手掛かり難の株式相場

 昨日の東京株式市場は、日経平均株価で14.61円高でしたが、

 配当権利落ち分が約130円でしたから、実質的には140円強の値上がりではありました。

 ただ、株式相場は日米ともに手掛かり難になっています。

 枕詞のように言われているのは「トランプ政権の政策、先行き不透明感」です。

 しかし世の中は動いているので、例えば

 イギリスの「EU離脱通知」というニュースに、為替はリスク回避で円買いに動きます。

 当然、日本株式にはマイナスに働きますね。

 明日で実働3月は終わります。

 来週からの4月相場に期待しましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 陶芸同好会・... 人はなぜ株を... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL