Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

加藤楸邨句集「火の記憶」から その4

2016年12月20日 22時18分01秒 | 俳句関連
 引続き加藤楸邨の「火の記憶」からいくつかを引用してみる。

★ものいへば傷つくごとく冬の黙
★枯木に沿ふ焼夷弾道は見了んぬ
★鉄兜脱げば背に負ふ天の川
★黙ふかく冬の夜汽車を誰も聴く
 その夜、学校に泊まる、午後七時、B二九来週、胃痛し、裏手の海中に炸裂、高射砲音下苦痛に輾転
★地に伏せし身のまはりみな霜柱
 十二月二十七日、正午、七編隊五十数機侵入、折しも神田近江屋洋品店にあり、体当たり自爆機望見
★冬天の一火焔とぞなりて消ゆ

 命が粗末に扱われた戦争の最末期、ひとりの若い命は「冬天の一火焔」として「消える」。この一火焔にはどのような人生への執着があったのであろうか。何百万の命と、そして一人の若者の死。私たちはどのように拮抗できるのであろうか。
ジャンル:
その他
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加藤楸邨句集「火の記憶」か... | トップ | 本日の欲張りな予定‥ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (RW)
2016-12-21 07:09:36
加藤楸邨の歌、なかなか味わい深いですね。人生を振り返るにはいいかも・・!
もう年末年始の雰囲気が十分漂ってきました。そろそろ年賀状を書かねば・・、大掃除をしなきゃと思いつつ・・あっというまに年末になっちゃいます。(苦笑)
(PS)今年も年末恒例「RW年末狂歌」を吟じました。2016年に駆け巡った数多くの報道ネタから回顧レビュー、今年のRW一般記事はこれで最後です。
おいおい、すごい (通りがかり人)
2016-12-21 12:55:42
人を取り上げてたね。ちゃんと読まずに申し訳ない。「冬天の一火焔とぞなりて」とは、すごいな。いま、ネットで、注文したよ。
 度肝だわな。

冬天にしなびながらも燃えもせず
笑えないわ。な。
戦中、戦後と東京に留まっていたんだね (通りがかり人)
2016-12-22 01:41:49
やり場のない怒りと、悲しみと、身の回りの人々への愛と、湧いてやまない苦悶と、を、見ているしかなかったのだね。氏は、なぜ、今、この人を取り上げたのかな? たまたまか、それはないな、焦土を忘れてしまった人間たちへの、警告か、諦念か、めっきり句作をしなくなったのは、これらの句を前にしての、虚しさのようなものか、いずれ聞いてみるか‥加藤楸邨、激しいね‥空襲の小説は幾つか読んだりしていたが、句は知らなかった。40歳くらいだから、インパクトも強烈で、霜柱に突っ伏したのだろう。私が買ったのは自薦句集ですが、読んでみます。早く届け。
RW様 (Fs)
2016-12-22 12:00:49
貴ブログ、いつも楽しく拝見しております。

年賀状、大掃除、なかなか手につかなかったですが、私は明日あたりからボチボチ。
本日は休養日です。

急に雨が降って来てビックリです。
通りがかり人様 (Fs)
2016-12-22 12:10:38
「加藤楸邨句集」(岩波文庫)をいつも手元に置いています。

「冬天に一火焔とぞなりて消ゆ」、情景を捉えただけのような素っ気ない言葉の羅列ではありますが、人間の生死と思いがぎっしりと詰まった句だと思います。とても重い句に思えました。

句は自分で作ることの限界を‥。でも時々私の句も分からないように、図々しく放り込んでいます(^_-)-☆

私の文章で加藤楸邨の句に感銘を受けてもらえるとは光栄です。

コメントを投稿

俳句関連」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。