ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

PS4とヘッドホン

2017年01月08日 | IT全般

TVにヘッドホンを繋いでゲームをしたり映画を見たりするのですが、PS4にBluetoothで繋げばちょっとは楽になるなと思いBOSEのヘッドホンを購入しました。

まず、iPhoneとiPadに接続しました。これ同時に接続して再生状況に合わせて自動的に音声が切り替わります。マイクも内蔵しているのでそのまま電話に出ることも可能です。
8台まで接続設定を記憶してくれるので、PS4に接続してみたところ大きな問題が発生しました。
どうもPS4がBluetoothのオーディオ機器に対応したいというのです。エラーメッセージが表示されてペアリングが切断されました。

やっぱりゲームだと音の遅延がどうしてもあるので、接続できないようにしてしまったのでしょうか。PS3のときは出来てたんですよね。スピーカーでしたが、音が遅延してアイマスはできませんでした。

電車内でBluetoothのヘッドホンをしながらデレマスやってる人がいたから、PS4もいけるんじゃないかと期待したんですけどね。非常に残念です。
でも、Bluetoothスピーカーが壊れたので、これでiPadの音楽を安心して聴くことができます。ええ、PS4は残念ですが。本当に残念ですが。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【SP4】Gジェネレーション ジェネシス

2017年01月07日 | ゲーム

GジェネシリーズはiPad用を少しだけ触ったのですが、ストーリーを追従するだけのものでした。
しかし、GGG(Gジェネ ジェネシス)は本来の続編らしくオリジナルのメンバーを集めて自らの艦隊を作って、ガンダムの歴史に介入します。

そういうことならと、765プロのメンバーを作り上げて、パイロット、艦長、補佐官、通信士、操舵手、メカニックに割り当てました。
モビルスーツに乗るパイロットだけでなく、艦を動かすスタッフまで決められるのは良いですね。
パイロットはマスター1名、4人のチームが2つとなります。マスターやチームのリーダーは各パイロットのスキルを使うことができ、チームでは協力して敵を倒すことができます。この辺りのシステムも戦略的に使うと面白いです。

今回のGGGは一年戦争を中心にしたTVシリーズと過去のゲーム作品を盛り込んでいます。それらのストーリーを楽しみながら、2つから6つのシナリオが各作品で用意されています。
基本はシミュレーションゲームとなっていますが、モビルスーツの経験値を上げることで、他のモビルスーツに開発することができるので、登場する機体がどんどん増えるので、これがまたやり甲斐になります。開発パターンも開示されているので、どんどん好きな機体を狙っていけます。

パイロットもストーリーやクエストをこなすことで増えていきますので、メンバーに入れたい人をスカウトします。
4つの艦隊(グループ)を編成できて、1つのグループは戦艦のスタッフで6名、パイロットで9名となります。宇宙用と地上用、両用の戦艦があるので、それに合わせてモビルスーツも編成します。
オリジナル物でここまで楽しめるのは、やはり編成の自由度が高いからでしょうね。

SFS(サブフライトシステム)ということで、ドダイに乗って地上用モビルスーツも飛ぶことができます。
ただ、このシステムはモビルスーツとは別に戦艦から出さないと行けないので、これが一手間多くかかります。なんで乗ったまま出撃できないのかな。

概ね満足感が高いのでシミュレーションが好きなガンダムファンには堪りませんね。
初期購入版では、DLCが全て無料というシステムもとても好感が持てます。後から有料でどんどん出ても大抵無視していたので、これはありがたいです。
メーカーとしても、中古盤との差別化ができて良いのかも知れません。今後の展開にも期待します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松と御殿場

2017年01月04日 | 日記

年末の31日に滋賀に帰省して、3日には実家を後にしました。
娘と18きっぷを使ってノンビリと電車に乗って埼玉まで戻るつもりでしたが、浜松のホテルが取れたので一泊することにしました。
さすがに正月の三が日なので、駅前の大型店舗は営業していますが、個人商店は軒並み休みです。
浜松を通るたびにウナギが食べたいと思っていましたが、駅ビル内で娘の好きな牛タンを食べました。
夜もホテル内の中華レストランで食事を済ませました。ホテルの周囲も歩いてみたのですが、コンビニ以外に開いてる店舗を見つけられませんでした。
2日まで滋賀も暖かかったのですが、この日は風が強くて夜は特に寒かったので、歩き回るのは早々に諦めました。

