住いの安全 心の健康 住い塾・21

住いの安全性、食物の安全性、政治の危険性、感動の共有
心と体のリラクゼーション、誰かに秘密を話すストレス解消

Memo・・・ 本来の欲望を絶つ ⇒不食  

2016年10月08日 | 日記

  仏教では、人間は五欲を伴って生きて行くという事を説いているが、その人間らしい欲望とは、『1.財(金銭)欲,2.色欲,3.食欲,4.名誉欲,5.睡眠欲』と云う事だそうである。

  ただ、貪り過ぎてはいけないと説いているのだが、その境目が時代と共に変化するし、時代の環境に拠っても、人々の平均的思考水準に拠っても変化するので、解り難い所が有る。


  一昔前に、西郷南洲が残したとされる名言、やはり偉人と云う位置に収まり続けている人は違うものだと、事改めて思い起こさせてくれる。 言うまでも無い事だが、彼は 49歳で自刃し果てている。

≪ 命もいらず、 名もいらず、 官位も金もいらぬ人は、 仕末に困るもの也 ≫



  現代の、この国の中枢を見れば、まともに品格のある人間は見受けられないし、溜まり水の中には≪政治屋≫と云う≪ボウフラ≫が大発生して、永田町界隈はやぶ蚊だらけ、良心的小市民は、その場所に近づく事さえ出来ない。  

  過ぎた金銭欲、政治活動費でキャバクラとか風俗通いは、色欲か食欲なのか、いずれにしても店を出るときは、人を喰った顔をしているのは、請け合いだ。
睡眠欲や名誉欲は、今更云うまでも無い。  国会に入っているカメラで、ヨダレでもアップして呉れれば、ユーチューブではあっという間に、大ヒットとなる。


  つい最近のテレビニュースだったと思うのだが、AFPの当該ニュースを見ると、日付が数年も前の事なので、ワイドショーかなんかだったのだろう。

  七〇年間、飲まず食わずの行者がインドに生息しているという事だったので、忘れないうちに、検索を掛けたのである。

  ***  以下引用  AFP 2010年5/10 付  ***
  70年前から食べ物も飲み物も摂取していないという83歳のインド人ヨギ(ヨガの聖者)について、体の仕組みを15日間にわたって調査したインドの科学者たちが、観察期間が何事もなく終了したことに仰天している。

 ヨギのプララド・ジャニさんは前月22日から、インド西部アーメダバードの病院に缶詰めにされ、医師30人によって24時間態勢で15日間にわたって観察された。

 期間中、ジャニさんは一度も飲食せず、トイレにも行かなかった。インドの生理学関連研究施設のディレクター氏は、「実験期間中、(ジャニさん)が液体と接触したのは、うがいと風呂の際だけだった」と声明で述べた。  ・・・・・・・・・・・・・・・
  ***  以上引用    終  ***


  最近は、日本国内でも一日一食とか、朝食抜きとか、食べる事に余り興味を示さなくなった、人群れが居る。
大企業とか、製薬会社など、必死に三度三度のご飯を食べなければ、病気になるとか、仕事の遂行に支障が有るとか、弊害だけ声高に叫んでいるが、どうも、メリットも数多くあるらしいという事は、薄々感じる事が出来る。 

  おにぎりが食べたいと言って、餓死するような人には何ら手を打とうとしない政治家連中、貧困層に向き合おうともしないで、消費税15%と吠えまくるノビテルくん。
為政者に期待するのはどだい無理であるが、せめて、国内の庶民の、或は、非正規労働者の細やかな実情を見る事だけでも、拒否しないでもらいたいものである。


  そして、政治家には『喰うな』とか『寝るな』とか望むべくも無いが、『色欲』『金銭欲』だけでも、人並みよりも『遠慮がちに』と云う言葉を、鼻先にぶら下げて貰いたい気がする。

 『名誉』などと云う結果は、歴史が作って呉れるもので、己が作るものでは決して無い。
それにしても、70年間、お金を必要としないで生きられる世の中、それもアリかな・・?
既成概念として刷り込まれた、これまでの常識は、根本から崩壊するような・・・・。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 責任者は・・・・・ダレ・・? | トップ | TPP 拡散 ・・・・山田正彦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。