Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

西行の歌2首

2016年12月24日 21時07分53秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
 先ほど印刷会社から退職者会ニュース新年号の最終校正刷りが配信された。1点だけ訂正をお願いして、26日(月)に印刷に回してもらうことになった。どうやらこれで新年の正月10日の幹事会には間に合うことがはっきりした。ホッとしている。
 しかしクリスマスイブのしかも土曜日の夜まで仕事をこなしてもらって感謝してもしきれない。印刷会社は年末はかなり忙しいと思われる。ありがたい。

 さて、本日本棚を片付けていたら、昨日に目にした高見順の「死の淵より」と別の棚に西行の歌の解説書があった。ふとページを開いたところに次の歌が掲載されていた。懐かしくなってメモした。本棚の片づけはこれだからはかどらない。

★うなゐ子がすさみに鳴らす麦笛の声に驚く夏の昼ぶし     西行  聞書集
★竹馬を杖にも今日は頼むかな童遊びを思ひ出でつつ      西行  聞書集

 二つの歌ともに中学校の国語の先生にプリントで教わった。当時はまだ「聞書集」のことはあまり取り上げられることはなかったらしい。とても新鮮な気持ちで解釈を聴いていたことを思い出した。
 うなゐ子:童子    すさみ:慰みごと、たわぶれ    昼ぶし:うたた寝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと気になった句 | トップ | 年賀ハガキを購入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。