旧暦10月は神無月

 ここ何年も、秋になると陶芸の窯場とそこに近い観光地訪問をしていました。

 今年は残念ながら体調を崩し、取りやめざるをえませんでした。

 今日の日和の中で、一昨年訪問した出雲を思い出しました。

 旧暦10月は神無月(かんなづき)であることは、子供のころから知っていました。

 全国の神様が出雲の国に集まり、普段のすみか?を不在にするからですね。

 出雲に集まった八百万の神様たちが大切な話し合いをするのです。婚活も?(笑)

 ですから、出雲では逆に神在月(かみありづき)というのです。

 出雲大社では種々の行事で大忙しでした。

 新暦の今頃(11月17日~21日ごろ)は、

 立冬の「末候・金盞香し」の由です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 休憩が必要な株価 円安で株高 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。