2016-17 SERIE A 第35節 Lazio 7-3 SAMPDORIA 野球の試合か!? no.1~前篇~

2017-05-15 20:49:25 | ほぼ週刊サンプ通信 '16-'17

SERIE A 第35節 5/7(日)  15:00@オリンピコ(ローマ)  主審:マッツォレーニ氏(Bergamo出身)

サンプドリア 3 - 7 ラツィオ(前半1-5)

・(前半2分)ラツィオ[1] ケイタ

(前半19分)ラツィオ[2] インモービレ(PK)

・(前半32分)サンプ[1] リネッティ

・(前半35分)ラツィオ[3] フート

(前半38分)ラツィオ[4] F・アンデルソン(PK)

(前半45分)ラツィオ[5] デフライ

・(後半20分)ラツィオ[6] ルリッチ

(後半25分)ラツィオ[7] インモービレ

・(後半27分)サンプ[2] クアリアレッラ

(後半45分)サンプ[3] クアリアレッラ(PK)

 

↑↑©U.C.Sampdoria Official Pageよ

世界焼け石に水選手権”優勝”のドッピエッタを決めて、自身2桁ゴールを記録したキャプテン・クアリアレッラ

 サンプを応援し始めて早27年。7失点は記憶に無い。おそらく初めてだろう・・・

[試合前情報]

 前節、アウェイのトリノ戦は引き分けに終わり、今節も連続でアウェイでラツィオ戦。ラツィオは現在4位で、このまま行くとELのグループステージから出場権を得る。5位になると真夏の予備予選からとなってしまう。3位は結構難しいので、何とか4位を死守したいところだ。オリンピコには両チームのOBで有るロベルト・マンチーニの姿が。また同じく両チームのOBであるミハイロヴィッチも、何と前日のトリノダービーを戦って(最後の最後にユーヴェに追いつかれて1-1の引き分け)の翌日に駆け付けている。前回の対戦ではホームながら1-2で敗れている。ここ数年間、ラツィオには結構やられてる感がある。

http://blog.goo.ne.jp/shussissi/e/6284f5c0462e07485be445bd0dd11c9a

 さてサンプはジャンパオロの4-3-1-2。GKヴィヴィアーノは当初、膝の軽い炎症と思われていたが、結局靭帯系の怪我で今季もう絶望らしい。今季はケガがちだった。来季に向けてしっかり治してくれ。また左SBは前節の戦犯に代わって、再びドドが先発。よってキャプテンマークはクアリアレッラの元に。一番の驚きはトップ下。ブルーノが外されるのは前節の結果からなんとなくわかるが、リッキーでもプラートでもなく、ジュリチッチが先発。来季を見据えてと言う面も有るか。FWでは、前節負った肩の怪我が心配されたシックは何とか先発。また、ベンチにはやっとムリエルが戻ってきた。

 一方のラツィオはインザーギ弟監督の3-5-2。GKはマルケッティが怪我をしている間に代役以上の活躍を見せているストラコシャ。出場18試合で11勝をもたらしている。DFはオランダ組のフートとデフライにブラジルのワラセ。MFでは本来中心のパローロが出場停止の為、キャプテンのビリアをアンカーに、その前をミリンコビッチ-サビッチとルリッチの”ッチ”コンビが。右にサンプキラーのF・アンデルソン、左はベルギー代表のルカク弟。2トップは今シーズン加入して瞬く間にエースとなったインモービレと、最近絶好調のケイタのコンビ。元サンプ勢は監督のシモーネ・インザーギくらいか

★日曜日15時00分、レギュラー時間で行われた試合。サンプは青-青-青のユニで挑んだ。オリンピコでのラツィオ戦は、ラツィオのホームユニ(水色)対サンプの黒ユニって言うパターンが多いので新鮮だ。まぁ今年は黒ユニが無いから、当たり前と言えば当たり前か

 SAMPDORIA<4-3-1-2> 監督マルコ・ジャンパオロ

クアリアレッラ(cap)シック(20分レジーニ)

    ジュリチッチ

リネッティ   バッレート

     トレイラ

ドド         ベレシンスキ

(46分パヴロヴィッチ)   (68分サーラ)

 シュクリニアール■18分シルヴェストレ 

       プッジョーニ

ベンチ:GKクラピカス、ファルコーネ DFシミッチ

MFフェルナンデス、アルヴァレス、プラート、チガリーニ FWブディミル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

Lazio(3-5-2) 監督:シモーネ・インザーギ

   インモービレ ケイタ

  ルリッチ ミリンコビッチ-サビッチ(64分ムルジャ)

ルカク           F・アンデルソン

       ビリア(cap)(68分ロンバルディ)

  フート        ワラセ

      デフライ(63分パトリック)

     ストラコシャ

ベンチ:Adamonis, Vargic, Basta, Djordjevic, Crecco, Radu, Tounkara, Javorcic

備考:退場:前半18分シュクリニアール;警告:後半33分クアリアレッラ;芝状態良好

<あらすじ>

後篇に続く・・・ 書きたくないけど・・・・

*****************************************

 *ところで、この間のDERBYに生観戦に行った時にされたサンプオフィシャルのインタビューがこの試合の前にUPされました。サンプオフィシャルページとYoutube上で見られます。イタリア語だけなのでわけわからないと思いますが・・・ヒマすぎる人は見てみてください(笑)

 一応つたないイタリア語で、我々、日本にも真のサンプファンがいるんだぞと言う事と、我々クラブの知識・活動を伝えたつもりです。実際僕よりさらにコアなドリアーノがまだ日本にはいると言ったら、さすがのイタリア人も驚いていました。今後、新たな日本人のサンプファンの発掘・交流、日本に来るイタリア人ドリアーノとの交流、世界中のサンプファンとの交流などに発展すれば良いですね。1人でも多くの日本人がサンプの試合を観に行きやすくなれば・・・その為なら何でも聞いてください!

http://www.sampdoria.it/passioneindelebile-shuh-oriuki-tokyo-amore/

shuh_vetrina

↑↑©U.C.Sampdoria Official Pageよ

#PassioneIndelebile: Shuh Horiuchi, da Tokyo con amore

 

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-17 SERIE A 第34節 Tori... | トップ | 2016-17 SERIE A 第35節 Lazi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ週刊サンプ通信 '16-'17」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL