投資の仕方・いろいろ(8)

 企業からみたとき、株式に投資をしてくれる資金は「自己資金」である、

 ことから、企業は「売ったり買ったり」する投資家より、長期で保有する

 投資家・株主のほうが好ましいですね。

 その対応策の一つとして実施されているのが「株主優遇策」です。

 分かり易いのが「株主優待」で、毎年実施する企業が増えています。

 特に、3月末現在の株主を対象にする企業が多いので、

 関心のあるかたは、今来週中に投資されるように。

 どこがどんな優待をしているかは、本もでていますが、

 インターネット(例えば、証券会社とか・・・)で探すこともできます。

 配当金プラス優待を合わせると、かなり利回りもよくなります。

 是非、ご検討下さい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 国宝茶碗のロマン タンス預金と... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL