Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

満月の前の月が美しい

2016年10月14日 23時30分29秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 昨日は久しぶりに休肝日。夕食時が寂しいものである、とはいっても湯呑1杯の煎茶もまたいいものである。うれしいのは味噌汁を最初に飲むときの味噌独特の香りを嗅ぐことかもしれない。そういう楽しみがあっても明日からは食後の温め直した味噌汁にしてしまう。

 昨日とは違って雲の無い月齢13.5の月が美しい。先ほど帰宅するときにはうすい雲の向こうに見えた月であったが、今は雲は見えない。明日は十五夜、明後日が満月の日。少し小さな傘がかかっているようにも見えるが、明日の天気予報は一日中晴れである。
 そういえば、いつの間にか虫の声が聞こえなくなっている。5分ほどベランダで耳を澄ましていたらようやくか細く鳴いているのがわかった。鳴いているのはひょっとしたら一匹だけかと思うようにか細い。聞き耳を立てて、静かに心を落ち着かせないと耳に入ってこない。聞こうとしないと聞こえないほど微かである。あるいは虫の声が聞こえないほど自然の声から気持ちが遠ざかっているのか、定かではない。
 こんな日にはそれこそ「望郷のバラード」が似つかわしいと思って、聴いている。晩秋の気分は、人間関係の面倒くささや嫌なことを忘れたいのかもしれない。思い出や郷愁はそれらを捨象して浮かび上がってくる。人間にはそのような「忘却」という特技が備わっている。それがなくては生きてはいけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鈴木其一」展再訪 | トップ | しみじみと晩秋の気分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。