Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

60歳以降の働き方

2017年05月20日 10時24分35秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 30代や40代の頃は担当の仕事が変わっても、業務のやり方が変わっても、人の応援を頼まれてもそれをこなすことに特に大きな精神的エネルギーを費やすことはなかった。肉体的には初期段階は厳しいこともあったが、体力に物を言わせて乗り切れた。電算化などにも抵抗なく対応できた。新規業務があるとそれをこなすのが大概の場合私の担当になった。それを職場の状況に合わせて、落ち着いてから2~3年後に次の人に引き継ぐことが多かった。いくつかのかなり困難な業務は5年以上は担当したと思う。ある面倒な新規業務は5年して他の担当者に引き継いだ時は、ほとんどその業務が収束に近くなっており、業務量としては当初の4分の1以下になっていた。新しいものを開拓することはそれなりに楽しくもあった。
 しかし50歳も過ぎると、なかなか新規業務に挑む意欲・エネルギーは湧いて来ない。これはあまり無理をしてしまうと、精神的にもつらくなる。ストレスが貯まるものである。若い時には考えられないようなところで躓いてしまう。
 今は定年制の延長や、70歳まで働けるようにするという流れになっているが、50歳から60歳を境に新しいこと、新しい職場への挑戦というのはなかなか困難をともなう。
 これまでと同じような業務、同じ職場で働き続けられるに越したことはない。まして65歳を過ぎてポンと新しい仕事・職場に就くことは大きなストレスを抱え込むようなものである。

 多くの現役のかたは60歳をひとつの人生の節目として振る舞ってきた。「60歳になったらこうしたい」「こんな仕事をしたい」「勉強をしたい」いろいろあると思われる。それが外圧というか、年金支給開始が遅くなったり、働き続けるには職場や業務を大幅に変えなくてはいけないということになると、頭と体が順応するのがなかなか難しいのではないか。
 退職者会の役員をしていると、60歳になって新しい職場に配置換えされたが、仕事がうまくこなせない、人間関係が難しい、ということで配置後1か月もしないうちから「これからどうしようか」という相談を寄せられることが多々ある。
 退職者会は当局との交渉権はないので、解決策を講ずるのは難しい。現役の組合への相談の橋渡し役をするしかない。現役の役員も60歳の人間の立場に立って、親身に対応するのはなかなか難しい。また制度が出来上がっているので、当局に制度の運用で応用力を発揮させるのは困難をともなう。国の制度を大きく逸脱できない上に、制度改善の方策に当局が本腰をいれるまでのエネルギーは困難を極める。当局も60歳という人生の節目の人について思いが至らない若い人間が担当している。そういった意味では当局もまた人材難である。人事担当、労務担当というのは各年代や各職種に充分目配りが出来、人の意見を充分聞き、応用力を発揮できなければ良い制度とはならない。自治体なりの応用の幅がどんどん狭くなってしまっているのが、人事制度の現在の基本的な問題点である。
 私は60歳で仕事を退いてしまっているので、メンタル面での解決策を講ずる自信もない。それでも経験を生かしてできる限りのアドバイスはしているが、限界がある。
 多くの組合員は、働き続けるか、辞めてしまうか、60歳ともなると自分自身で結論を出している。そして現役時代から私が仲良くしてもらってよく知っているかたばかりである。それは尊重しないとまずい。無理に働き在籍させれば、精神的に追い詰められたり、体調を崩してしまう。
 退職者会としては、個人を大切にするのが、役目である。しかしその人が辞めてしまえば、その職場の人はその人の仕事をみんなで分担するしかない。現役の労働組合はそこに力点を置いて考える。そういった残された職場の後輩の苦労にも思いをはせながら悩む日々である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラームス「弦楽六重奏曲第... | トップ | 本日の講座「正岡子規-文学... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
組織の円滑さ (通りがかり人)
2017-05-21 05:16:09
小さな組合であったが、円満さと円滑さが行き届いていたように思う。その中でも、氏は中心的役割を担っていたし、こなしていたように、みえた。人事面で、当局と渡り合い、組合員の異動など、その意向をよくくみ取ってくれていた。難しい局面もあったと思う。氏の粘り強さも、この頃醸成されていったのではないか。一組合員には計り知れない苦難もあったと思う。しかし現役当時が懐かしい。みな若かったものである。今は、ゆっくりバラを、ぼんやり花に魅入って欲しいものである。
通りがかり人様 (Fs)
2017-05-21 12:33:01
現役時代は大変お世話になりました。
今も退職者会でお世話になっています。
そう、若かったですね。

ガムシャラというのが、なかなか抜けない年寄りになってますね。
花を愛でるゆとりがもう少しほしいな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。