食らわんか茶碗

 幕張で開催中の大陶器市に行って来ました。

 全国の窯元から沢山の陶磁器が出品されていましたが、

 私の目当ては長崎県の波佐見焼き、就中食らわんか茶碗でした。

 江戸時代、伏見・大阪間の淀川を通っていた乗合船の客に、

 「飯くらわんか、酒食らわんか」と押し売りをしてきた折に使った茶碗で、

 写真ではちょっと見ずらいかもしれませんが、

 高台が大きいのです。船の揺れでひっくりならないようにしたのですね。

 (もちろん、写真の茶碗は、昔の物ではなく最近こしらえたものです。)

 のちの世になって、淀川の底からこのちゃわんのかけらがたくさん出て、

 当時の船の航路が分かったとか。

 ロマンを感じません?

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« トランプ銘柄... 個人の買い戻... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL