闘いが始まる

闘いの季節が近づいてきましたね~~~。
だって、もうすぐ4月じゃん。
暖かくなってきたじゃん。
草が生えるじゃん。
畑で草との闘いが始まるんだよ~~~~!!!!!
自然農で、耕さず無農薬だった畑は元々草が多く、それを良しとしていた。
が一昨年、あまりに草ボーボーになりすぎた。

昨年から刈払機で草を刈り、耕耘機で耕して
一度さっぱりしてから改めて野菜を育てるコトにした。
今はこんなカンジ。

地下茎で増える多年草のセイタカアワダチソウの芽がチョロチョロと出てきている。
草が生えていると、土がむき出しにならず土の乾燥を防いでくれる。
虫が来れば受粉もしてくれる。
そーゆー利点があり、自然農では草は基本、生やしっぱなし。
でもセイタカアワダチソウは地下茎がジャマだし、めちゃくちゃ増えるし、
背が高くなって野菜の生育に支障があるので根こそぎ抜く必要がある。
自然農と言えども、あっても良い草と困る草があるので
困る草を減らしていくためには、何年間かはソイツらとの闘いなのである。
今のところ困る雑草はこれくらいか・・・と思いきや、ちょっと掘ってみますと

小さな芽がビヨ~ンと次々出てくる!!!!!
ツクシです!!ツクシ!!!!
今までは河原なんかで春を告げるカワイイやつだと思っていたけれど
他の草がない今、勢力を拡大してワタシの畑を覆い尽くさんとしている恐ろしいやつなのだ!!!

結構深いところまであるので、もう一度耕耘機をかけたところでどれほど効果があるかな?と悩むところ。
逆に、生やしておいても構わない他の草がないコトにより
その間にツクシやセイタカアワダチソウが増えやすい環境になっているのかも?

自然が相手なので、どーなるかわかんないけど
まぁとりあえず出来るコトをする。
さて、苺。
偉いコトに冬の間、なーんにもしなくても春になればちゃんと緑の葉が出てくるんだなぁ。

でもココはこれから困る草が生えてくるであろう場所なので新しく造った畝に移植。
ネギの近くに植えると良いらしいので、ネギも移動。

4月になれば種まきの季節。
農薬を使わない安全な野菜がたくさん出来て、色々な草花や虫が生息する生物多様性が豊か。
そんな理想の畑目指して頑張るぞーっ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

たぶん・・・花。

2週間ほど前、ぶらっとプチトリップ先で見つけたこの植物。

遠目に見ていたときは穂があるので
「ススキかな?」と思っていたのですが・・・
近づくと、どーもササの様です。
えっ、じゃあこの、上についてるのは、花???

竹とかササは花の咲く周期が60年とか100年とか120年とか、とにかく長くて
それゆえにまだまだ謎が多いらしい。

花が咲くと一斉に枯れるからなのか、
不吉なコトの前兆だとか言われているらしいが、まぁとにかく珍しい。

で、「ササの花」で検索してみたんだけど
もっとパラパラした感じで、同じ様な画像は無かった。

ん~~~~、ササじゃなくて、竹なのか??
それとも、どっちも違くて、イネ科か何かの植物?

もーちょっと調べてみよう。
新発見だったらどうしよう!!

ちなみに場所は湯河原の道ばたです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の楽校~植樹体験と森の絵本~参加者募集!!

森の役割や大切さを楽しく学ぶアウトドア教室「森の楽校」の募集です!

今回のテーマは「植樹体験と森の絵本」!!
広葉樹の苗木の植樹、森に関する絵本の紹介や読聞かせ、軽い山歩きを楽しめる一日です♪

日にちは3月5日(日)
参加費は無料です。
開催場所は箱根西麓の平安鎌倉古道沿い。
集合場所は三島市役所駐車場に8:45。
9:00に貸し切りバスにて現地に向かいます

箱根西麓は昔植えたヒノキが多く、
それが放置されて山が不健康な状態になっているため
元々ある種類の広葉樹を育てて、
本来の生物多様性が豊かな森になるよう、植樹を行います
コナラ、イロハモミジ、ヤマザクラなどの予定です

主催である箱根接待茶屋の森づくり協議会の加盟団体である
「てんとうむし文庫」のスタッフが森や自然に関する本を何冊か紹介や読聞かせも

昨年の様子はこんなカンジ♪

バスを降りた場所から、植樹をするところまでは、ゆ~~っくり歩いて1時間ほど歩きます。
その道は「推定平安鎌倉古道」!!
平安時代から鎌倉時代にかけて作られたであろう古の道なのだそうです
昔の旅人に想いを馳せて歩いてみるのもオツなもの・・・。
※未舗装の道なので、天候によって状態が悪い時は別コースになりますが、ご了承下さい

定員は先着30名

対象は小学生以上ですが、1~3年生は保護者同伴でお願いします。
4年生以上なら、一人で参加可です。
大人のみの参加でも大歓迎です。

持物はお弁当、水筒、タオル、軍手、雨具(←急な天候の変化に備えて一応ご用意下さい)
標高が700Mくらいで寒いので、防寒着でいらして下さい。
地面が湿っていると、布のブーツだと浸みてくる場合があるのでご注意下さい。

雨天時は屋内の別会場にて行います。
山歩きや植樹はできませんが、本の紹介や読聞かせの他、
屋内でできる山や森に関する楽しいプログラムに変更します。

申し込み受付は2月15日から
箱根山組合055-976-1013(担当:カツマタ、テシガワラ)
平日の8:30~17:30に。

先着順なのでお早めにどうぞ!!

主催は「箱根接待茶屋の森づくり協議会」で
三島市や近隣地域で環境保護などの活動をしている団体が加盟している協議会です。
後援は箱根山組合です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

永遠に美しく・・ではないけれど

最近、ドライフラワーでちょこっと作品を作っている。
こんなのとか。

これは、白滝公園でもらったアジサイと
畑に生えてたエノコログサとキンエノコログサ。

作ってしまえば、水やりの手間もなく
飾りっぱなしでいられるのが楽で良い。

エノコログサはただ吊るしておけば、良い感じに乾燥する。
アジサイはキレイに乾燥するのが難しい。
種類にもよるみたい。

自然乾燥だと普通は日陰だけど、
なかなか水分が抜けなくてキレイに乾かないので
真夏の暑い日に敢えて日向で乾かしたり、
電子レンジを使ってみたり。
これが、どのやり方だったか、わかんなくなっちゃったけど。

色をキレイに残したいなら、
ドライフラワー用のシリカゲルがある。

下の水色のがシリカゲル。
これで全部うめる。

で、2週間くらいすると、こんな風に。
あ、上の写真がこうなったのではないですよ。念のため。

これは引っ越す前に、前の家の思い出にと庭木をドライにしたもの。
実がついてるのは、何だったかなぁ。
その辺の野草かな?

飾っていると、どうしても色褪せてくる。
でもそんな風に時間の経過を感じられるのも
良いかなとも思ったりして。

せっかく畑を借りてるので、今年はハーブとか育てて
ドライフラワーのリースとかブーケにしてみたいなー。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善意のリサイクル・・・が、ねぇ。

NHKの「所さん!大変ですよ」という番組で、
アルミ缶のプルタブ集めについてレポートしていた。
小学校などで行われている、車いすをプレゼントするボランティア活動だ。

空き缶からわざわざプルタブを取り外して、子供たちがたくさん持ってきてくれる。

そのプルタブを缶からはずさないで、と回収業者に言われたという。
要するに集めるならプルタブだけではなく、缶ごとお願いしたい、と。

・・・ある程度の年齢以上の人なら、何となくいきさつが推測できると思う。

一昔前の缶飲料は、今のように缶にくっついたままではなく
プルタブがぺろっととれるようになっていたのだ。
で、それがポイ捨てされて、道ばたのゴミになったり危なかったり
更に動物が食べてしまったりという問題があり、
小さなプルタブだってアルミ資源なのだから
集めてリサイクルしようじゃないかと呼びかけたのが発端。

けど今はそもそもの問題だった「ポイ捨て」をされないように、
缶を開けてもプルタブがくっついたまま。

だから今は「プルタブ集め」はハッキリ言って意味がない。

リサイクル業者にとって、フタだけのリサイクルは効率が悪く
缶ごと集めている人欲しいと呼びかけているのだが
プルタブのような小さなものをたくさん集めるというのが
達成感を得られて、子供達の心の教育になる、と言い切る先生もいる始末。

まぁこの先生はプルタブをはずされるのが、リサイクルしにくいという事を
知らないのかなぁと思うんだけど。

それと、中小企業でプルタブ集めをしていると取引先と話が広がったり、
長年続けてきて、やっと初めて1台の車いすが贈られてきて感動のシーンがあったり。

リサイクルできるものを集めて、慈善事業に寄付をすること自体は
もちろんとても良いコトなんだけど
本来の目的は「良いことした!」という気分になるコトでは決して無い。

そもそもリサイクルは資源やエネルギーを節約するコトなのだから
いかに効率良くするか、もっと重視しなきゃな~~~。

リサイクル+慈善活動の副産物として、「ワタシも嬉しい♪」なのよね。

とにかく、まずは周知ですな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

サーキット場をママチャリで。

富士スピードウェイの「スーパーママチャリGP」に職場チームで出場してきました。
エントリーしたのが1300チームくらいで、
順位は999位!!

ママチャリと言っても多くのチームがギアのある自転車での出場なので
頑張れば、上り坂も降りずに走れます。

もちろん、自転車を降りて押して歩く人もたくさんいて
それも全然オッケ-。
1チーム10人まで登録でき、交代しながら走れるので
死ぬほど疲れる!!!!というほどでも無い。

本気で走って上位を狙うチームより
お祭り気分で楽しむチームが多く、何かしらのコスプレが多い。


うちのチームはハロウィンで使ったカボチャの着ぐるみでした。
走者がピットインしてきた時に、自分のチームだとわかりやすいのが便利です。

自転車をデコるのは見ている方は楽しいけど
こいでる方は重くてバランス取り辛いかも(笑)

あっという間の8時間でとても楽しかったです。
せっかくママチャリという人力の乗り物なのだから
このイベントにエコを絡めて欲しいんだけど、
ま、それはワタシの個人的な感想です。

この季節に前の晩から外に泊まり込みがほとんどなので、
電気が使えるところに場所取りをしたチームはコタツを持ち込んだり
石油ストーブやら発電機やらテントやら大荷物。

ちなみにワタシは屋根もない場所で寝袋2枚重ね。
朝は寝袋に霜がびっしり。
それでも何とかしのげるものだね。
耐えられなければ車で寝れば良いし。

もし、また出場する事があるならばテントよりコタツより
絶対にバーベキューできる道具と肉を持って行く!!!

肉を焼いている人達が多くて美味しそうな匂いがたまらんのです。
イベントは何だかんだで、食べ物が大事だね。










コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

母の手作り

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
お正月は実家でのんびり過ごしました。
元日は家でTVを見てゴロゴロ寝正月。
ベニシアさんの番組を見ながら母が「色々手作りして偉いね~~」と言っているが
母も結構そーいうのが好きだ。
今日も早速、ゆず味噌作り。
味噌と同量の砂糖を混ぜて砂糖が溶けるよう焦げない程度に鍋を火にかける。
ゆずは、おろし金ですった皮の黄色い部分を、味噌が冷めたら混ぜるだけ。
以上。
たくさん出来ました。

ふろふき大根とか、こんにゃくとか、おにぎりの具とかに使える。

絞り汁は、氷の型で冷凍しておけば、使いたい分だけ使うのに便利。
種は保湿効果のあるローションを作っていた。

袋のかすは出るものの、なかなか無駄が無く関心する。

おせち料理なんかも、一緒に作って習おうと思うのだが
年末ぎりぎりまで仕事だったりしてなかなか実現しないんだよなー。

でも、母が元気なうちに実行せねば。
今年の目標のひとつにしよーっと。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

安全な毎日

先週、「標的の村」という映画を観た。
沖縄県の高江という地域の周りに米軍のオスプレイのヘリパッドが集中している。
建設前から反対している住民のドキュメンタリーです。
こちらは映画の公式サイト

ちょうど、と言うかたまたまと言うか13日にオスプレイの墜落事故があった。
飛行訓練が一時的にでも中止になったり
建設も見直されるのではないかと期待されたのだが
「安全が確認された」とあっさり再開。

また、爆音を響かせながら日常生活を送る人達の頭上を
墜落した原因も明らかにされないオスプレイが飛び続ける。

昼夜を問わず、低空飛行訓練もする。

以前にTVで、沖縄みたいに人々が生活しているすぐそばに基地がある場所は他にない、と言っていた。
沖縄は異常なのだということだ。

ヘリパッド建設に反対する住民は十分な説明もされず、意見も聞き入れてもらえず
やむなく座り込みを行っているのだけど、
驚くべき事に「通行を妨害した」として国が住人を訴える裁判を起こした。

その住民のリストには子供が含まれていた。
その子は、なんと現場に行った事もない。
国の訴えがいかにいい加減であるか。
(後に子供のみ訴えを取下げられたらしいが)

悲しいのは、住民が座り込みや裁判など、多くの場面で戦わなくてはならないのが
米軍ではなく、工事を行う沖縄の業者や日本の警察や日本という国だという事だ。

やるせない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ものぐさ農法

2週間ほど前に玉ねぎをもらい、今年最後になるであろう植え付けをしました。
玉ねぎ。
育てたコトないな~。
農業やってる人に聞くと、「マルチは絶対やった方が良い」
マルチとは畑で見かける黒いビニール。
保温とか雑草防止に使われる。
なるべく人工物は使いたくないなー。
買ってくるのも使い終わってゴミになったのを処理するのも面倒臭い。

で、こうなった。

草マルチ。
ビニールの代わりに刈った雑草で苗の周りを覆う。
えっ、苗が見えない?

ほら、ありますよ。
これでどの程度育つかわかんないけど。
ま、商売でやってるワケじゃないんで
だめならしょ~がない。

出来るだけ自然の力で野菜を作る
という実験と思ってやっています。
とか言いつつ出来れば面倒なコトとお金をかけずに
やりたい方が強いかも(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

はんなり梅御殿カフェ 開店!

今週末、ドコ行く?
もちろん、三島フードフェスティバルでしょ~~~~~!!!!
ワタシは着物好き仲間と共に「はんなり梅御殿カフェ」とゆーイベントをやりまする。


楽寿園にある「梅御殿」というステキな建物で色んなお店が出るんです!
お惣菜、駄菓子、お団子、綿あめ、オリジナルTシャツ、
お抹茶、ビーガンお菓子、安心素材の焼き菓子、お酒、コーヒー、
自然派ワイン、パステルアート体験・・・
そして、我々「はんなりキモノ」チームは、投扇興!

やだ~~~そんなにあるの~~~!?
超楽しそうなんだけど~~~~~!!

あ、今りゅうちぇるが憑依した。

フードフェスティバルは他の会場でも色々なイベントが!!

ホントーはワタシも他会場を見に行って楽しみたいーーーっ。
でも、叶わぬ夢なのね・・・。
涙を飲んで投扇興スタッフ頑張ります!!
皆さん、遊びに来てね!!

着物を着て、お買いものや体験をすると
それぞれのお店でお得なサービスがありますよ!!

天気予報だと、ちょっと雨が心配ですが、梅御殿は室内なので
雨でもゆったり楽しめますよ!
楽寿園の紅葉を眺めつつ、雅なカフェタイムを~~♪
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヌクのが気持ちイイ

ヌクの、気持ちイイですよね!?
「スッキリした~~~~っ♪」て。
そう、雑草を!!!!!

しばらく人任せで、ずっと行っていなかった畑へ。
作業はほぼ、草むしり。
しかし私は雑草取りが嫌いではない。
むしろ、好きかもしんない。
「ズボッ!」と抜ける感触がたまらん!!
根っこが思ったより太かったり長かったりすると
「ひっこ抜いてやったぜ!!」という達成感に似たモノがこみあげる。
セイタカアワダチソウとかの、横に伸びていた地下茎が
「ずるずるずる~~~~っ」と抜けた時も
「これから芽を出そうとしていたヤツらも一網打尽だぜ!!」と、征服した感。

とは言え、雑草が一本もない畑を目指したいワケではない。

草がなくなったら虫たちの居場所がなくなるではないか!!

可愛いベニシジミが路頭に迷ってしまう(?)。

てなコトを考えながら草むしりをしていると、真っ赤なイチゴを発見!!

まだあるのか~~~!!食べようと思ってひっくり返したら

ほぼ無いでやんの。
「ばんざ~~~~い、ナシよ」
アタマの中に欽ちゃんが。

そうそう、ゾウムシに食われまくっていた大豆、ちゃーんとサヤが膨らんでいました。
ホントは枝豆で食べたかったけど、あまり出来が良くないな~と思って採らないでいましたが。

大豆として採るには、まだ青いのかな。
もうちょっと待ってみよう。
手探り状態で畑仕事を楽しんでおります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鑑定団に・・・?

三島に「なんでも鑑定団」が来るらしい。
今、我が家にある一番古いものは、いつ頃かはっきりわからないけど、1万年か数千年前のもの。
これだっ。

土器。
畑で出土した。
縄文時代のものみたい。
形がはっきり残っていたら、価値があるのかしら。
畑仕事をしながら、大昔の人がここで暮らしていたんだなぁと思うと
不思議な気持ち。

土器を作るのって大変だったのかなぁ。
意外と陶芸家みたいに、焼きあがった時に
「気にいらん!!」とか言ってたたきつけて割ったものだったりして(笑)

鑑定団に出すような高価で貴重なものはなかなか無いよねぇ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

自分の身を守る

いやー楽しかった、おととい開催した「森の楽校」!!
主催者側ですが自画自賛(笑)
当日の様子はこちらに詳しく。前篇 中編 後編

実は7月と8月に下見に行った時はあまり虫がいなくて
どうしよう!!やばい!!いっそのコト雨降って屋内プログラムになってくれい!!
などと密かに思っていたのですが
なぜか本番では下見では見かけなかったアサギマダラが3頭もいたり、
コオロギやカマドウマも結構いて、クワコを見つける男の子もいて
更に仕掛けた罠も大漁で、スタッフにとっては予想外の嬉しい展開。

