2016-17 SERIE A 第11節 SAMPDORIA 1-0 Inter クアリアゴールでインテルに快勝!!

2016-11-01 19:51:16 | ほぼ週刊サンプ通信 '16-'17

SERIE A 第11節 10/31(日)  20:45@ルイジ・フェラリス(ジェノヴァ)  主審:マッツォレーニ氏(Bergamo出身)

サンプドリア 1 - 0 インテル(前半1-0)

  • (前半44分)サンプ[1] クアリアレッラ

 攻守ともに積極的な戦いぶりをみせ、堂々の勝利。貴重な勝点3だ

 

↑↑©i.eurosport.comより 

この試合のMVPブルーノ・フェルナンデスと、落胆するバカルディ(笑)

[試合前情報]

 ここ1週間で3試合目の試合。DERBY快勝!の後を受けてユーヴェ戦はターンオーバーを敷いて惨敗。それもこのインテル戦で勝てば意味の有るものとなる。インテルはここ数年選手・監督も含めて行き来が非常に大きいクラブで、因縁の多い相手。我らがバンディエラ、マンチーニ監督の突然の辞任で、カルチョ未経験のフランク・デブールが監督になっており、正直混乱状態。当然選手のネームバリューから見ればサンプより上では有るが、決して調子は良くない。チャンスだ。

 ちなみに去年のサンプホームでのインテル戦は1-1の引き分け。→http://blog.goo.ne.jp/shussissi/e/040fd187241f9b496e61d2a0e6353cad

 さてサンプは再び中3日でのこの試合。ターンオーバーを敷いてお休みだったレギュラー陣が戻ってきた。つまりDERBYと同じ布陣。やはり前節感じたのは、中盤の2人=トレイラ、リネッティが特に大きいか。もちろん2トップもだが。GKはまだヴィヴィアーノの怪我が治らず、3度プッジョーニ。トップ下はリッキーでは無くブルーノ・フェルナンデス。やっとレギュラーを奪ったか。絶対リッキーよりブルーノの方が良い。それかプラートか。サンプの元インテル勢としてはドド、シルヴェストレ、リッキー・アルヴァレス、パロンボ、カッサーノ

 一方のインテルはフランク・デブール監督の4-3-3。インテルのティフォージとも揉めてるアホなキャプテン”イカルディ”を1トップに、左エデル右カンドレーヴァの3トップ。中盤はバネガがアンカーの位置で舵を取り、ブロゾヴィッチとジョアン・マリオが動き回る。DF陣はGKハンダノヴィッチとセンターバックコンビ=ムリージョ・ミランダのコンビは去年と変わらず。右は元ジェノアで去年のDERBYでは活躍してたアンサルディ、左はサントン。よって長友は控え。仲の良いカッサーノもおらず、長友にとっては寂しい試合であろう。インテルの元サンプ勢としてはエデル、ラノッキア、ビアビアニー、GKベルニ、そしてアホルディ

↑↑©calciomercato.comより

★日曜日20時45分に行われたポスティチポ。SUDにはこの横断幕が

”FERRERO ORA BASTA

SE NON CONOSCI LA NOSTRA STORIA...

STAI ZITTO !!!”

=フェレーロ(会長)、もうたくさんだ!我々の歴史を知らないなら、黙ってろ!!!

フェレーロが「私が来るまでサンプは、レッコからキアヴァリ(共にジェノヴァ近郊の観光都市)の間でしか知られていなかった。(=私がサンプを有名にした)」とインタビューで発言した事に対してのウルトラスの声明。フェレーロはDERBY前にオフィシャルのHPでこの発言を謝罪したが、ウルトラスの怒りは収まらなかった・・・

SAMPDORIA<4-3-1-2> 監督マルコ・ジャンパオロ 

  ムリエル  クアリアレッラ 

(88分アルヴァレス) (77分ブディミル)

     フェルナンデス

リネッティ     バッレート

      トレイラ

レジーニ(Cap)       サーラ

 シュクリニアール シルヴェストレ 

        プッジョーニ

ベンチ:GKトッツォ、クラピカス DFアムジー、ペレイラ、クラインツ

MFエラモ、プラート、チガリーニ、ジュリチッチ FWシック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Inter (4-3-3) 監督:フランク・デブール

      イカルディ(Cap)

エデル(76分パラシオ)   カンドレーヴァ(76分ペリシッチ)

 ブロゾヴィッチ ジョアン・マリオ

          バネガ 

サントン         アンサルディ

  ムリージョ  ミランダ

    ハンダノヴィッチ

ベンチ: Carrizo, Andreolli, Biabiany, Ranocchia, Gnoukouri, D’Ambrosio, 長友, Miangue.

備考:警告:後半29分アンサルディ、30分ミランダ、38分ジョアン・マリオ、39分サーラ;年間チケット保有者数16.789人(1試合平均 164.806 euro);有料入場者数4.117人(122.208 euro);芝状態良好

<あらすじ>

前半7分 チャンス!サーラの縦パスをバッレートがスルー。センターバックもバッレートにつり出されたので、クアリアレッラがフリーで抜け出しペナ内でシュート。しかし力んでゴール左に外れる・・・左にはムリエルもいたが・・・

  12分 再びチャンス!ブルーノ・フェルナンデスが前を向いて持ち上がり、DFを引き付けて左のムリエルにスルーパス。ムリエルがGKと1対1のような形から狙うが、わずかに右に外れる・・・

  15分 カンドレーヴァがペナ外右側からミドルシュート。強烈なシュートだったがプッジョーニ落ち着いてセーブ

  26分 カンドレーヴァの右からのクロス、プッジョーニ飛び出すも届かず頭を越すが、詰めてきたエデルも間に合わず

  28分 右からのCK。ブルーノ・フェルナンデスのボール。ニアでイカルディに競り勝ってバッレートがボレーを放つがポスト!

  35分 先ほどと同じような右サイドから再びカンドレーヴァの弾丸ミドル。今度もプッジョーニがパンチングでセーブ

  38分 アンサルディのスルーパスからブロゾヴィッチがペナ内に。切り返して左足シュート→バーに救われる!

  39分 カウンター、左サイドでエデルがドリブルで縦に突破。左足でニアにクロスを上げる。イカルディが肩で狙うが外す。ばーーか

 

前半44分 クアリアレッラGoooooL:1-0 

 

→ブルーノのペナ内左へのスルーパス。リネッティのファーストタッチがクアリアレッラへの絶妙なパスとなる(おそらくトラップで1人かわそうとした)。そのボールをクアリアレッラが豪快に左足で叩き込み先制!!

↑↑©BBCより

ロスタイム1分。そのまま終了

前半は1-0。ボールポゼッションはサンプ13分24秒:インテル12分14秒。シュート数はサンプ7本(枠内3本)、インテル5本(枠内3本)。強豪相手にポゼッションでもサンプが上回るのは珍しい。それが示す通り、かなりのサンプペース。前節のユーヴェ戦は何だったの?と言うぐらい、ホームで水を得た魚のように全員溌剌と動き回る。トレイラ、リネッティ、バッレートの中盤は運動量・ボール奪取・つなぎ共に申し分なく、相手を圧倒。それをブルーノ・フェルナンデスが魔法で絶好のチャンスに変える。クアリアレッラとムリエルの2トップも積極的にフィニッシュまで持ってく。DF陣は盤石とは言えないが、集中力を持って名前負けせずに頑張った。後半もこのペースで行きたい

後半15分 カウンターから3対2の形。前を向いて持ったリネッティがクアリアレッラへのラストパスをミスる

   27分 ブロゾヴィッチが右サイドからペナ内に侵入。左足でラストクロス。中央どフリーのイカルディがヘッドに行くが、力んで肩に当たり外す。ばーーか。ばーーーーか

   28分 ブルーノ・フェルナンデスのユニを引っ張って倒したアンサルディにイエロー

   30分 ブルーノ・フェルナンデスを激しく倒したミランダにイエロー

   31分 トレイラの左サイドからのFK。バッレートが抜け出してボレーで合わせるが、オフサイド

   31分 カンドレーヴァ、エデルに代えてペリシッチとパラシオ投入。2枚替え

   32分 クアリアレッラに代わってブディミル投入。クアリアレッラにはスタンディングオベーション

   35分 右のサーラからのクロス。ブディミルに合いそうだったが、直前でムリージョが間一髪でクリア

   38分 リネッティを無意味に倒したジョアン・マリオにイエロー

   39分 カウンターに入ったパラシオを後ろから倒したサーラにイエロー

   41分 大チャンス!カウンターからブルーノのラストスルーパス。完璧にGKと1対1になったが、ブディミルの股下を狙った左足シュートはハンダノヴィッチがセーブ

   43分 ムリエルに代わってリッキー・アルヴァレス投入

ロスタイム3分

   45分 左サイドのペリシッチが1人かわして、ニアへグラウンダーのクロス。パラシオが詰めてきたが一度はGKプッジョーニがブロック。両者倒れながら、パラシオが倒れたままループで狙うがボールはバー。そしてそのまま下に落下。インテルはゴールを主張するが、ゴールラインテクノロジーはしっかり見ていた

そのまま終了!1-0!!

(ポイント)

・十分勝利に値する内容。そして貴重な勝点3!

・ホームはこれで3勝1敗1分

・課題は、後半41分のブディミルのチャンスでしっかりトドメをさせなかった事

・そのせいで最後、パラシオのヒヤっとするシュートがあった

・敵ながらムリージョは良いDFだ。彼とハンダノヴィッチじゃなければもう2点ぐらい入ってたのでは?

・しかし、現在のバッレートは去年はどこにいたのだろう?この試合でセリエA通算200試合出場達成

・中盤はこの日の4人が良い。加えてプラートもレギュラー争いに加わってくれば盤石

※この後、デブール監督は解任されてしまいました・・・

 今シーズン、ローマとミラン相手には良いサッカーを見せたが結果が出なかった。このインテル戦でやっと結果が出たのは大きい。これでジャンパオロ解任の報道もひとまず落ち着くだろう。DERBYとこの勝利を自信に変えて、次のフィオレンティーナ戦に挑んで欲しい。GKヴィヴィアーノも次は多分帰ってくるかな?とりあえず

GRAZIE RAGAZZI!!

ICARDI,UOMO di MERDA!!

↑↑©i.eurosport.comより 

Foooooooorza Saaaaaaaamp!!

次節:セリエA第12節 2016年 11/6(日) 対フィオレンティーナ@フィレンツェ 現地18:00Kick Off(日本時間深夜2:00=サマータイム終了!)

’16-’17 SERIE A

11試合 4勝2分5敗 勝点14 得点12 失点16 得失点差-4 現在12位

今日のカッサーノのアフォリズム(格言) 

numero98:

Sono cambiato.

Se vale la pena faccio il terzino,il portiere ,il magazziniere,il raccattapalle.

Se vale la pena...

格言98:

俺は変わった

もしその意味があるならサイドバックもやるし、GKもやる、倉庫番だってやるし、ボールボーイもやる

もし意味があるならば

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-17 SERIE A 第10節 JUVE... | トップ | 2016-17 SERIE A 第12節 FIOR... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ週刊サンプ通信 '16-'17」カテゴリの最新記事