Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

やはり十三夜の月はさっぱり見えない

2016年10月13日 23時07分50秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 本日の横浜の最高気温は13時前の19℃とほぼ予報どおり。さすがに半袖では寒いので長袖にした。久しぶりの長袖、二の腕に布地があたり少し煩わしかったが、やむをえなかった。歩いているうちに少し暖かくなり、袖を肘近くまで上げていた。ズボンは今週から長ズボンを履いている。
 明日は太陽が顔を出す予報だが、果たして予報どおりになるであろうか。しかし日が当たるにもかかわらず最高気温の予報は20℃と本日とあまり変わらない。

 明日は六本木にあるサントリー美術館に鈴木其一展の後期展示を見に行きたい。
 他にもいきたい美術館はある。たとえば国立新美術館の「ダリ」展。同じ六本木である。しかし其一展だけで頭は飽和状態になると思われる。体力的にもきつい。金銭的にもきつい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は「十三夜」  | トップ | 品切れ「わが心の歌-望郷の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。