Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「浪花節だよ洞門は」

2017年03月12日 23時26分39秒 | 芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等
   

 本日は四十数年ぶりに浪花節を聴く機会となった。学生時代にアパートの近くの町内会館で聞いて以来のことである。
 友人に誘われて半ば義務感で参加したが、とても楽しい浪花節を聴かせてもらったと思う。若い浪曲師の声の張りは確かに素晴らしかった。
 たまにはこのような話芸を楽しむのもいいものだと再認識させてもらった。
 演題の「浪花節だよ洞門は」のいわれについては、添付のチラシを参照してもらえればありがたい。
『芸能』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シャセリオー展」感想(その2) | トップ | 本日はほぼ一日会議室 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
浪花節 (たか)
2017-03-13 00:42:46
浪花節と言いますと何だかとても懐かしい響きに聞こえます。
母がとても好きでして
私は母の横でラジオから流れる、その浪花節を解らないながら良く聴いておりました。
広沢虎造の名前も憶えております。
もう何十年前も前の事です。
義理と人情‥ (Fs)
2017-03-13 23:32:20
私は浪花節と講談の区別がついていませんでした。
昨晩浪花節の聞き方の講釈もありまして、ようやく少しだけ理解しました。

しかしよくとおるいい声ですね。鍛えた喉というのは、惚れ惚れします。
御礼 (shiseian1130)
2017-03-14 04:12:37
腰痛にも関わらず、「浪速節だよ洞門は」お出かけご苦労様でした。お陰様でほぼ満席で164名の参加でした。今度は洞門の在る小津安二郎&原節子の世界(麦秋)、北鎌倉へ是非お出かけ下さい。たかさんのお兄様は鎌倉在住らしいですよ!
shiseian1130様 (Fs)
2017-03-14 12:31:04
盛会で良かったです。浪曲もなかなかいいものですね。

鎌倉は近代美術館鎌倉と鎌倉別館に幾度も足を運びました。
鎌倉アルプスハイキングも、また港南台から鎌倉までのハイキングも。
俳句の吟行でも幾度か‥。
それでも歩き尽くせないですね。魅力たっぷりです。

コメントを投稿

芸術作品鑑賞・博物館・講座・音楽会等」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。