ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」舞台挨拶

2016年06月26日 | 日記

新宿ピカデリーにて、この日は太田垣社長の2度の舞台挨拶がありました。
ご一緒に登壇したのは、松尾監督、声優の中村悠一さんと木村良平さんでした。

声優さんはお話も上手ですね。まとめ方や受け答えも慣れている感じで、掛け合いでも会場を沸かせてくださいました。
中村さんは役が決まる前から原作を読んでいただいていたので、出番の後は社長と色々話をされてました。
木村さんはガンプラの「サイコ・ザクいいなぁ。欲しいな」とおっしゃって、スタッフから「買ってください!」と言われて、「じゃあ、今のうちに」なんて言って、「今行ったらパニックだよ」と止められていました。翌朝のTwitterでサイコ・ザク完成の報告をされていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ロクヨン 後編」

2016年06月25日 | 日記

「ロクヨン 後編」を見てきました。
前編では、14年前の誘拐事件が身代金を奪われ、子供の命も奪われ、未解決のまま。新たに模倣した事件が発生するところで終わった。

後編では、その模倣事件を追いかけるのだが、これが新たなロクヨンの続きになる。
もうネタバレしかかけないレベルの話なのですが、これは面白い展開でした。
とにかく、模倣事件が14年前の事件を解決するために必要な事件となったのです。

続けて「高台家の人々」も見たかったのですが、おしりが痛くてパンフだけ買って帰ってきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」前夜祭

2016年06月24日 | 日記

25日から二週間限定のイベント上映が始まりますが、それに先だって新宿ピカデリーにて前夜祭が行われました。
チケットの価格は16000円ですが、舞台挨拶の他、限定プラモ、パンフ、限定版BDなど付いています。全部欲しい人にはお得な感じです。

太田垣社長の付き添いという形で、控え室であるプラチナルームに入らせていただきました。
プラチナルームはシアターの2階席にあたり大きなソファーで映画を楽しむことができます。上映中は周囲が真っ暗で座席がどこかも分からないくらいでした。
この日は、小形プロデューサー、松尾監督、原作漫画の太田垣康男、音楽製作の菊地成孔さんが登壇しました。

控え室は終始和やかな雰囲気で、菊地さんは気さくに、劇場限定発売のサントラレコードにサインしてくださいました。
菊地さんのお話も説得力ありました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漫画「脳内ポイズンベリー」

2016年06月20日 | 日記

映画を観たかったのだけど、観れなかったのがずっと心残りだった作品だった。
原作漫画を見つけたので早速購入してみました。

その第一話、なんの説明もないまま脳内会議の場面から始まり、主人公のいちこが行動を起こします。そして、なんの説明もないまま終わってしまう。
そして2話目でようやく脳内会議という言葉が出てくるけど、対した説明もないまま話が進んで行く。
そんな置き去りな状態なのに面白い。2つの世界が同時に進行しているのに、大きな温度差があって、なのに面白い。
2巻まで読んだのだけど、現実世界ではドンドン泥沼な恋愛が進行する。それを常に脳内会議の面々が話し合い、叫び、行動を支配して、結果ダメな方向へと流されていく様が、完全にギャグになっている。
その計算された作りに感服する。でも、面白い。ドロドロしているのに笑える。そんな漫画は初めてだ。

これは映画も観てみたい。キャストが面白そうやったしね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」

2016年06月15日 | 日記

松竹本社の試写室で関係者限定の試写会に参加しました。

6月25日から全国15館でイベント上映が二週間限定で行われます。
それに先だっての特別上映会でした。今回はスタジオ・トアから関係者への招待という形で多くの方々に集まっていただきました。

70分の作品ですが、とにかく内容は濃厚です。単行本3巻と少しの内容ですから、展開は息つく暇もありません。
元々15分で4回という形で製作されましたので、15分のミュージッククリップのような感じで、動きの多い映像が魅力的でした。
それを一つに繋いだのでとにかく動くシーンが続くのは仕方ありませんが、1時間3本くらいで見てみたい気がします。

続編はまだ決まっていませんが、エンディングを見ると、これは新たな始まりだと思うしかないですよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「64 前編」

2016年06月05日 | 映画

映画「64(ロクヨン)」の前編を見てきました。

主演の佐藤浩市を筆頭に俳優陣が豪華です。
未解決の誘拐殺人事件ロクヨン。当時の捜査員だった三上(佐藤浩市)は広報官になっていた。広報官は対外的には記者クラブと対立し、内部では捜査課とも対立する。そして、ロクヨンも時効1年前となっていた。三上には広報官としてロクヨンの被害者に再会し、隠された真相に近づいていく。

前編なので、様々なお膳立てがあったが、いくつかどう絡むか分からないところもある。後編でサッパリするだろうと期待する。最後にようやく大きく事件が動き出す。ようやくここからなんだろうというところ。
前編だけで感想言っても仕方ないですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンク光

2016年05月28日 | IT全般

ソフトバンク光の工事が完了しました。
ヤフーのADSLを使っていましたが、あまりにも遅く、料金もあまり変わらないので、2年目を機に変更することにしました。
変更のつもりでしたが、ADSLはソフトバンクモバイル、光はソフトバンクと別会社らしく対応がややこしい。
ソフトバンクから事前に送られてくる書類があるので、内容を確認したくて問い合わせ先に電話するとここじゃないと言われる始末。ややこしいのは料金体系だけじゃないですね。

さて、申込時に「光BBユニット」と「WiFiマルチパック」が割引条件ということだったのですが、どうもこれらはルータとWiFi機器なんですよね。
手持ちのWiFiルータを使えば良いので、これを解約したかったのですが、どうやら工事完了後の方が良いらしい。2ヶ月以内なら無料だとか。
NTTの工事後にレンタルのユニットは使用せず、手持ちのルータを使ってセットしてみました。

ルータの機能を「ローカルルータ」から「PPPoEルータ」に変更。ADSLではモデムが必要だったので、ローカルルータとして使用していましたが、光ではNTTの終端装置にルータを接続します。
あとは接続先の設定にソフトバンクから届いた「認証ID」とパスワードを入力するだけ。とても簡単でした。

ADSLのモデムルータを使っている場合、手持ちのルータ側でDHCPサーバ機能をオンにしておくと、すんなり入れ替えできます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「起動戦士ガンダム THE ORIGIN III」

2016年05月27日 | 日記

オリジン観てきました。
前回、自分に似たシャア・アズナブルと出会ったキャスバルが、シャアと入れ替わり、ジオンの士官学校に入ります。
そして、同級生のガルマ・ザビと出会い、彼と共に士官学校の生徒を煽動して連邦軍と戦います。ジオン独立運動の機運を一気に高める事件「暁の蜂起」を描きます。
シャアの冷たい目がとても怖い。ガルマの背中を見つめる瞳には、既に大きな野望を秘めているようでした。
モビルスーツはまだ開発途上で、シミュレーション上での動きだけ。活躍はまだ先でしょうか。
ルウム編も制作決定されたので、ようやくザクが実戦投入されるのはそこからですね。

サンダーボルトの予告編もありました。また新しい主題歌が流れていました。複雑な曲ですな。これもジャズなのかな?
来月はサンダーボルトの上映も始まりますし、単行本も2冊同時発売で、イベントもあるので盛り上がって欲しいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「アイアムアヒーロー」

2016年05月01日 | 映画

ゾンビ物ですが、始まってそうそう。気分が悪くなって気を失ってしまいました。塚地怖い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ちはやふる 下の句」

2016年04月30日 | 映画

http://chihayafuru-movie.com/

見て来ました。「ちはやふる 下の句」
前編を見てるので最初からすんなり入っていきます。原作漫画から流れを作るためにアレンジされた部分もあるけど、そんなのは気にしない。
試合場面も少なく、しっかり学園ドラマ、青春物として作り込んだ感じ。まあ、元々そうなんだけど。
上の句では、仲間を集めて、ようやくみんなの目指すところが一つになったところまで。下の句では、更なる上を目指して取捨選択を迫られる葛藤を描いている。答えは一つじゃない、自分は一人じゃないってことだよね。

若宮詩暢役の松岡茉優さんが良かった。美しくしなやかな強さを感じる。京都人のちょっといじわるな言い回し、方言も完璧だった。

続編もやるみたいだし、原作も話数がかなり進んでるから、期待できますね。
ただこの先は、千早と二人の関係はまだ進んでないから、描くとしたら後輩の話か。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加