鹿嶋春平太チャーチ

解釈自由原則で聖句を吟味している教会です。YouTube「ヨハネ伝解読」の動画とあわせご覧ください。

=御国が臨在する条件1=

2017年06月15日 | 随想

 




今回は、御国空間が特定の人々の周囲に降りてきて臨在するための、人間側の条件を解読しましょう。




<イエスのことばに留まる>


条件は、先回示した聖句の前半~

・・・・・・・・・・・・・・・
「諸君が私(イエス)の言葉にとどまり、わたしのことばが諸君にとどまるなら」
・・・・・・・・・・・・・・・

~に記されています。


+++

まず、「諸君がイエスの言葉に留まる」から読み解きましょう。

ここで「イエスの言葉に」というのは「イエスの言葉が形成するイメージワ-ルドに」と鹿嶋は解します。

「留まる」とは、「そのイメージ世界に意識を留める」ということ。
そしてそれは、そこでしばし黙想(瞑想)することによってなされます。

つまり、イエスの言葉を一つ理解したら次に進む、というのではない。
「ああ、いい教えだった。はい!、では次の教えを」と進むのではありません。

しばらくの間「そのイメージワールドを瞑想する」のです。



<超自然界(霊界)の話の実在感は20%以下>

それは「霊界」にリアリティーを感じられるようになるために必要です。

イエスの伝える「よき知らせ」の核心である「天の御国」は「超自然(超物質)な霊的空間の世界」です。

そういうワールドに対しては、人間は自然なままではあまりリアルな実在感が抱けないのです。
 

我々人間は生まれて以来、五感で認識できる物質世界(自然界)にもっぱら対応して生きてきていますからね。

いわゆる五感は比較的よく育っていますが、霊的領域への感覚は薄いのです。

+++


前述した福音の表義「イエスをアクセプトすると原罪が許され、救いの資格は与えられるよ」というのも霊領域の話です。

それをアクセプトした人でも、リアルに感じる度合いは小さいですよ。

よくいってもせいぜい20%くらい、多くはもっともっと小さいでしょう。

また、その確信度合いも放っておけば時と共に薄れていくでしょう。
10% ⇒ 5% ⇒ 2%・・・といった具合に。

+++

でもそれについては、表義はのべておりません。

実際には、2%の確信でもアクセプトしてバプテスマを受けたら「救い」の資格は得られるでしょう。
 
だけど、さらに低下して確信がゼロになったら、資格は帳消しですよ。

+++

もちろん当人が所属する教会は、その実在感を維持させるために、いろんなサービスをしてくれます

日曜毎の礼拝とか信徒同士の交わり機会の提供とかしてくれる。

だがそれらによっては実在感はあまり上昇することはありません。

確信はあやふやな状態にあり続けます。



<霊感という直感能力>

 
この実在感を奇跡によって飛躍させる方法が奥義なのですね。

「しるし」は御国が臨在してくれたら、オートマチックに現れます。

その臨在を得るための、条件の話を今回はしているわけです。

そこに話を戻しますと、

その第一は~

「イエスのことばのイメージワールドの中に意識を留める(黙想する)」ことだと、鹿嶋は解したわけです。

+++

話を進めます。

この解読をもう少し具体的にするためには、「霊感」という語を導入するのがいいです。

人には五感覚があるといわれますよね。

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚がそれです。

これは物質に対する感覚ですから、物質感、略して「物感」といってもいい。
そんな語は辞書にありませんけどね。

ならば、これに対応させるて霊に関する感覚を考えることができる。
すると、それは霊質感となり、略して「霊感」となるでしょう。

+++

霊感も感性の一機能で感覚です。

これにも五感覚と同じように、五霊覚なんてのを考えていいでしょう。

創造神(感)覚、聖霊覚、天使覚、人霊覚、栄光覚、なんてどうでしょうかね。

でも我々の五霊覚は自然なままでは薄いんですよね。
 
人はせいぜい、それらを漠然と「第六感」などといって、時折かすかに自覚しているくらいです。





<霊感を開く>


だが、霊感は開かれ拡大され得ます。

そしてこれを開けば認識できる霊界の領域は拡大します。

それが「イエスの言葉が形成するイメージ世界」に意識を留め、瞑想の時を持つことによってなっていくのです。

よく味わい黙想(瞑想)する。

これによって霊感が開き、育っていく~と鹿嶋は解します。

+++
 
だけど、実際に効果が現れるにはどれくらいの期間が必要なのでしょうね。

この方法で癒しなどの奇跡を連発している日本人女性(カナダ在住)がいます。

生物物理学者です。

彼女は体験から「一つの聖句につき、三日から数日間ほど黙想すると、認識可能な霊領域は拡大していく」との旨をいっています。


+++

もちろん、人は仕事もクルマの運転も買い物もしますよね。

そういう生活の中で、黙想の時をもちながら一定期間過ごすわけです。

するとその間に、霊感は育成される。

そして「イエスの言葉のイメージ世界」が物質世界と同等にリアルに感じられるようになると思われます。

+++

この瞑想を他の言葉に広げていけば、霊的ワールドに感じるリアリティ(実在感)は物質世界以上になっていくでしょう。

それは、道理に沿ったルートです。

聖書の存在観では、霊的世界の方が根底的であり、基盤だからです。

 


=御国が臨在する条件1= ・・・・完)



~字数が規定をオーバーしたようですので、次回とに分けて投稿します~

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« =福音の奥義~「しるし」で... | トップ | =御国が臨在する条件2= »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL