住いの安全 心の健康 住い塾・21

住いの安全性、食物の安全性、政治の危険性、感動の共有
心と体のリラクゼーション、誰かに秘密を話すストレス解消

刑務所は・・今・・・老人ホーム化

2017年03月07日 | 日記

  2~3日前、県内で『包丁』を持った強盗未遂が有った。
山形新聞のネット記事は、間もなく削除されたが、NHKローカルには、しばらく残っていた。  どういう理由か知らないが(恐らく模倣犯警戒?)、これも間もなく削除された。
なので、ここに其の一部、引用して置きます。


  ***  以下引用 NHKローカル 3/5付 ***
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
  逮捕されたのは、住所不定無職の酒井純一容疑者(66)です。

  警察の調べによりますと、酒井容疑者は4日午後4時45分ごろ、上山市沢丁の和菓子店、「中條屋」に包丁を持って押し入り、店番をしていた店員の男性を脅して現金を奪おうとしたとして、強盗未遂の疑いが持たれています。

  店員の男性がいすを盾にして抵抗したため、現金を取らずに立ち去ったということです。
当時、店内に客はおらず、けが人はいませんでした。
警察はおよそ1時間後に、かみのやま温泉駅近くの路上にいた酒井容疑者を見つけ、包丁を持っていたことなどから逮捕しました。
調べに対し、酒井容疑者は容疑を認め、「金がほしかった」と・・・
  ***   以上引用  終  ***

  この年配の方は、まさか天から降って湧いたわけで無かろうが、記事では住所不定と有る。 未遂の場合は、どう云う事に成るのか、結果は知らないが、2~3日泊めて貰って、≪親子どんぶり≫にでも、在り付く事でもできたのだろうか・・・?  幾ら少なくても、一か月4万5千円位の国民年金、偶数月なのに、もう使い果たしてしまったのか・・・?




  どこかの記事に、アメリカの刑務所でも、老人ホーム化していると書いてあったが、その主たる理由は、日本と同じとみてよいのだろう・・・。
アメリカの製造業の衰退や、地方都市の衰退などを、見たり聞いたりすればするほど、それがグローバリズムのなせる技と云う、現実がひしひしと伝わって来る。 要するに、紙幣、株券の空売りや、金融操作によって、利益が得られるのは世界中の極一部寡頭金融一族の人だけなのである。  簡単に云えば、パチンコを考えればよい、胴元の思惑によって、殆どはテラ銭となり胴元へ、後のチリ程の金銭は、顧客に散らすばかり・・・。


  日本でも、所得格差が広がり、核家族化し、多くの労働者は非正規化し、明日の生活に希望が見出せなくなった。 なので、結婚適齢期の男も女も躊躇し、子供を持つことも躊躇する事と成った。  もしかしたら地上に、人類は増え過ぎたので、DNAの中の意識が働いて、人口が減少する方向に走っていると云う事なのかも知れません。

  本来、日本の古き良き伝統、国民性であった、 人に迷惑をかけるなとか、相手の痛みを慮るとか、一族の恥とか云う考え方は、権力の誘導なのだろうか、庶民が分断統治され、実情とは大きくかけ離れてしまった。

  前にも書いた覚えがするが、『タイは頭から腐る』
八重洲市場のカラ盛り土や、ちんたら愛国小学校とかの巷に流れている情報、公務員の全知全能を振り絞って、言い訳を考えて対応している映像を見ていると、日本社会が、頭の方から、≪火病≫に冒されつつある現状が、嘆かわしい。
誰が見ても、≪ウソとゴマカシ≫、挙句の果てが、≪己の責任逃れ≫以外、何の感想も無い。 

  こんなことも有り、古来からの日本人のメンタリティーやアイデンテティーなど持ち合わせている人は、もはや、少数派となりつつある。
国会議員、悪徳官僚にも、日本国益にとって訳の分からない『カラ念仏』を唱えている、人群れが垣間見えるが、誰とは言わないが『連4』とか『ノブタ』とかブログでは、いろいろな呼称が乱れ飛んでいる。


  アメリカでも、ヨーロッパでも、移民の流入が、大きく国の形を変えつつあるのは問題になっているが、日本でも、元首相の『サメノー』辺りで、一千万人労働者移入とか打ち上げているようだが、一部資本家の金儲けの為に、そんな事をして細胞膜を壊すのは、何処でも問題となってない所は無い。  彼らは一部、バイキンにも成るし、ガン細胞にもなるのは間違いない。  外来動物や、外来植物に駆逐されつつある、在来植物と動物。  日本の常識は、世界の非常識!!!!    アメリカからインデアンが駆逐されたように、あっという間に、この日本には、古き良き日本人など失せてしまうであろう。



  解決方法は、簡単な事だ。
反グローバリズム・・・・金融資本家への課税強化、 大企業、グローバル企業の金融資本額制限、土地に張り付いているダニの駆除、そして非正規労働者は、法曹関係、同時通訳者、或はS.E.とか、国民の平均的賃金より、高位にある人達に限るべきであろう。
勿論、一番最初に遣る事は、公金に生活を委ねている人々は、その社会で生きる人々の、平均賃金を上回る事の、無い様に給与を下げる事だろう。
国全体、 人々の顔に笑顔が戻り、多少、貧困でも下々まで喜びに溢れ、活性化されることは間違いない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレミアムフライデーって、... | トップ | 国税庁長官も、生涯賃金8億... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。