小さすぎる!!!

エコと食の安全のために無農薬で畑をやっています。
とか言いつつ、もうひとつ理由がありまして、それはズボラだから。
農薬も肥料も面倒だからやらない、という・・・。

まだ土がそれほど良い状態ではなく、試行錯誤でございます。
面倒、というのは畑が家から離れているので、色々運ぶのが大変なので
支柱を使うモノは避けたい。

で、トマトは支柱がいらない、より小さなミニトマトを育てています。
肥料をやらないせいなのか、なかなか大きくならない。
しかし、よく見るとトマトが出来ていた!!

1センチにも満たない。
「ミニ姫」という品種だが、もーなんかミニチュアかってくらいの小ささ。
ちゃんと赤くなるのかねぇ。

まぁ商売でやってるワケではないので
ダメならダメで良いか~~と気楽にやってます。
土を良くするために、緑肥になる植物をいくつか植えていますが、
そのひとつが「クリムゾンクローバー」。
トマトの育ちの悪さとはまるで逆でなーーーんにもしなくても
ぐんぐん育って満開。

コレもドライフラワーにしよーーーっと。

とりあえず、元気に育ってる野菜はカボチャだね。
あと、カブ。
もう終わったけど。

枝豆がいまいち。
今まで良く育ってたんだけど。
今年の夏は枝豆買わにゃならんかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ネーミング!!!

先日、新しく設立した新団体「森のたねまき」での
一発目の「森の楽校」を開催しました。
当日の詳しい様子はこちらのブログ「森の楽校@森のたねまき」をご覧下さいませ♪
スーパーごみ拾いトング「MAGIP」で参加者の皆さんは
スタッフも驚くほど沢山のゴミを集めてくださったのですが
その中でも異彩を放っていたゴミがコレ。

「厚切り味なしサッシー ポテトチップス」
スナック菓子の商品名としては、その目を疑う。
しかも「味なし」の文字が赤い(笑)
「サッシー」というのはフランスのじゃがいもの品種らしい。
その、じゃがいも自体の味が良いので余計な味をつけていないよ、という意味なのだが。
まぁ、パンチのあるネーミングではある・・・かな?

しかしせっかくフランスのじゃがいもだとゆーのに
商品名縦書きだし。
パッケージに「美味しいじゃがいも感」ないし。

お陰様で(?)フォトジェニックとなった味なしサッシーは
数人に写真をとられ、ゴミとしていよいよ焼却される前に一花咲かせたのであった。

今も販売しているのだろーか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年は更に乱れ咲いたよ

日曜日「この祭り、乱れ咲き14th」無事開催いたしました!
来て下さった皆様、ありがとうございました!
当日の様子はこちらに載せてます♪
今年は個人的には、なんと言っても「giggleおけいこセッションプレイヤーズ」でライブをやったのが超楽しかったです。
色々な楽器が得意なマスターがいるアイリッシュパブ「giggle」で
なかなか上達しないウクレレを練習し始めて
「目標あった方がモチベーション上がるから、乱れ咲き出たいね」とゆー話に。
芸達者なお客さんを次々メンバーに引き入れ、唱歌をカッコ良くアレンジしたり。
ラストの「茶摘み」ではコール&レスポンス。
「おーい!」「お茶~~~」

「加藤~~」「茶~~~!!」
「ちょっとだけよ~~」「あんたも好きね~~!」
 ↑これがわかるかどうかで、世代がばれる(笑)

最後は、飛びます!飛びます!・・とは、言わなかったけど(笑)

今回に限らず、毎回思うのだけど自分が一番楽しんでるよなーーー。
ははは、まぁ良いか。

自分が楽しまなきゃ、周りも楽しくないと思うんだよね~~~~。
そーじゃなきゃ、14回も続かないよね~。

必要なのは、楽しむキモチと、大勢の人の協力でございます。
ライブに出て下さった方、お手伝いして下さった方、
チラシを置いて下さったりポスター貼って下さったり
「花のまちフェア」も含め、様々な形で関わって下さった方、
それから この祭り、乱れ咲き実行委員のみんなーーーーっ!!!
ありがとう&お疲れ様でした!!
忙しい中、販売の他にも面倒くさいこと(笑)に付き合ってくれて感謝です。
「楽しかった」の声が聞けて、何よりです。
愛してまーーーーーす!!(清志郎っぽく)

これからも地元を、毎日を、楽しくしていきましょーーー!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エコせっけんと、花を少し。

今年も「この祭り、乱れ咲き」やりますよ!
なんともう14回目になります。
5月28日(日)は三島商工会議所1階TMOホールに集合~~~~っ。
27日と28日はみしま花のまちフェア
を開催中なので
TMOホールだけでなく楽寿園や大社の杜など、色々なところでお楽しみがいっぱいです。
さて、今年はワタシも何か売ろうかしらと思い立ち、材料を集めているところです。

ドライフラワーでございます。
素人なんで、果たして売り物になるようなモノができるのか不安な気持ちもあったりしますが・・。

よく見ると、野草が混じっています。

どこもかしこもアスファルトで舗装したり、
雑草だからと抜いたり除草剤で枯らしてしまわないで、
その辺にある、なんてことない草花が生きられる環境を
これからも残して欲しいな~~というメッセージだったりなんかして。

実際、草花が育っているということは
生物多様性の保全であったり、人の暮らしにも大きく関わっていて
「別に花とか好きじゃないからカンケイ無いや~~」とゆーコトでは
済まないのでありますよ。

おっと、話を「この祭り、乱れ咲き14th」に戻しまして
ドライフラワーを販売するのは
友人と一緒に出す「Recycling Arts」というブースで、
友人はオーガニックな素材にこだわった手作り石鹸を販売します!
是非見に来てくださいまし!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

電力会社、替えます

うちの電気のメーターがスマートメーターになりました。
「がんばれ!!ロボコン」のガンツ先生に似てるなー。

さて、電力自由化になってから1年経ちましたねぇ。
前々から再生可能エネルギーの電気にしたいなーと思ってたんですが
情報は値段のことばっかりで、どこにしたら良いかわからずそのままにしておりました。

が、今年になって会員になったパルシステムの電気が
2015年度の実績でなんと7割も再生可能エネルギーということで申し込んでみました。

まだ替わってませんけど、元々我が家は電気代はかなり安い方なので
多少高くなってもあまり気にしない。
パルシステムでは「発電産地応援金」というので加算された108円を、
新たな再エネ発電の設備などに当てられるそーです。

本やTVで電気を全く使わない生活の人が紹介されてると
すっごくカッコいいなーと思って憧れるけど、なかなかそこまで出来ないなぁ。

自分なりに持続可能なエネルギーの生み方とか使い方とか考えて
ちょっとずつ実践していきたいなーと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

参加者募集!森の楽校~クリーンウォーキングと葉っぱのカード作り~

6月4日(日)開催の「森の楽校」の参加者を募集します!
テーマは「クリーンウォーキングと葉っぱのカード作り」。
チラシはこちら↓


いつも森の楽校を行うあたりは、森の中に入ってしまうとそうでもないのですが
一般の人が通る道に近い場所は悲しいことにゴミがけっこう多いのです。
そこで、皆さんのお力を借りてキレイにするのが今回のテーマです。
ゴミ拾いの他にも森の散策と木や草の葉っぱでカードを作る工作もあります♪
参加費は無料ですのでお気軽にご参加下さいませ!!

日時:6月4日(日)9~15時
ところ:箱根西麓 接待茶屋の森(三島市役所から貸し切りバスで行きます)
定員:先着30名(小学生以上。もちろん大人のみでも可)
    ※小学1~3年生は保護者同伴)
服装:植物のトゲやダニなどの虫刺され対策として
    必ず長袖、長ズボンを着用し、足首など露出しないようにして下さい。
持物:弁当、水筒、タオル、帽子、軍手、はさみ、のり、色鉛筆

雨雨天時は屋内の別会場で内容を変更して行いますが
集合時間と場所は同じです。
小雨の場合は森に行く場合もありますので
カッパなど雨具もご用意下さい。

主催:森のたねまき
後援:三島市役所内 箱根山組合

お問い合わせ、申し込みは
箱根山組合(担当・カツマタ、テシガワラ)
055-976-1013(平日8:30~17:30)
FAX 055-976-1043

※申し込み受付は5月1日からです。

さて、ゴミ拾いで使うトングですがMAGIPというスゴイ商品なのです。

紙やビニールなど、薄いものも簡単につまめます。

お茶が入ってる水筒もつかんでみた。
表面がツルツルして重いけどつかめました!!

面白いように色々なモノがつかめるので
ゴミ拾いが楽しくなります。

多くの皆様の参加をお待ちしております~~~!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「森のたねまき」誕生!

体験型野外イベント「森の楽校」の主催であった
「箱根接待茶屋の森づくり協議会」が6年間の活動を終え解散し、
新たに「森のたねまき」という団体を立ち上げました!

多くの人が参加し楽しんで下さった「森の楽校」は
「森のたねまき」が続けていきますので
今後ともよろしくお願いいたします!

明日は初の活動日です♪
タチツボスミレ咲いてるかな~。
6月4日に開催する「森の楽校~クリーンウォーキングと葉っぱのカード作り~」
の下見などを行います。

イベント当日以外にも、準備や森の手入れなどに人手が要るので
会員を随時募集しています!
興味ある方は、一度「森の楽校」に参加して
様子をみてもらうと良いかな~。

6月4日のご案内は近日中にアップします!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ジュリーと原発

最近、沢田研二の魅力に目覚めてDVDやネット動画を見まくっています。

1979年のジュリー主演の「太陽を盗んだ男」という映画がある。
理科の教師が原子爆弾を造って国家に挑むというストーリー。
かなり面白かったです。

この頃はチェルノブイリの事故も起きていないせいか、
テーマとして放射能汚染にはほとんど触れていない。
どことなく脳天気な空気が漂ってる。
原子力発電所も出てきますがその是非を問うものでもありません。
じゃー何がテーマかってネタバレになるので書きませんけど。
とにかく人気絶頂のジュリーは歌だけでなく、映画やドラマでも活躍していたのです。

そしてこの映画から約40年後の今、なんとジュリーは反原発を訴えているのでした。
東日本大震災の翌年から毎年3月11日に反原発とか憲法9条を守ろうとか
被災地に祈りを捧げる曲のアルバムを出している。

まぁワタシはまだにわかファンなので
そーいったコトに関する詳しい情報をあまり知らないだけど、
動画サイトを見ると山本太郎が参議院選挙に出馬する時の応援演説が投稿されている。

国が推し進め続けた、いや今も推し進め続けている原発に反対していると
公に訴えるのは芸能人にとってすごくリスクのあるコトだと思うのだけど
リスクかどうかなど全く気にせず(少なくともそう見える)
自分が信じているコトをしているジュリーをワタシは改めて尊敬してしまいました。

ジュリーが好きだというと「昔は格好良かったけどね~~」という答えが返ってきがちであるが
ジジイになろうと太ろうとヒゲ面だろうと、生き方がカッコいいんだよ!!!!
と、ワタシは心の中で叫ぶのでした。

ま、若い頃と今とどっちがカッコいいか、セクシーかと問われれば
もちろん若い頃!!と答えちゃうんですけどね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

植物ってすごい

春ですねー。
ここんとこ春雨前線のせいで雨続きだから
ポカポカ陽気ではないけれど桜も咲き始めたし。
初めて植えたチューリップも咲きました♪

なかなか大きくならないなぁと心配していたのですが
咲き始めるとあっと言う間。
4つ植えたうち、内側のふたつがまだ小さいけど
時間差で楽しめそうなので、ちょーどイイかも。

植物ってすごいなー。
その時期になるとちゃーーんと芽が出たり花が咲いたりするんだもんなー。

チューリップの向こうのプランターには小菊やハッカがあるんだけど
冬は枯れてるのに春が近づくと
ちゃっかり新しい芽を出してくるもんなー。

それにひきかえ人間は寒暖差が激しいこの時期、
体調やホルモンバランス崩しがちだったりして。
体にとっては良くない時期なの???
なんやら不思議ですな。

ま、新生活が始まる時期でもあるので色々と大変な人も多いでしょー。
毎年同じように季節は巡ってくるけれど、
前の年よりもちょっとずつでも成長したいものです。

・・と、人生の折り返し地点は過ぎたな、
という歳になりそんなコトを強く思う今日この頃。

ワタシも一花咲かせたいもんです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

闘いが始まる

闘いの季節が近づいてきましたね~~~。
だって、もうすぐ4月じゃん。
暖かくなってきたじゃん。
草が生えるじゃん。
畑で草との闘いが始まるんだよ~~~~!!!!!
自然農で、耕さず無農薬だった畑は元々草が多く、それを良しとしていた。
が一昨年、あまりに草ボーボーになりすぎた。

昨年から刈払機で草を刈り、耕耘機で耕して
一度さっぱりしてから改めて野菜を育てるコトにした。
今はこんなカンジ。

地下茎で増える多年草のセイタカアワダチソウの芽がチョロチョロと出てきている。
草が生えていると、土がむき出しにならず土の乾燥を防いでくれる。
虫が来れば受粉もしてくれる。
そーゆー利点があり、自然農では草は基本、生やしっぱなし。
でもセイタカアワダチソウは地下茎がジャマだし、めちゃくちゃ増えるし、
背が高くなって野菜の生育に支障があるので根こそぎ抜く必要がある。
自然農と言えども、あっても良い草と困る草があるので
困る草を減らしていくためには、何年間かはソイツらとの闘いなのである。
今のところ困る雑草はこれくらいか・・・と思いきや、ちょっと掘ってみますと

小さな芽がビヨ~ンと次々出てくる!!!!!
ツクシです!!ツクシ!!!!
今までは河原なんかで春を告げるカワイイやつだと思っていたけれど
他の草がない今、勢力を拡大してワタシの畑を覆い尽くさんとしている恐ろしいやつなのだ!!!

結構深いところまであるので、もう一度耕耘機をかけたところでどれほど効果があるかな?と悩むところ。
逆に、生やしておいても構わない他の草がないコトにより
その間にツクシやセイタカアワダチソウが増えやすい環境になっているのかも?

自然が相手なので、どーなるかわかんないけど
まぁとりあえず出来るコトをする。
さて、苺。
偉いコトに冬の間、なーんにもしなくても春になればちゃんと緑の葉が出てくるんだなぁ。

でもココはこれから困る草が生えてくるであろう場所なので新しく造った畝に移植。
ネギの近くに植えると良いらしいので、ネギも移動。

4月になれば種まきの季節。
農薬を使わない安全な野菜がたくさん出来て、色々な草花や虫が生息する生物多様性が豊か。
そんな理想の畑目指して頑張るぞーっ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

たぶん・・・花。

2週間ほど前、ぶらっとプチトリップ先で見つけたこの植物。

遠目に見ていたときは穂があるので
「ススキかな?」と思っていたのですが・・・
近づくと、どーもササの様です。
えっ、じゃあこの、上についてるのは、花???

竹とかササは花の咲く周期が60年とか100年とか120年とか、とにかく長くて
それゆえにまだまだ謎が多いらしい。

花が咲くと一斉に枯れるからなのか、
不吉なコトの前兆だとか言われているらしいが、まぁとにかく珍しい。

で、「ササの花」で検索してみたんだけど
もっとパラパラした感じで、同じ様な画像は無かった。

ん~~~~、ササじゃなくて、竹なのか??
それとも、どっちも違くて、イネ科か何かの植物?

もーちょっと調べてみよう。
新発見だったらどうしよう!!

ちなみに場所は湯河原の道ばたです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の楽校~植樹体験と森の絵本~参加者募集!!

森の役割や大切さを楽しく学ぶアウトドア教室「森の楽校」の募集です!

今回のテーマは「植樹体験と森の絵本」!!
広葉樹の苗木の植樹、森に関する絵本の紹介や読聞かせ、軽い山歩きを楽しめる一日です♪

日にちは3月5日(日)
参加費は無料です。
開催場所は箱根西麓の平安鎌倉古道沿い。
集合場所は三島市役所駐車場に8:45。
9:00に貸し切りバスにて現地に向かいます

箱根西麓は昔植えたヒノキが多く、
それが放置されて山が不健康な状態になっているため
元々ある種類の広葉樹を育てて、
本来の生物多様性が豊かな森になるよう、植樹を行います
コナラ、イロハモミジ、ヤマザクラなどの予定です

主催である箱根接待茶屋の森づくり協議会の加盟団体である
「てんとうむし文庫」のスタッフが森や自然に関する本を何冊か紹介や読聞かせも

昨年の様子はこんなカンジ♪

バスを降りた場所から、植樹をするところまでは、ゆ~~っくり歩いて1時間ほど歩きます。
その道は「推定平安鎌倉古道」!!
平安時代から鎌倉時代にかけて作られたであろう古の道なのだそうです
昔の旅人に想いを馳せて歩いてみるのもオツなもの・・・。
※未舗装の道なので、天候によって状態が悪い時は別コースになりますが、ご了承下さい

定員は先着30名

対象は小学生以上ですが、1~3年生は保護者同伴でお願いします。
4年生以上なら、一人で参加可です。
大人のみの参加でも大歓迎です。

持物はお弁当、水筒、タオル、軍手、雨具(←急な天候の変化に備えて一応ご用意下さい)
標高が700Mくらいで寒いので、防寒着でいらして下さい。
地面が湿っていると、布のブーツだと浸みてくる場合があるのでご注意下さい。

雨天時は屋内の別会場にて行います。
山歩きや植樹はできませんが、本の紹介や読聞かせの他、
屋内でできる山や森に関する楽しいプログラムに変更します。

申し込み受付は2月15日から
箱根山組合055-976-1013(担当:カツマタ、テシガワラ)
平日の8:30~17:30に。

先着順なのでお早めにどうぞ!!

主催は「箱根接待茶屋の森づくり協議会」で
三島市や近隣地域で環境保護などの活動をしている団体が加盟している協議会です。
後援は箱根山組合です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

永遠に美しく・・ではないけれど

最近、ドライフラワーでちょこっと作品を作っている。
こんなのとか。

これは、白滝公園でもらったアジサイと
畑に生えてたエノコログサとキンエノコログサ。

作ってしまえば、水やりの手間もなく
飾りっぱなしでいられるのが楽で良い。

エノコログサはただ吊るしておけば、良い感じに乾燥する。
アジサイはキレイに乾燥するのが難しい。
種類にもよるみたい。

自然乾燥だと普通は日陰だけど、
なかなか水分が抜けなくてキレイに乾かないので
真夏の暑い日に敢えて日向で乾かしたり、
電子レンジを使ってみたり。
これが、どのやり方だったか、わかんなくなっちゃったけど。

色をキレイに残したいなら、
ドライフラワー用のシリカゲルがある。

下の水色のがシリカゲル。
これで全部うめる。

で、2週間くらいすると、こんな風に。
あ、上の写真がこうなったのではないですよ。念のため。

これは引っ越す前に、前の家の思い出にと庭木をドライにしたもの。
実がついてるのは、何だったかなぁ。
その辺の野草かな?