4日は、順調に帰れそうだったので、沼津で降りて御殿場線に乗り換えて御殿場駅で下車しました。富士山を間近で見ようと思ったのですが、ほとんど建物が邪魔でした。駅近くにある立体駐車場の屋上に展望台がありましたので、そこでようやく富士山の全容を拝めました。
東海道線から見てた富士山は手前に別の山があって、御殿場線に乗って初めて富士の裾野を見ることができました。

夕方には埼玉に帰宅できたので、ノンビリした小旅行になりました。帰省に合わせて寄り道するのも良いですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【PS4】アイドルマスター プラチナスターズ

2016年10月23日 | ゲーム

アイドルマスター プラチナスターズのためにPS4を買って楽しみにしていたのですが、色々と残念過ぎます。

基本的な部分はリズムゲームとして改善されています。
2やOFAでは、一定のリズムで3つのボタンを好きなように押すだけのものでしたが、今作では落ちてくるアイコンに合わせて3つ〜6つのボタンを使い、パッドも使います。
個人的にはシャイニーフェスタのときの2つで十分です。
難易度もかなり優しく作られています。

グラフィックはOFAで十分に綺麗でしたし、そんなに変わった感じはありません。ややモデルの造型がアニメよりになった印象です。
イベントが全て3Dモデルなのですが、逆に言うとご褒美的なイラストは一切ないとも言えます。まあ、エンディングで1枚だけあるんですけどね。

登場キャラは13人ですが、ゲストキャラは一切いません。ライバルさえもいません。
もうこの時点でボリューム不足なんですが、シナリオもランクアップしたときにしか進まないので、話に深みが足りません。

一番の問題は相変わらず高価なDLCです。
OFAでは14回の追加配信を行い、毎回総額1万円近くしていました。本体8000円くらいですよ。今回はフルセット販売がありますけど、これは逆に買って当たり前みたいな意味合いでしょうか?
AppleのiTunesだと一部買って、後から買い増ししても値引きしてくれますけど、ソニーのストアは二重販売を普通にやるので要注意です。
まあ、ゲームとしては楽曲の必要性はないので、恒例の半額セールで好きな曲だけ買うのがベストかも。

Amazonのレビューでもかなりの酷評になっています。
これは続編の新作なのに、新しい面白さを提供できていないからではないでしょうか。
そして、これまでと同じDLCの課金システムに、スマホのガチャを組み合わせています。
アイマスという商品の一番の原点とも言うべきゲームがこれでは、ファンは納得しないのではないでしょうか?

ちなみに現在、Sランクのアイドルが8人、楽曲は全てLEGENDになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR水戸線

2016年10月02日 | 日記

上野駅で降りたため、なんとなく常磐線に乗ってみた。
これは水戸線に乗る機会になると思い、とりあえず水戸駅へ。

水戸駅でお昼を食べてから、友部駅に戻り、水戸線に乗り換えます。そして、終点の小山駅を目指します。
この路線には「艦これ」にも登場する「大和」と「羽黒」の駅があります。
岩瀬駅の隣が大和駅と羽黒駅なので、岩瀬駅の標識を写真に撮りたかったのですが、ちょっと余裕がありませんでした。

6時間ほど電車に乗って、ゆったり車窓の眺めを楽しんで来ました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「君の名は。」

2016年09月17日 | 映画

MOVIX川口で新海誠監督の「君の名は。」を観てきました。

男女の入れ替わり物ということで基本の面白さはあるものの、その入れ替わりが途絶えたところから物語が大きく動き出す。
ネタバレするので書けないけど、単なる入れ替わりだけでなくもう一つ大きな仕掛けがあったし、運命を切り開く彼らの行動で後半物語がドンドン加速し始めた。この疾走感は好きだ。
ただ、これでハッピーエンドか?と思った辺りからスローダウンしてなんか、答えが分かっているのにモジモジさせられた感じだった。
そこまで行くと「秒速5センチメートル」のエンドを思い出す。

前評判というか、NHKでも特集をしていたので、背景の緻密さは確かに凄かった。ほんの一瞬のカットにも美しさへのこだわりを見せる。
主役が声優じゃないことから心配もしてたけど、全く違和感がなかった。出だしは朗読っぽかったけど、そこはナレーションシーンだったから、その後のキャラクターの登場からはスッと入り込んでいた。入れ替わりもスムーズだった。

そんなオープニングで、東京から飛騨まで一気に背景が地球上を流れて進むシーンは圧巻でした。あっという間に通り過ぎるけど、誤魔化しのない美しさがあると思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「シン・ゴジラ」

2016年08月26日 | 映画

越谷まで深夜の「シン・ゴジラ」上映を見に行ってきました。

怪獣映画というよりも元々のパニック映画のコンセプトに戻って、もっと国家の危機対応を細かく描いていて社会ドラマっぽくなっていた。
そして日本の国力を上げて対応するのだけど、それは決して武力の勝利ではなく、技術立国らしい科学の勝利だった。

ストーリーは強引に進んで行くところはほとんどなく、スムーズに受け入れられる内容だった。慌ただしく時間が足りないくらいに色々と詰め込まれていたとは思うけど、そこは緊張感が続いていて良かった。

巨大なゴジラがビルをなぎ直して進むシーンがかなりリアルで緻密に描かれているのもすばらしい。それも遠景で大きな景色の中にゴジラを立たせて、ゴジラが吐いた炎が街を焼き尽くす様も、規模が大きくて圧巻の映像だった。
背中からレーザービームを出して何もかも切り裂いて、ビルも切り裂き崩れていく。本当にリアルだった。映像に誤魔化しがない感じがとても良かった。

JRの各路線の電車が並列で突撃していく様とか、ゴジラにストローで飲み物を与えるようなシーンとか、ちょっと笑える絵面でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大井川鐵道 奥大井湖上駅

2016年08月13日 | 旅行

昨日、大井線の最終列車に間に合わなかったため朝から出発したかったのですが、朝も9時を過ぎないと電車が来ないのです。
奥泉駅から奥大井湖上駅へ向かいます。大井線は日本で唯一の山岳鉄道だそうです。アプト式鉄道というらしい。
途中のアプトいちしろ駅では、機関車を更に2台繋いで3台連結で次の長島ダム駅まで押して上がります。

 奥大井湖上駅はダム湖の中にあり、駅の両側が鉄橋になっています。奥の鉄橋は歩いて渡れますので、途中まで行って、崖の階段に登らず戻ってきました。
列車は次の接岨峡温泉駅から折り返すのでここで景色を楽しみながら列車を待ちます。この日は駅員さんがいたので聞いてみたところ、崖の上に登ってバスの通り道まで行くと駅の全体を見渡せるそうです。15分で行けるということだったので早めに行って戻ってくれば良かった。接岨峡温泉に泊まっても良いですね。

千頭駅に行くと、ちょうどトーマスが駅に到着したところでした。
客車から切り離され、回転台で方向転換し、この位置にバックで入線しました。
ちょうど次に出発する電車に乗るため、ホームでこの様子を見ることが出来ました。
山奥の駅ですが、子供たちが一杯で楽しそうでした。

金谷駅まで戻ったときには14時だったのですが、人身事故の影響でJRが止まっていて、丁度駅に着いたときに待機していた列車が動き出しました。
ところが、各駅で電車が止まっているらしく、一駅毎に停車時間があり、静岡駅まで1時間かかりました。
ついにバッテリーがなくなりお腹と電力の補充を兼ねて静岡駅で休息を取りました。
静岡駅からは熱海駅まで一気に移動しましたが、ホームが人でごった返していました。
一本電車を遅らせて、東京上野ラインのグリーン車に乗りました。18きっぷでも乗れるのは良いですね。ゆっくり座ることが出来ました。
なんとか21時には帰宅することが出来ました。なかなか長い一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀から大井川鐵道への旅

2016年08月12日 | 旅行

11日に滋賀に戻って、12日の朝には娘を伴って18きっぷの旅に出ました。目的は大井川鐵道の奥大井湖上駅です。

野洲駅から米原駅、大垣駅、豊橋駅、浜松駅で乗り換えて、金谷駅へお昼に到着しました。
しかし、浜松駅で電車を一本逃してしまったため大井川鐵道の金谷駅の電車に10分遅れてしまい、ここで3時間待つことになってしまいました。
しかも、その先の井川線の最終電車が14時台で終わりなので奥大井湖上駅到着は完全アウトになりました。

金谷駅でじっと待っていても仕方ないので、新金谷駅まで歩くことにしました。
新金谷駅は蒸気機関車の発着駅で、機関車トーマスが走っています。待機中に新しいジェームス号が戻ってきました。
新金谷駅から終点の千頭駅へ行く途中で、トーマスとC12にすれ違いました。

千頭駅は機関車トーマスのコンセプト駅になってました。動かない実物大のトーマスの仲間が2台置かれています。
大井線には乗れませんが、駅の外に出たらすぐに出発するバスがありました。
バスに乗って奥泉駅まで行って、近くの民宿にたどり着きました。

バタバタしていてあまり周りの景色を楽しむ余裕がありませんでした。
民宿について風呂入ったらもう晩ご飯でした。おかず沢山で私も娘も大満足でした。桜エビのご飯美味しかったです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iOS版「アイドルマスター シャイニーフェスタ」のセーブデータ移し替え

2016年07月20日 | MacOS/iOS

3月でiOS版のサービスが終了となりDLC楽曲のダウンロードもできなくなってしまいました。
そんなシャイニーフェスタですが、まだまだ遊んでおります。

iPod touch、iPad、iPad miniと複数のデバイスでプレイしてみましたが、やはり大きい方が使いやすいのでiPadを使っています。
しかし、セーブデータをデバイス間で共有することができません。

唯一セーブデータが引き継げるのは、リストアをした場合です。その場合は、機種が変わってもセーブデータを全て引き継いでくれます。
しかし、これでは不便な場合がありますので、セーブデータの移し替え方法を残しておきます。

私が使っているのはiBuckupBotというMacOS用アプリで、これを使ってセーブデータを入れ替えています。
以下では、セーブデータのあるデバイスをA、セーブデータを入れたいデバイスをBと呼びます。

①まず準備として、ABそれぞれiTunesでバックアップを作成します。

②iBackupBotを起動します。

③「backups」のウィンドウ内にバックアップデータがあるので、Aデバイスの名前とバックアップの日付を確認してデータのツリーを開きます。
シャイニーフェスタの場合、「User App Files」の中にあります。アプリ名は「THE iDOLM@STER SHINY FESTA」で始まり、3つありますので「Harmonic Score」「Melodic Disc」「Rhythmic Record」となっており、それぞれ「ハニーサウンド」(im@s SF HS)、「グルーヴィーチューン」(im@s SF GT)、「ファンキーノート」(im@s SF FN)のことを指しています。これ非常に分かりにくいところです。
アプリ名を開くと「document」の中に「saveData.bin」というファイルがあります。これがセーブデータです。

④セーブデータを選択し、「Export」します。ようは複製して保存ということです。

⑤デバイスBの「iPhoneを探す」「iPadを探す」機能をオフにします。iCloudの設定の中にあります。これをしないと⑧のレストアができません。

⑥iBackupBotの「backups」からデバイスBのデータを探します。そして、デバイスAと同じように「document」フォルダを開きます。

⑦「Import」をして、セーブデータを上書きまたは新規で入れます。

⑧移し替えた「saveData.bin」を選んで「Restore」をします。エラーが出る場合は⑤の作業をします。このとき、デバイスの再起動を選んでください。

⑨デバイスBが再起動されるとデータの移し替えの完了です。

流れは以上のような感じです。iBackupBotの導入方法や使い方は他のサイトを参考にしてください。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加