美術の歴史に沿って正・続と時代が中世から現代へと繋がってくる。 すでに教わったことも含めて、この本がネタ本なのだろうと思うものもいくつもあった。
 この続の中にあるムンク「叫び」の解説についてはちょっと理解できないところがあった。
 3月半ばには読み終わって、いろいろ考え込んでいるうちにいつの間にか頭から、私の理解できなかったこと自体が消えてしまっていた。そのうちにこのブログに記録することも忘れてしまっていた。
 先ほど乱雑な机にこの本が置きっぱなしになっているのにようやく気がついた。取りあえず、読み終わったという記録だけ残して、もう一度ムンクの項を読みなおして頭を整理出来たら再度言及してみることにした。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根山火山の状況に関する解... | トップ | 箱根山 火山の状況に関する... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (たか)
2015-05-07 20:44:54
Fsさんのお書きになられた今までの感想文を読ませて頂いて
とても素晴らしかったですし
見る目も十分お有りだと私は思っています。
手引書にとらわれてFsさん本来の見る目がそちらに傾いてしまったら勿体ない。
やはり理工系、とことん追求しないと気が済みませんか?

その点、私なんて気楽なものです。
いい絵だな
これは私の趣味に合わないわ
            それだけです。
また上から目線で書いてしまいました、ごめんなさい。
Fsさんとお茶を飲みながら交わす会話と思って下さい。
たか様 (Fs)
2015-05-07 22:42:42
ありがとうございます。「見る眼」というのは難しいですね。おっしゃるとおり「傾いてしまうこと」「引きづられてしまうこと」は避けたいです。
この歳になったので、自分の感性を全面に押し出して、という思いが強いことは確かです。

でも知識欲というのもあります。また理系という追及癖、詮索癖は抜けないですね。

自分を見失わないように心してまいります。

ご助言、とてもありがたいです。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。