飾っていると、どうしても色褪せてくる。
でもそんな風に時間の経過を感じられるのも
良いかなとも思ったりして。

せっかく畑を借りてるので、今年はハーブとか育てて
ドライフラワーのリースとかブーケにしてみたいなー。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善意のリサイクル・・・が、ねぇ。

NHKの「所さん!大変ですよ」という番組で、
アルミ缶のプルタブ集めについてレポートしていた。
小学校などで行われている、車いすをプレゼントするボランティア活動だ。

空き缶からわざわざプルタブを取り外して、子供たちがたくさん持ってきてくれる。

そのプルタブを缶からはずさないで、と回収業者に言われたという。
要するに集めるならプルタブだけではなく、缶ごとお願いしたい、と。

・・・ある程度の年齢以上の人なら、何となくいきさつが推測できると思う。

一昔前の缶飲料は、今のように缶にくっついたままではなく
プルタブがぺろっととれるようになっていたのだ。
で、それがポイ捨てされて、道ばたのゴミになったり危なかったり
更に動物が食べてしまったりという問題があり、
小さなプルタブだってアルミ資源なのだから
集めてリサイクルしようじゃないかと呼びかけたのが発端。

けど今はそもそもの問題だった「ポイ捨て」をされないように、
缶を開けてもプルタブがくっついたまま。

だから今は「プルタブ集め」はハッキリ言って意味がない。

リサイクル業者にとって、フタだけのリサイクルは効率が悪く
缶ごと集めている人欲しいと呼びかけているのだが
プルタブのような小さなものをたくさん集めるというのが
達成感を得られて、子供達の心の教育になる、と言い切る先生もいる始末。

まぁこの先生はプルタブをはずされるのが、リサイクルしにくいという事を
知らないのかなぁと思うんだけど。

それと、中小企業でプルタブ集めをしていると取引先と話が広がったり、
長年続けてきて、やっと初めて1台の車いすが贈られてきて感動のシーンがあったり。

リサイクルできるものを集めて、慈善事業に寄付をすること自体は
もちろんとても良いコトなんだけど
本来の目的は「良いことした!」という気分になるコトでは決して無い。

そもそもリサイクルは資源やエネルギーを節約するコトなのだから
いかに効率良くするか、もっと重視しなきゃな~~~。

リサイクル+慈善活動の副産物として、「ワタシも嬉しい♪」なのよね。

とにかく、まずは周知ですな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サーキット場をママチャリで。

富士スピードウェイの「スーパーママチャリGP」に職場チームで出場してきました。
エントリーしたのが1300チームくらいで、
順位は999位!!

ママチャリと言っても多くのチームがギアのある自転車での出場なので
頑張れば、上り坂も降りずに走れます。

もちろん、自転車を降りて押して歩く人もたくさんいて
それも全然オッケ-。
1チーム10人まで登録でき、交代しながら走れるので
死ぬほど疲れる!!!!というほどでも無い。

本気で走って上位を狙うチームより
お祭り気分で楽しむチームが多く、何かしらのコスプレが多い。


うちのチームはハロウィンで使ったカボチャの着ぐるみでした。
走者がピットインしてきた時に、自分のチームだとわかりやすいのが便利です。

自転車をデコるのは見ている方は楽しいけど
こいでる方は重くてバランス取り辛いかも(笑)

あっという間の8時間でとても楽しかったです。
せっかくママチャリという人力の乗り物なのだから
このイベントにエコを絡めて欲しいんだけど、
ま、それはワタシの個人的な感想です。

この季節に前の晩から外に泊まり込みがほとんどなので、
電気が使えるところに場所取りをしたチームはコタツを持ち込んだり
石油ストーブやら発電機やらテントやら大荷物。

ちなみにワタシは屋根もない場所で寝袋2枚重ね。
朝は寝袋に霜がびっしり。
それでも何とかしのげるものだね。
耐えられなければ車で寝れば良いし。

もし、また出場する事があるならばテントよりコタツより
絶対にバーベキューできる道具と肉を持って行く!!!

肉を焼いている人達が多くて美味しそうな匂いがたまらんのです。
イベントは何だかんだで、食べ物が大事だね。










コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