理由はいろいろ・・・

 相場にはその折々の背景がありますが、

 手掛かり難の時には、大口投資家・投機家の都合で?いろいろ言われます。

 今朝、そんな感じをもちました。

 〝・・・OPEC総会で減産延長が決まりましたが、需給引き締まり効果は限定的・・・”

 という理由をつけてニューヨークの原油価格・先物が下げたということ。

 そして、エネルギー関連の株価が売られ、

 今朝の東京株式市場も、資源関連株安になっている、ということです。

 個人投資家が「株式投資の銘柄選定」をするときは、

 あくまでも基本に忠実にしましょう。

 その方が「ケガも少ない」?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手掛かり難の時には、大口投資家・投機家?a

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「三」という数 週末のデータ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL