Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

「ことばは知識ではなく体験である」(大岡信)

2017年05月16日 21時55分47秒 | 読書
 本日書店で立ち読みしていたら「日本語の豊かな使い手になるために」(大岡信)という著作が並んでいた。
ページをめくると「ことばは知識ではなく体験である」という大岡信のことばが眼に入った。普段から私が思っていたことを的確に表現してもらったような気がする。言い得ている。
 私もいい使い手ではないが、いつもそうありたいと思っている。
社会的に注目を集めるべき人こそ、ことばに敏感であるべきである。
 政治家が辞書にない言葉使いを「閣議決定」するという、とんでも国家に私たちは住んでいる。まずここからあらためなければ、日本語は滅びる。
 「閣議決定」する大臣たち、それを認める議員達は、みずからのみすぼらしい人生と体験、向上心のないことと、そしてみずからの因って立つ文化を冒涜していることに無自覚である。ことばによって成立している文化を否定していることすらも自覚していない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書店で立ち読み・・・ | トップ | 「ミュシャ展」から 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。