shu's bar

趣味や仕事、時には世の中の出来事のこと。心に写りゆく思いたちを徒然に書き綴ります。もちろんメニューはその日のおまかせで。

旅人目線で奥尻島の交通の改善策を考えてみた。

2017-10-17 22:40:11 | 徒然なるつぶやき


解決の兆しが見えかけてきたというようなツイートも出ていましたが、個人的にも気になって、コレはというものをリツイートするようにしている奥尻島のバスの問題。

様々背景等はあるのでしょうが、やはり何だかなぁ…、という印象がぬぐえず、観光がメインの1つであり、自分自身もとっても気に入っている場所でもあるので、訪れる側の人間の1人として、何とかできんものかと、ささやかながらもいろいろ考えています。

実際にどのくらいの経費がかかるのかとか、費用対効果が出るのかまでは試算したりとかはしていないので、もしかしたら絵空事かもしれないですが、旅人目線で、コレならば行けるのではないかと思った道内の他の地域の取組が思い浮かんだので、長文になるとは思いながらもブログを書いてみることにしました。

その取組というのは、弟子屈で期間限定でやっている弟子屈えこパスポートというものです。

もともとの路線バスに加えて、期間限定で観光地を結ぶ臨時バスを運行していて、1日とか2日とかがそういうバスに乗り放題。

レンタカーとかなくても、このバスで摩周湖の第一と第三の展望台や、硫黄山とかも回れて、しかも川湯温泉とか屈斜路湖とかの宿とかも通るという優れもの。

この取組で特に注目したいのが、ワゴン車使ったジャンボタクシーをコースに組み込んで路線の1つにしているところ。

かつては、摩周湖の第一展望台と第三展望台の間をジャンボタクシーで運行していました。

今は、900高原にジャンボタクシー使っているみたいで、バスほどの需要がないけど、そこそこ需要があるコースに使うのにはお手頃なのではないかと思います。

で、奥尻の話に戻ると、今あるのかどうかというのはありますが、奥尻島にもタクシーというか、ハイヤー屋さんはあるし、そもそもはそことうまく協議が整わなかったというのもこうなった原因らしいので、そこにジャンボタクシー仕立ててもらって、ジャンボタクシーの運行を委託すれば、何かそれなりにwin-winの関係ができそうな気がするのです。

ジャンボタクシーであれば、そこをコースに入れるかどうかは別にして、道道のダートの部分とかも行けるだろうから、島の道路全域を周回するコース設定もできるのではないかと思います。

奥尻島は、確か1周が60キロくらいだったと思うので、島1周をゆっくりめに回ったとしても、大体2時間くらいで1周のコースが組めるように思います。

お客さん多い時期に1コースで2台仕立てるとなると経費的にどうかなという部分も出てくるような気もしますが、理想は島1周のコースを右回りと左回りの2コースを設定。

で、できれば予備というか、臨時運行できるジャンボタクシーも1台づつ欲しいかな。

回るコースは、フェリーターミナル→鍋釣岩→うにまるモニュメント→佐藤義則記念館→津波記念館→空港→北追岬→ワイナリー→神威脇温泉→球島山展望台→宮津弁天→賽の河原公園→宮津の海岸あたり→フェリーターミナル、という感じでしょうか。

フェリーターミナルと鍋釣岩の間でセイコーマートの前に寄ってくれるか、セイコマ手前の信号も止まってくれるとなお良し。

最低でも青苗から島の裏側、特に奇岩群のあたりと幌内海岸あたりはフリー乗降にしてほしいですね。

こんな感じで、2時間おきくらいに交互に右回りと左回りのジャンボタクシー出せば、かなりゆったりかつ効率的にレンタカーとかなくても島をいろいろ巡れるのではなかろうかと。

料金はそれで費用対効果出るなら、3000円行かないくらいで2日用のフリーパスにできると、結構使われるのでは?

美味しい料理で夕食は飲んじゃうだろうから、鍋釣岩とかうにまるモニュメントのライトアップ見る用に夕食後の時間帯に1便青苗から宮津あたりの宿あるところを往復走らせるようにして、クルマ運転する人が飲んじゃってもライトアップ見に行けるように、1000円くらいでナイトパスみたいの作っても良いかな。

それと、サイト見ると弟子屈のパスポートも今はやってないようですが、地元のお店や宿とかとタイアップして、パスポート見せると特典受けられるというようなのも入れられるとさらに良いですね。

実現可能性はどれくらいあるかはわからないですが、こういう感じのがあると、旅人としてはとっても魅力だし、うれしいです。

誰か検討してみてくれないかな。(^^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(月)のつぶやき | トップ | 10月17日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然なるつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。