Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

満月を肴に泡盛を一献

2016年10月16日 22時43分03秒 | 俳句関連
 午前中は厚い雲に覆われていたが、午後は一転太陽が顔を出した。雲量は全天の3割もなかったのではないか。長袖にメッシュのチョッキという恰好で横浜駅まで歩いたが暖かく、途中で腕まくりをし、チョッキを脱いで手に持った。
 横浜駅では妻がワインを1本購入、私も負けじと対抗して泡盛を1本衝動的に購入した。しかし買い物の食材のほか、両方のボトルを持たされて、帰りは重たくてつらかった。
 自業自得ということだろうか。

 19時ごろに空を見ると、再び雲が増えて来て8割方雲に覆われた空に満月を見つけた。雲の合間を縫うように顔を出す満月は見ていて飽きない。ベランダで、泡盛のお湯割りを片手に15分ほど見上げていた。今度は涼しさを通り越して寒さを感じて慌てて部屋の中に退散した。今は厚い雲が全天を覆い、月も顔を出さない。ありかも示さない。
 5ミリ未満の雨がまもなく降り始めというメールが今しがた届いた。
 明日は一日中雨の予報。昼前から組合の会館に出向いて退職者会の幹事会に出席しなくてはいけない。

★秋の夜や旅の男の針仕事            小林一茶
★静寂に浸み込むバラード秋暮れる        庄司たけし
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鈴木其一展」後期展示(その... | トップ | ようやく雨が上がった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昼間から快感ですな (通りがかり人)
2016-10-17 07:33:18
快感ばかりが念頭にあるから変換も快感化してしまい

泡盛抱いて一喜一憂満月の空

私はワインあなた泡盛満月前の苦痛かな
通りがかり人様 (Fs)
2016-10-17 08:04:13
アルコールで「退行」した頭と体力には、ワインと泡盛と根菜類は辛かったです。
これが「快感」になりつつあります(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。