Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

品切れ「わが心の歌-望郷のバラード」

2016年10月14日 10時36分49秒 | 読書
 11日の記事で言及した「わが心の歌-望郷のバラード」を昨日有隣堂で注文しようとしたら、残念ながら出版社にも在庫はなく、重版の予定もない、とのこと。
 図書館か、古書店を探すかの選択しかなくなった。久しぶりに図書館をまわるしかなさそうである。市立・県立合わせて5冊の在庫のようである。とりあえず予約した。
 初版は2000年11月だったようだ。今から16年前である。書店で立ち読みした時は春だったように記憶しているので翌年だったと思われる。その時食指が動いたことは確かに記憶している。購入しておけばよかった。だが、多分その時の優先順位は低かったのであろうし、持ち合わせもなかったのだろう。
 当時購入しなかったことも、今在庫がないこともともに残念であった。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり十三夜の月はさっぱり... | トップ | 「鈴木其一」展再訪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。