騰落レシオのこと

 今朝の日経紙23ページ「マーケット総合2」面に、

 騰落レシオ、2カ月ぶり高さ という見出しでその下に 日本株に過熱感 という記事が載っています。

 確かに、前日の118.64から、いきなり127.23に上がり、

 「経験則上、120を超えると過熱」といわれるゾーンに入りました。

 騰落レシオは、通常25日間の「値上がり銘柄数」を「値下がり銘柄数」で割り算してだします。

 因みに、28日前は「値上がり銘柄数716」で「値下がり銘柄数1158」

 27日前は「値上がり銘柄数338」で「値下がり銘柄数1572」

 26日前は「値上がり銘柄数270」で「値下がり銘柄数1677」

 で、その日までの騰落レシオは118.64%だったのです。それが、

 25日前に「値上がり銘柄1087」で「値下がり銘柄数804」と、

 値上がり銘柄数が増加しました。

 しかもその後は、値上がり銘柄数の多い日がたくさんありますので、

 レシオは上げ下げがある中で、高い日が続くものと思われます。という意味では、

 〝過熱感あり”でしょうが、予想の範囲内?

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今年の高値更新 過熱への警戒感? »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL