さんちゃんの映画日記 since2005

さんちゃんが映画館で見たという映画を斬りまくるブログ  <2005年以前の記事も復元済!!>

09 怪盗グルーのミニオン大脱走(2017.12.07 DVD)

2017-12-10 20:03:37 | 映画日記2017

シリーズ3作目。相変わらずの展開に時間を忘れてしまう見事な映画だ。

新たなキャラクターのドルーが登場して、さらなるグルーの世界が広がったようでイイ感じだ。加えて悪党にはパルタザールなるキャラクターが登場するが、メインがドルーとの話になっているので、悪党との対決姿勢はあるものの強い感じやそれを中央に置いた面白い展開は少ない感じがする。その分、ドルーとのやり取りが多く楽しい展開になっている。

内容は上の通り楽しいが、ニッポンのスタッフのタイトルが気にいらない。家族やドルーを感じさせてものであれば問題ないが、確かに脱走してるミニオンはそこにいたがタイトルに名を連ねるほどじゃない。人気のキャラクターに乗るのもいい加減にしろ状態。残念だ。ガッカリ。

さんちゃん評価:3.5点(タイトルで台無しだ。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

08 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス(2017.10.28 DVD)

2017-10-29 05:30:38 | 映画日記2017

シリーズ2作目

「銀河一"ヤバい"落ちこぼれチームが帰ってきた!」

と言うキャッチコピーが示すとおり、相変わらず感満載で最初から笑わせてくれる。つかみはOKだ。その後も新たなキャラクターも加わりながら宇宙戦争が勃発する。映画の楽しさ、SFXの凄さなどを感じながら、加えて彼ら独特のキャラクターの楽しさ、そしてなんといってもこの映画独特の笑いの連続が更に見る側は前のめりになる。

映画はとあるキャラクターの出現であらぬ方向に展開していくが、更に見る側の興味を誘いつつ疑問を抱かせつつどうなっていくのかを考えさせる展開がなんとも言えない。

最後は壮絶な戦いがあり、その後の涙ありで後味満足な感じでエンディングを迎える。もう満足感でいっぱいだ。

 

さんちゃん評価:5点(ちびグルートがいいのよ。)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

07 言えない秘密 (2017.08.14 DVD)

2017-08-15 00:54:23 | 映画日記2017

「君の名は。」で悔しい思いをしたので、ここはこの映画でスッキリとしたかった。

2007年台湾映画。日本では翌2008年公開。ジェイ・チョウとグイ・ルンメイのSFラブストーリー。まぁ、SF感はそんなに感じられないが、明確に言えばタイムトラベルものだ。だが、後半にならないと謎が明確にならない。

あまり語ると「君の名は。」のネタバレになってしまうが構わずかいちゃおう。

どちらの映画も2つの時間軸の差が起こすミステリーである。そして救いの手を未来側から差し伸べるというオチに歓喜した。二つの映画の違いは課題の大きさの違いと、二人が顔を合わせるかどうかだ。いつも彼女を見ていて突然現れなくなるあたりは胸がキュンキュンしてくる。

久しぶりに見て、やっぱイイなぁ~と思えた。

 

さんちゃん評価:5点(やっぱりこっちが3万倍いいな)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

06 新 荒野の七人-馬上の決闘 (2017.08.14 録画)

2017-08-14 14:10:20 | 映画日記2017

1969年、シリーズ2作目の映画。前作ほどの看板スターはいないが、名優と言えるメンツが並んでいる。

さすがにキャストの違いからか良い評価はあまり聞こえて来なかったが、実際に見てみるとなかなか面白い。ただ7人集めるくだりは結構あっさりだなと言うことを除けば、文句はない。極悪の大佐もイイ感じで表現されていたし、見る側も7人でどうにかしてほしいという感じになる。

巷の評価に惑わされないようにしよう。なかなか楽しめた。

 

さんちゃん評価:4点(やっぱりアナログ感のあるドンパチがいいね)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

05 君の名は。 (2017.08.06 DVD)

2017-08-06 10:43:12 | 映画日記2017

2016年話題のアニメ。しかし、マルパク作品でげんなりした。

二人が入れ替わることによって二つの時間軸の違いで奇跡を起こすというものだが、この二人が入れ替わるというギミックを片方がタイムトラベルというものに変えて奇跡を起こすと「言えない秘密」という映画になる。この二つの映画の重要なポイントは二人の関係がどれだけ映画を盛り上げられるかが大きなポイントになると思うが、二人が入れ替わること、時間軸が違うことなどを考えるとおのずと密着性がないぶん希薄な感じがする。(会いに行こうとすることで二人の密着性を高めようとするが、結局映画を揺り動かすマジックは起きてない)なので、映画後半の奇跡がなにかピンとこないし、最後の場面についても感動させようとしているが、何のオチにもなっていな。

何か良さを探そうとするが、さしがにマルパクされた「言えない秘密」がかなり良く出来ていて、心を揺さぶられるような作品になっているので、比較してしまって何の面白みもないことに気づいてしまう。

世間では話題の映画ではあるが、皆さんにもっと色んな映画を見てほしいという一言しか思いつかない映画だった。以下に2008年に見た「言えない秘密」の感想があるんで掲載しておきます。ぜひ、見てほしい。

さんちゃん評価:2点(まぁ、話題な割にはガッカリな作品だった)

 

さんちゃんの「言えない秘密」評

http://blog.goo.ne.jp/shy-sanchan/e/d9471cd718a1acd51a69913e9568e8fb

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

04 ズートピア (2017.07.17 DVD)

2017-07-17 12:41:44 | 映画日記2017

ディズニーによる動物達によるコメディー・アドベンチャー映画。期待感ゼロで見たことが良かったかもしれない。

肉食動物の謎の失踪事件をベースに新人ウサギ刑事がキツネの相棒とともに謎を解いていくという映画だ。やはりベースとしてはウサギとキツネの凸凹コンビが楽しく進んでいく。謎が展開していくと日本のテレビでも見られる刑事モノドラマに発展していき、まさかの真犯人が登場して御用になるという、ある意味、王道の筋書き通りという感じだ。まぁ、水戸黄門の好きな人たちからすれば楽しいかもしれないな。

正しい見方をするならば、様々な動物=様々な個性、草食/肉食の違い=人種の違い を意味してる部分が大きい。いかに人種差別が意味がなく、個性を尊重すること、そういう話が映画の裏側に脈々と流れているという部分は、この映画をシッカリしたものにしているのだろう。まぁ、悪くないな。

 

さんちゃん評価:3.5点(名作には程遠いが、メッセージは強い)

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

03 フォレスト・ガンプ/一期一会 (2017.07.16 BS日テレ)

2017-07-17 11:58:52 | 映画日記2017

トム・ハンクス主演の1994年の作品。

映画一作の中で一連の起承転結があるのが心地よいのだが、どうも「結」のために「起承転」が置かれているようなそんな感じがする。言い方を変えれば、オチがなくて無理やり後付けしたような感じなのだ。そう、最後の15分のために2時間のイントロダクションがあるような感じだった。

まぁ、トム・ハンクスの演技はなかなか良かったと思う。元々体や頭に機能障害を抱えていた少年をうけて青年時代を好演していた。で、結局は舞台設定あたりがどうも楽しさが感じられない。映画の可能性を無理やり多用しているのがどうも入っていけない状況を作り出している。そして、ジェニーという女性のキャラクターにも気分の悪さを助長してるように感じる。

まぁトム・ハンクスの演技を見て、涙を流したい人にしかオススメしたくないな。

 

さんちゃん評価:2点(涙は流せます。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

02 マグニフィセント・セブン (2017.07.15 DVD)

2017-07-15 10:49:00 | 映画日記2017

新説「荒野の七人」。

昨今のアナログ流行を考えると、まさにうってつけの作品だ。ガンマンがたくさん登場してドンパチしまくるのだから、まさにアナログな世界だ。そしてまたカッコいいと来たもんだ。真の男を彼らは演じていた。そして、結果的に7人のうち何人かが死んでしまうが、その仲間を思うシーンは涙を誘う。

デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン・・・出てくるキャストがみんな魅力的だ。

今回はレンタルしたが、DVDを買いなおそう!!!

 

さんちゃん評価:5点(大満足。涙できるぞ。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

01 シン・ゴジラ (2017.07.08 DVD)

2017-07-15 10:30:59 | 映画日記2017

日本で有名な怪獣映画の2016年版。問題は、「ゴジラ」という3文字か?

