しょうりんの極めて奇妙な日常

もしかしたら少数派かもしれない私の日常と、放送大学卒業までの道のりと、抱えてきたものの考察を、のんびり書いていきたい。

単位検定試験終わった!

2017-01-30 05:52:45 | 放送大学
今回、時間もなくて、余裕もなくて、苦しい試験になりました。

でも、やるだけはやった!

久しぶりに、試験会場緊張して、試験と言うより人が集まる場所に行ったので(^^;;

私、学校という場所が、やっぱり得意ではないのだな、と思います。
なんで、同じ服を着るのだろう?
なんで、軍隊みたいに過ごさなければならないのだろう?

なんて、何でが沢山あって、学校と言う意味がわからない学生時代でした。

人が集まる場所は、どうしても一歩引いてしまいます。
そして、やれと言われて素直にやる事をしない、天邪鬼でもありました。


さて、それがどこの自分で、元の性格か?
と聞かれたら分からないけれど、私の中にいる一部の性格ですね(笑)

勉強で好きだったのは、国語と美術と音楽と理科と数学の証明でした。
他は、苦手だったな。
今は、歴史も好きだけど、学生時代は苦手だったです。
暗記が苦手で。
暗記中心で、何故詳しい理由や、説明やがなくて、どのような使い道も分からないまま、覚えろと言うのか理解出来なかった。
まあ、今となっては、勉強しなかった言い訳に過ぎませんけどね(笑)

私はほとんど予習、復習、宿題もせず、テスト前の10分に教科書を流し読みして、テストを受けていました。
英語以外は平均点は取れていたけど、どちらかと言えば落ちこぼれだったな。

英語は、嫌いじゃなかったのですが、先生が苦手だとどうしても窓の方に顔が向き…。
窓から見える、自衛隊のパラシュート訓練ばかり見てました(^^;;

緘黙時代、ダメダメな学生時代、パニック障害からの引きこもり時代、縛るのをやめた自由奔放時代をこえ、もう一度頑張ろうとした生真面目時代も過ぎ、今、学ぶ楽しさ、学ぶ意味を知って、とてもワクワクして勉強をしています。
自分の中の障害も忘れてるくらい、勉強は楽しいです。

でも、学校は、もう少し楽しい場所になってもいいんじゃないかな?
もう少し自由になってもいいんじゃないかな?

自由は、放置じゃないですよ。
勿論。
発想の自由と言うか。
クラス分けも自由でいいじゃん、好きなクラスで授業を受け、好きな科目を中心に学び、自分に合った学年を選び、一緒でも横並びでもなくても、子供達によってリーダーを決め、子供達によって問題を提議し、子供達によって会議し、子供達によって教え合う。

いずれ大人になった時の、問題解決能力を学びながら、コミニュケーションの中で、それぞれがどう生きるか学んでいく。

なんて、理想通りにはいかないかぁ(^^;;

でもまあ、そんな中で、放送大学の一つの在り方として、自分には合っていると思うのですよね。
ネットを見ていると賛否両論なんですけど、よい面、悪い面は、どの大学にも存在するものですし、経済的に厳しい社会人にとって、本当に助かるシステムなのたしか。

まずは、やってみる。
卒業する。
そして必要なら、また上を目指す。

大学を卒業した事で編入も可能になる訳ですし、自分にとっては夢の広がる場所ですよね。

面接授業が、仕事で受けれないのがネックですが、仕事を減らしてもらう事を考えていますので、なんとかなるかな。

次の科目登録に、今は楽しみながら悩んでいます。

実際は、色々悪化してる部分もあるのですが、精神的な事で、今日は久しぶりに安定剤を飲んで、落ち着いています。

本格的に病院に行く事にしました。
思い切って、専門家の力を借ります。
自分の精神状態は、一度最悪までいったので、よくわかるのですよね。
今は多分、放置してはいけない状況てす。
私は、ちゃんと見極めて、無理をせずに早めの治療を行わなければいけない。

それは、家族のためだし、会社のためだし、私の事を心配してくれる周りのために。



勉強は、私の支えになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 早送りを巻き戻す | トップ | 読者なり »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

放送大学」カテゴリの最新記事