しょうりんの極めて奇妙な日常

もしかしたら少数派かもしれない私の日常と、放送大学卒業までの道のりと、抱えてきたものの考察を、のんびり書いていきたい。

いよいよ

2016-12-13 19:19:42 | 日記
母の介護保険申請、包括センターとの話し合い、介護保険調査を終え、今日、介護用具のお試しレンタルしました。そして木曜日にケアマネジャーとの顔合わせ、それからいよいよデイサービスに行く事になると思います。

仕事の合間だから、慌ただしいのですが、やっとここまで来た!
と言う感じです。

知らない事だらけで、パニックになりそうでした
(笑)

母の認知症は、やはり進行していて、最近は認知がしっかりしてない時が多くなってきました。
それでも、一人の時間が減らせば、進行を遅らせられるのでは、と期待を込めて。

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、なかなかSNSから離れられなかった私が、今回はブログ以外はすべてお休みしています。
最近は、TwitterOnlyになりつつありましたが。

元々、ネットは苦手だったのですが、やはり普段は出て来ない自分を解放できるからかか、SNSを始めて、気付くとどんどんはまってしまっていて、一時期は完全な依存症になっていました。

身体の事、精神的な事、結婚の事、色々問題を抱えていたものから、そこから一時でも逃げたかったのだと思います。

それから少しづつ離れて、今は以前の30分の一くらいしかSNSには触れていません。
それでも、やり過ぎじゃないかと不安になるし、無性に覗きたくなる。
適度に楽しく遊んでいるなら、問題はないのですよ。
でも、私のように依存してしまうと、問題です。
それに、感情も左右されるし、現実が疎かになってしまう。

避難所にするのも、いいと思います。
病気等でリアルのコミニュケーションが取れない時に、SNSは寂しさを紛らわせてくれるし、助けになる時もあります。

私にとって問題なのは、もう病気を受け入れ、精神的な揺れも減り、もっと活動できるようになっても、馴染んできた場所から離れがたく、その葛藤の中で自虐を繰り返して、自分をダメにしてしまう傾向があるのが問題なのです。

SNSをする事が悪い事ではなく、依存症が駄目で。それがある限り、罪悪感は消えないのも分かっていて。
SNSはSNSとして、健全に楽しめるようになりたいな、と思っている次第で。

じゃ、私は一人で叫んで、何を求めていたのかな?
何が苦しかったのかな?
何がしたいの?

はい、今でも、自分が何をしたくて叫んでいたのか、いるのか、分からなくなります。
分かってるような、分かってないような、そんな曖昧さので中にいますが、そんな自問自答を繰り返して、最後はごく普通に、ごく普通の私で、楽しめるようになればよい、と思いました。

なんて言うか、私は自分のルールに縛られがちで、新しく展開していく中でも、古い約束事にも縛られがちで、自分で自分をがんじがらめにしていくので、それが欠点なのかもしれません。

私が何人いようと、いいじゃあないの、くらいに思えたら良いのだけど。

あー、今、参加している小説誌の最新号が届き、改めて小説書かなければ!
と思いました。

待たせてしまって、申し訳ないです。
ここは小説誌用のブログじゃないけど、今正にコメント読んだので、本当に胸に染みました…。
感謝です。

がるばろ!

とりあえず、何時もみたいにフラフラしないで、今は勉強、そして小説、余裕ができたらまたTwitterに呟きます。

なかなか実行できなかった、SNSを休んでの集中勉強。
今回はちゃんとやって、自分の自信にします。


Twitterで作った黒天使と白天使、折角作ったキャラだから、利用しつつ呟こうかな(笑)
黒天使、白天使、適当なキャラですみません。



Twitterから来てない方は、意味が分からなかったらゴメンなさい。
Twitterと、小説ブログと、このブログを最終的にリンクして、SHYOワールドにしようと思っています(笑)

もうええわ!って、空耳のツッコミが聞こえた!

この辺りでまた明日。
今から、隙をみて勉強します!

寝る前は小説更新と、原稿書き!
ちまにみ、私のは、個人の趣味の小説ですよ、勘違いしないように(^◇^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハイペースですよ | トップ | なんと »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。