謎の生物が突如現れ、日本国々家はどう対応するのかという映画としてみるのであれば非常に面白い映画ではある。しかし、この映画のタイトルも登場する怪獣もまさに「ゴジラ」と言ってるわけであり、主役はゴジラのはずだ。しかし、映画はそうなっていない。となれば、「ゴジラ」の名前を利用したに過ぎないという感じがかなり強い。「ゴジラ」を使わないと誰も見に行かないだろう映画に成り下がってしまうような気がしないでもない。キャストもなんか満足いかないし、石原さとみの存在は・・・かなり疑問に感じた。

 

「ゴジラ」を名乗る割には・・・という残念な気分になってしまう作品だ。

 

さんちゃん評価:2点(視点を変えて、タイトルを忘れるしかないな)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

06 The Beatles Eight Days A Week - The Touring Years (2016.09.22 TOHOシネマズ川崎 スクリーン7)

2016-09-22 20:44:16 | 映画日記2016

大好きなBeatles、それも特に好きな「ライブ時代」を語ったドキュメンタリー映画。この映画を見るとなぜBeatlesがライブをやらなくなったのかが良く解る話になっている。

「もう、ツアーに出ない。ライブはやらない。」と言う事実はBeatlesを聞き始めた頃から知っている話で、「新しいサウンドを作る意欲が強くなった」と言うものだと信じていた。その結果、"Strawberry Fields Forever"のような難解な曲が出来ていった。それは、たまたまテープの逆回転を知った"Tomorrow Never Knows"がキッカケだったということなどは、既に知っていた事実だ。

しかし、ことはそんな単純ではなかった。その答えはこの映画にあった。そして、それを知ると様々な事象が納得出来てきた。アレはそういう事だったのかぁ~。そうだったのかぁ~。そんな言葉が頭の中でグルグル回っていた。で、そんなところでラストにルーフトップのライブ。なんとも言えない涙が溢れてきた。「売れるためなら何でもやった」というポールの言葉が特に響いてきた。複雑な思いでルーフトップのライブをやっていたんだな。

そして本編上映後、アレが上映され、それもビックリ。だから2時間半なんだな。 

さんちゃん評価:5点+α(満点以上をあげたい。)

 

ネタバレが若干あるが加筆をしないといけないと思ったので。と、言うのも、ライブなどの曲が終わると拍手などをしている人たちがいると聞いて、その状態でこの映画の本質までは理解できないだろう~と感じた。「THE BAND YOU KNOW. THE STORY YOU DON'T. ~ 誰もが知ってるバンドの知られざるストーリー」これが何を意味しているのかがこの映画の大きなポイントなのだ。

彼らの思いは「ライブを続けたかった!」ということだったのだ。

環境がそれを許してくれなかった。当然、彼らの発言や行動にも問題点はあったかもしれない。が、彼らがやりたかったことは、「一人でも多くの人達に自分たちの音楽を聴いてもらいたかった。」という事だけだったと、この映画はその当時の真実を語っている。そして、映画はキャンドルスティックパークの次にルーフトップコンサートへと続いていく。そして、長いブランクを埋める曲として"Don't Let Me Down"と"Get Back"が紹介されている。「失望しないでくれ。そして、昔のようにやろうよ。」と、ジョンとポールは叫んだんだ。そしてライブにこだわったんだ。

本編終了後、「バカげたこと」とメンバーに言われた「SHEA!」が上映され、なんとも言えない気持ちになってしまう。そんな事実を耀様に見せてくれたこの映画に感謝だ。見事な映画だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

05 ベスト・キッド3/最後の挑戦 (2016.08.19 TV)

2016-08-21 23:06:32 | 映画日記2016

1989年アメリカ作品

シリーズ3作目はダニエルの空回りからミヤギとの対立という展開に映画ファンは心躍らせるだろうな。ま、でも、残された展開はそういうことか・・・。なかなか面白い展開に。

一方でコブラ団ももうどうでもいい感じのキャラも登場して、楽しませてくれる。一歩間違えばB級キャラ的なライン。なかなか面白い演出だなと思う。

ま、結局は落ち着くところに落ち着くわけだが、「ダニエルよ、なぜ気づかない?」と突っ込みたくなるが、そこが日本人感覚と違うと表現したかったのだろうか。ま、でも楽しめて良かった。

 

