ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

iOS版「アイドルマスター シャイニーフェスタ」のセーブデータ移し替え

2016年07月20日 | MacOS/iOS

3月でiOS版のサービスが終了となりDLC楽曲のダウンロードもできなくなってしまいました。
そんなシャイニーフェスタですが、まだまだ遊んでおります。

iPod touch、iPad、iPad miniと複数のデバイスでプレイしてみましたが、やはり大きい方が使いやすいのでiPadを使っています。
しかし、セーブデータをデバイス間で共有することができません。

唯一セーブデータが引き継げるのは、リストアをした場合です。その場合は、機種が変わってもセーブデータを全て引き継いでくれます。
しかし、これでは不便な場合がありますので、セーブデータの移し替え方法を残しておきます。

私が使っているのはiBuckupBotというMacOS用アプリで、これを使ってセーブデータを入れ替えています。
以下では、セーブデータのあるデバイスをA、セーブデータを入れたいデバイスをBと呼びます。

①まず準備として、ABそれぞれiTunesでバックアップを作成します。

②iBackupBotを起動します。

③「backups」のウィンドウ内にバックアップデータがあるので、Aデバイスの名前とバックアップの日付を確認してデータのツリーを開きます。
シャイニーフェスタの場合、「User App Files」の中にあります。アプリ名は「THE iDOLM@STER SHINY FESTA」で始まり、3つありますので「Harmonic Score」「Melodic Disc」「Rhythmic Record」となっており、それぞれ「ハニーサウンド」(im@s SF HS)、「グルーヴィーチューン」(im@s SF GT)、「ファンキーノート」(im@s SF FN)のことを指しています。これ非常に分かりにくいところです。
アプリ名を開くと「document」の中に「saveData.bin」というファイルがあります。これがセーブデータです。

④セーブデータを選択し、「Export」します。ようは複製して保存ということです。

⑤デバイスBの「iPhoneを探す」「iPadを探す」機能をオフにします。iCloudの設定の中にあります。これをしないと⑧のレストアができません。

⑥iBackupBotの「backups」からデバイスBのデータを探します。そして、デバイスAと同じように「document」フォルダを開きます。

⑦「Import」をして、セーブデータを上書きまたは新規で入れます。

⑧移し替えた「saveData.bin」を選んで「Restore」をします。エラーが出る場合は⑤の作業をします。このとき、デバイスの再起動を選んでください。

⑨デバイスBが再起動されるとデータの移し替えの完了です。

流れは以上のような感じです。iBackupBotの導入方法や実際の使い方は他のサイトを参考にしてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「セトウツミ」

2016年07月10日 | 日記

漫画の実写化です。

漫画のテイストはしっかり受け継いでいて、カメラワークは少なめだった。
しかし、大阪の子があんなにゆったりしゃべるやろか。会話に長い間が生まれるのが、今ひとつリアルに欠ける気がしてしまった。
どうも漫画のコマ割りを意識しているのか、カットシーンのドアップは暑苦しい。
それと、映像が数秒止まるところがいくつかったけど、あれは何だったんだろうか。特に重要なシーンとは思えなかった。

劇場内は女性客が多く年齢はやや高めだった。笑いが良く起こってたので雰囲気は良かった。
原作を知らない方が楽しめたかも知れない。オチ分かってたからなぁ。

http://www.setoutsumi.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「高台家の人々」

2016年07月03日 | 日記

映画を見る前に原作の漫画を読みました。
高台家の3兄弟は、他人の心の声を聴くことが出来ます。主人公の木絵は妄想が得意な女性で、高台家の長男光正はその楽しい発想に心を奪われ、彼女の人柄に惚れます。こうして玉の輿に乗った普通のOLが、幸せな結婚を手に入れられるのか、という話になります。

映画公式サイト http://koudaike-movie.jp/

以下、ネタバレを少々含みます。

映画の序盤は、とにかく木絵の妄想が楽しい。光正と一緒に妄想を楽しめます。ただ、展開があまりにも早くて光正が木絵を好きになっていく理由が分かりにくいかもしれません。しかし、妄想の映像は凝っていて、時代劇風などセットも大がかりでした。そこに時間を割り当てた感じです。
中盤当たりから、原作にはない展開が待っています。光正が家族の秘密を木絵に話してしまいます。それまでは高台家の人々が、己の能力を隠すことで悩んでいました。しかし、後半は心を読まれることで、本当に幸せになれるのか、疑念を持った木絵が悩み始めます。
エンディングに向かって木絵はどんな決断をするのか。ハラハラしながら見ていました。

後味の良い映画にはなっていますので、原作を知らなくても気楽に見て欲しいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」

2016年07月02日 | 日記

さいたま新都心のMOVIXさいたまで、他のスタッフと一緒にサンダーボルトの上映を見てきました。

大きなスクリーンはもちろん良いのだけど、音が非常に良かった。音楽だけでなく、しっかりと小さなSEも聞こえてきて臨場感が深まります。松尾監督が是非聞いて欲しいと言っていた意味が分かりました。
何度見ても内容は濃厚で、かなり場面をカットしていますが、単行本3巻までの内容なので、これを70分に詰め込むために見せ場が詰め込まれています。

アニメ化が発表されたのは昨年の10月ですが、実は一昨年の12月にはもう話がありました。
当初は5月頃に発表できるだろうと言うことで、単行本6巻の発売も合わせて進んでいました。その頃には私もシナリオ会議に代理で出席して、太田垣社長と松尾監督との意思疎通を媒介していました。
ところが、秋に新しいガンダム(オルフェンズ)が始まることが決まったため、サンダーボルトの発表は先延ばしとなり、ついに10月28日の発表となりました。発表までに時間がかかったため、そこからは目まぐるしく動き出しました。
遅れていた単行本の6巻の発売、秋葉原での上映会、7巻の発売と1話目の配信、2話、3話、4話と続いて、ついに映画館でのディレクターズカット版の上映となったのです。

昨年9月にはアフレコ現場にもお邪魔しまして、声優さん、プロデューサー、監督や音響監督、プロの仕事を目の当たりにすることができ、とても有意義な経験をさせていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」舞台挨拶

2016年06月26日 | 日記

新宿ピカデリーにて、この日は太田垣社長の2度の舞台挨拶がありました。
ご一緒に登壇したのは、松尾監督、声優の中村悠一さんと木村良平さんでした。

声優さんはお話も上手ですね。まとめ方や受け答えも慣れている感じで、掛け合いでも会場を沸かせてくださいました。
中村さんは役が決まる前から原作を読んでいただいていたので、出番の後は社長と色々話をされてました。
木村さんはガンプラの「サイコ・ザクいいなぁ。欲しいな」とおっしゃって、スタッフから「買ってください!」と言われて、「じゃあ、今のうちに」なんて言って、「今行ったらパニックだよ」と止められていました。翌朝のTwitterでサイコ・ザク完成の報告をされていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「64 後編」

2016年06月25日 | 日記

「64(ロクヨン) 後編」を見てきました。
前編では、14年前の誘拐事件が身代金を奪われ、子供の命も奪われ、未解決のまま。新たに模倣した事件が発生するところで終わった。

後編では、その模倣事件を追いかけるのだが、これが新たなロクヨンの続きになる。
もうネタバレしかかけないレベルの話なのですが、これは面白い展開でした。
とにかく、模倣事件が14年前の事件を解決するために必要な事件となったのです。

続けて「高台家の人々」も見たかったのですが、おしりが痛くてパンフだけ買って帰ってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」前夜祭

2016年06月24日 | 日記

25日から二週間限定のイベント上映が始まりますが、それに先だって新宿ピカデリーにて前夜祭が行われました。
チケットの価格は16000円ですが、舞台挨拶の他、限定プラモ、パンフ、限定版BDなど付いています。全部欲しい人にはお得な感じです。

太田垣社長の付き添いという形で、控え室であるプラチナルームに入らせていただきました。
プラチナルームはシアターの2階席にあたり大きなソファーで映画を楽しむことができます。上映中は周囲が真っ暗で座席がどこかも分からないくらいでした。
この日は、小形プロデューサー、松尾監督、原作漫画の太田垣康男、音楽製作の菊地成孔さんが登壇しました。

控え室は終始和やかな雰囲気で、菊地さんは気さくに、劇場限定発売のサントラレコードにサインしてくださいました。
菊地さんのお話も説得力ありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画「脳内ポイズンベリー」

2016年06月20日 | 日記

映画を観たかったのだけど、観れなかったのがずっと心残りだった作品だった。
原作漫画を見つけたので早速購入してみました。

その第一話、なんの説明もないまま脳内会議の場面から始まり、主人公のいちこが行動を起こします。そして、なんの説明もないまま終わってしまう。
そして2話目でようやく脳内会議という言葉が出てくるけど、対した説明もないまま話が進んで行く。
そんな置き去りな状態なのに面白い。2つの世界が同時に進行しているのに、大きな温度差があって、なのに面白い。
2巻まで読んだのだけど、現実世界ではドンドン泥沼な恋愛が進行する。それを常に脳内会議の面々が話し合い、叫び、行動を支配して、結果ダメな方向へと流されていく様が、完全にギャグになっている。
その計算された作りに感服する。でも、面白い。ドロドロしているのに笑える。そんな漫画は初めてだ。

これは映画も観てみたい。キャストが面白そうやったしね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」

2016年06月15日 | 日記

松竹本社の試写室で関係者限定の試写会に参加しました。

6月25日から全国15館でイベント上映が二週間限定で行われます。
それに先だっての特別上映会でした。今回はスタジオ・トアから関係者への招待という形で多くの方々に集まっていただきました。

70分の作品ですが、とにかく内容は濃厚です。単行本3巻と少しの内容ですから、展開は息つく暇もありません。
元々15分で4回という形で製作されましたので、15分のミュージッククリップのような感じで、動きの多い映像が魅力的でした。
それを一つに繋いだのでとにかく動くシーンが続くのは仕方ありませんが、1時間3本くらいで見てみたい気がします。

続編はまだ決まっていませんが、エンディングを見ると、これは新たな始まりだと思うしかないですよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「64 前編」

2016年06月05日 | 映画

映画「64(ロクヨン)」の前編を見てきました。

主演の佐藤浩市を筆頭に俳優陣が豪華です。
未解決の誘拐殺人事件ロクヨン。当時の捜査員だった三上(佐藤浩市)は広報官になっていた。広報官は対外的には記者クラブと対立し、内部では捜査課とも対立する。そして、ロクヨンも時効1年前となっていた。三上には広報官としてロクヨンの被害者に再会し、隠された真相に近づいていく。

前編なので、様々なお膳立てがあったが、いくつかどう絡むか分からないところもある。後編でサッパリするだろうと期待する。最後にようやく大きく事件が動き出す。ようやくここからなんだろうというところ。
前編だけで感想言っても仕方ないですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加