Fsの独り言・つぶやき

1951年生。2012年3月定年、仕事を退く。体力作り、俳句、山行、美術館・博物館巡り、クラシック音楽等自由気儘に綴る。

読書と飲み会

2017年09月05日 10時08分30秒 | 日記風&ささやかな思索・批評
 昨晩は雨が上がらず夜のウォーキングは中止。雨の音をききながら「日本絵画の近代」(高階秀爾)を4割ほど読み終えた。 
 平賀源内、司馬江漢、佐竹曙山、高橋由一、川村清雄、五姓田義松と続き、パリで日本の画家が学んだアカデミー・ジュリアンをめぐる論考までを読んだ。
 駆け足の内容だが、あらためて頭の中の整理に役立つ。しかし読んだうちのほんのわずかでも記憶に残るといいのだが、如何せん読むうちから忘れていくような気分になる。悲しいものである。

 本日は天気は良いとの予報。一日おきに寒暖が繰り返されるらしい。ここにきて本日、木曜、土曜と一日おきに夜の飲み会が設定されている。スケジュール帳に書き込みながら、どうしてこうもうまい具合にダブらないで日程が埋まるのか不思議に思った。それぞれの主催者はまったく別なので、もともと調整などされていないい。
 飲み過ぎて体調を崩さないようにするのはわたしの責任である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加