さんちゃん評価:3.5点(まぁ、名作とは言えないが、なかなか面白かった。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

04 ベスト・キッド2 (2016.08.12 TV)

2016-08-16 21:37:36 | 映画日記2016

1986年 アメリカ映画。

ベスト・キッドの続編ではあるが、ベスト・キッドではない。ミヤギの昔にフォーカスされているので仕方ないが、ダニエルの活躍場所がほとんどないので、なんとなく彼の恋愛姿が展開される。この映画のテーマは何か?が完全に見失われている。ベストなキッドでもなければ、Karate Kidはそこにいるだけだ。

ただ、1作目をみた人なら、ミヤギの過去に興味は持つはずなので、そこにフォーカスされていると興味深く見ていられるが、映画が終了するとタイトルが合わないことに気付いてしまう。「ま、いいか・・・」と割り切るしかない。まぁ、シリーズのなかにそんなものもあるか・・・。

 

さんちゃん評価:2点(まぁ、このメンツならベストキッドだなと後付けな感じ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

03 ベスト・キッド (2016.08.05 TV)

2016-08-07 00:05:34 | 映画日記2016

1984年アメリカ作品

今更、内容は語るまでではないが、久しぶりに「ミヤギ」の顔をみてホッコリした。空手には関係ない仕事をさせても、それが空手の基本の動きに通じるという「ミヤギ」の発想がやっぱり見事だし、同時に少年の心まで育てている姿を見ると、大人としての自分はどうなの?っていう感覚になる。これこそ映画のだいご味。自分のことも振り返るということだ。

今月は関連3作品も放送されるので、ジックリ堪能したい。

 

さんちゃん評価:5点(いつ見てもいい映画には変わらない)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

02 GODZILLA (2016.08.01 TV)

2016-08-06 23:40:17 | 映画日記2016

1998年アメリカ作品

アメリカ人がゴジラを描くとトカゲになるんだなと感じさせてくれる。「これがゴジラかぁ~、そうじゃないよなぁ~。」という感じが一段と強くなると、ゴジラの卵がたくさん登場して徐々にトカゲゴジラがウヨウヨ登場してきて、映画は「ゴジラ」というよりも「エイリアン」に変化してしまう。「こんなゴジラ、見なくていいや」と思いながら最後まで「エイリアン」として鑑賞。まぁ、「エイリアン」として見ると最後の最後まで「エイリアン」として楽しむことが出来る。ラストも、「次回作あるのか?」っていう仕掛けをのこして終わる。

見終わると、「ゴジラ」はどうしたんだよぉ~。と言う感じ。やっぱ日本で作られた「ゴジラ」がええや。

 

さんちゃん評価:2点(まぁ、ええか)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

01 シャークネード エクストリーム・ミッション (2016.07.28 TV)

2016-08-06 23:13:07 | 映画日記2016

シャーク+トルネードと言う訳の分からない設定映画の第三弾。2015年アメリカの作品

竜巻の中からサメが飛んできて人間を食い殺すというだけの映画だが、まぁ、飛んできたサメがどう戻るのかは突っ込んじゃいけないとこらしい。飛んできて人間を食って自分も死んで・・・いや、きっと、自力で飛んで竜巻に戻るんだ!(と、信じておく)

3作目ともなると変わった事でも盛り込まないと見てもらえないと判断したのか、竜巻が巨大化して陸上から手が負えなくなったのか、竜巻の上から攻めるしかないと判断したらしい。スペースシャトルに乗っていざ宇宙へ。すると、サメもなぜか宇宙にせめてくる。エラ呼吸は宇宙ではどうなんだよっていう突っ込みもしてはいけないようだ。この辺から見る側も「なかなかやるなー。考えたなぁ~。」と感心にも似た境地に達していく。(イカン、映画のペースにはまっている)

しかし、ここからが真骨頂。シャトルをサメに破壊された彼らはいかに地球に戻るか。ってすでにサメ映画ではなくなっている。そうかぁ~。そうくるかぁ~。しかしなぁ~。ま、そう思っちゃいけないんだな。

まぁ、笑ってください的な映画なのは間違いない。そのうえ、えっ、そのエンディングいらないんじゃないのっていうのも何ともB級C級ぽさを残していていいな。

 

さんちゃん評価:3点(B級C級と言う意味では満点かな)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加