しかし、あまり会いたくない生き物にも何度も遭遇しました。
ハチが何度も近くに来たし、マムシもいました。

毎回、事前にそれらに逢った時の対処法を伝えてはいるのですが
マムシを見に近よろうとしたり、棒でつっつこうとしたり
ハチが飛んでくると走って逃げようとする子がいます。

で、そこで「離れて!」とか「動かないで!!」と言われて
その子も、周りの子も、実際に危険な場面でどうすれば良いか身を持ってわかるワケなのです。

な~~んて、偉そうに書いても
私自身、まだそれほど危機にあっていないので
参加者の皆さんと一緒に経験を積んでいくのでありました。

山になんて行かなければ、危険な目にも合わないだろうと思いきや
近所や自宅にハチの巣が!!なんてコトはしばしばある。
公園内の水辺にだって蛇がいるコトもあるだろう。

生き物じゃなくても、重なっている落ち葉が濡れると滑りやすい、とか
経験してこそわかる事がたくさんある。

野外学習の講習を受けたりすると
その目的のひとつに、子供が「生きる力」を身につける、というのがある。

別にサバイバルで生き残れるようにするってワケじゃないけど
色んな事を見たり聞いたり経験しておくって必要だなぁと思う。
自分の身は自分で守れるにこした事はない。
余裕があれば、周りの人も助けられるともっと良いよね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

虫が気になる

9月4日の「森の楽校~森で昆虫を探そう!&草花遊び~」まだ空きがありますので、申し込み受付中でございます!
よろしくどうぞ!!

森の楽校の会場ではありませんが、畑に行くと様々な虫がいる。
以前は特に虫など気にならなかったのだけど
環境保護なんかの活動をしていると、まわりに虫好きの人が多く
ワタシも段々と興味が湧いてきた。

畑で休憩していると目の前の丸太にキラリと光る生き物が。

タマムシ!しかも3匹!!
エノキという木によくいるそうですが、この丸太は確かクワだった。

捕まえてみる。お腹の方もキラキラ!!

目が!!目がカワイイ!!!!くりっとしてる!!!
と、愛くるしい玉虫がいるかと思えば、ハチもいる。
黄色いハチの巣だ~~~。

黄色いハチの巣で調べてみたところ、「キボシアシナガバチ」でした。
攻撃性が強いとか。
あらまぁ・・・。
気をつけなきゃ!!

今、畑の草を刈って、さらに耕してなるべく雑草を減らすようにしているのだけど
虫の住処がますます少なくなってしまうなぁと心配なので
あっても困らない程度に草も残そうと思っているのでありました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森の楽校~森で昆虫を探そう!&草花遊び~

9月4日(日)は森の楽校~森で昆虫を探そう!&草花遊び~
を開催します!
ただ今、参加者募集中~~!
参加費は無料です!
下の写真は、以前にやった昆虫探しの様子。

今回もこの時と同じ、虫にとっても詳しい原茂光さん(静岡県環境学習指導員)を講師にお迎えします。

前回は3年前。当時の記事もご覧ください。

虫を見れば、どんな森なのかがわかる!?
虫を探すだけでなく、虫と木や草、森との関係を調べてみよう!
原さんに習って虫捕りにもチャレンジ♪
自由研究のテーマにもなるかもよ
顔02

午後は草花遊びもやってみようさくら

日時:9月4日(日)9~15時
ところ:箱根西麓 接待茶屋の森(旧東海道沿い)
集合:8:45 三島市役所(ここから貸し切りバスで移動します)
定員:先着30名(小学生以上。大人のみでも可)
    ※小学1~3年生は保護者同伴
服装:長袖、長ズボン、帽子、歩きやすい靴。
    ※植物のトゲによるケガや虫刺されを予防するため
      足首なども隠れるズボンで!なるべく肌を露出しないようにして下さい。
持ち物:弁当、水筒、タオル、雨具

雨天時は屋内の別会場で行います。
集合場所、時間は変わりません。
内容は標本の虫の観察や、草花遊び等。

お問い合わせ、お申し込みは・・・
箱根山組合(担当:カツマタ、テシガワラ)
Tel  055-976-1013(平日 8:30~17:30)
Fax 055-976-1043(いつでも可)

申し込み締め切りは8月25日(木)です

主催:箱根接待茶屋の森づくり協議会
後援:三島市役所内 箱根山組合


皆様のご参加をお待ちしておりますハート

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