鹿嶋春平太チャーチ

解釈自由原則で聖句を吟味している教会です。YouTubeで「ヨハネ伝解読」を検索し、同名の動画とあわせご覧ください。

<臨時版>: 英国のEU離脱選挙結果に「騒ぎすぎ、怯えすぎ」)

2016年06月28日 | キリスト教の正しい学び方








こんにちわ。


英国でEU離脱か残留かの国民投票が行われて、僅差で離脱派が過半数を占めました。

世界的に激震が走っているかのように、マスメディアは騒ぎ立てています。


+++

結論から言えば、世界は「騒ぎすぎ」「怯えすぎ」をしています。

このことは実は、鹿嶋が今書いている近世英国の歴史に直結しています。

聖句自由吟味活動が生成させた「英国の自由な宗教状況」に密接に繋がっている。

だから、これについて、「臨時版」を投稿します。





<「知」が活性化路線にある国民>


筆者は金融状況にあまり詳しくないので、離脱がもたらす金融上の被害を含めての詳しい論評をすることは出来ません。

だが、マスメディアで流される識者の予想には、欠けている視野があります。

それは、英国民と欧州大陸国民との知的資質の差異に関するものです。


+++



英国民は、聖句自由吟味者の影響によって、知性が活性化路線に入っています。

個々の聖句を小グループで具体的に吟味する生活をしていると、人間の知性(精神も)は活性化するのです。

また、聖句個別吟味の習慣は、社会の諸事象を個別的事例的に思考するエネルギーも与えます。

すると人間は、個々の事例情報に対して、一般法則的な知識を強引に優先させることはしなくなります。

そういう思考法が、判例法中心の法体系をこの国に成立させてもいるのです。

+++

他方、大陸人民の「知」は活性化路線に入っていません。

彼らの聖書の知り方が、活性を妨げるのです。

そこでは教会高僧のつくった教理を絶対正統真理として受け入れることを求められる。

吟味などしたら「異端!」と攻撃されます。

すると人民は、自ら思考することが少なくなる。

それでは、「知」は活性化路線に入っていかないのです。

この状況はまた、法理論をベースにする大陸法の法体系をも生んでいます。







他方、大陸人民の「知」は活性化路線に入っていません。

彼らの聖書の知り方は、教会高僧のつくった教理を絶対正統真理として受け入れることによります。

吟味などしたら「異端!」と攻撃されます。

だから、自ら思考することが少なく、「知」は活性化路線に入っていないのです。

この状況はまた、法理論をベースにする大陸法の法体系をも生んでいます。





<EU参加もはじめから特別扱い>


大ブリテン島と欧州大陸とは、精神文化が対照的だ。

英国の政治家も、そういう知的資質の違いをよく認識していました。

だから、そもそも、EUへの参加決定も最後まで慎重だったのです。

通貨をユーロに統合することも避け続けた。

英国は特別扱いだったのです。

そういう緩やかな連携関係を維持する状況で、英国はEUに加わって協働してきたのです。






<従来有益だった方式は継続する>

もし離脱が実施されるとしても、それはEU連合との交渉開始後の2年先です。

その交渉に入るにも時間がかかります。








キャメロン現首相は、新しい首相を(次の国会議員選挙で)選んで、その人にやってもらう、といっていますから。

それに至る間に、今回、軽い気持ちで投票した離脱賛成者たちは、選挙の選択案のもつ意味を、改めて吟味し学び直すでしょう。


その後に交渉に入っても、従来互恵的だった状況は、担当者はいろいろな調整をして、再現するでしょう。






<自由吟味者の活性化力を知るべし>

{知」が活性化路線に入っている英国民の政治能力は高いです。

同じ欧州でも、大陸西側の人民よりも高いし、東欧人民よりはさらに高い。

中東諸国の人民よりは、また、はるか高いです。


+++

そうしたことに無知で、かれらと同レベルとみて 英国の行動を予測したら、過剰な恐怖におびえることになります。

だが、その事実をリアルに感じるには、聖句自由吟味者が人民と国家にもたらす活性化効果を知らねばならない。

残念ながら、世界の歴史家は、そのことをほとんど知りません。

だから、筆者はいまも、「正しいキリスト教の学び方」を、様々な歴史事情の説明と共に繰り返し、繰り返しお知らせしているのです。


+++

今回の英国での国民選挙での離脱優位結果、大丈夫です。

そんなに遠くない将来、世界は振り返って、今は「騒ぎ過ぎ」「おびえすぎ」であることを、知るでしょう。



(臨時版: 英国のEU離脱選挙結果は「騒ぎすぎ、怯えすぎ」   完)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol. 34 メソディスト教会 ~青学、関学を設立した教団~

2016年06月23日 | キリスト教の正しい学び方






こんにちわ。


「キリスト教の正しい学び方」、今日も進めてまいりましょう。

今回は、統制力を失った英国教会制度のもとで成長した新教会のうち、メソディスト教会を紹介します。


+++


この教会の創始者はジョン・ウエスレー(John Wesley,1703-1791)です。

彼は英国国教会の司祭でした。

にもかかわらず、儀式中心の国教会の礼拝に疑問を抱いていきました。

そして、もっと実質的で、創造神を直接拝する姿勢を持てる礼拝方法を思案しました。

結局、礼拝場は教会堂である必要はない、と考え、 野外でも礼拝を行いました。

各地を馬に乗って巡回して野外礼拝を導いたのです。

それでも国教会勢力からは、おとがめなしでした。








彼はカトリックのカンタータ風だった礼拝音楽をとりやめ、新作の賛美歌を取り入れました。

弟チャールズは、今でいえばシンガーソングライターの天才でした。

彼はその才能でもって、同時代に適合した讃美歌を新しく創って、兄の教会に提供しました。

生涯に総数9000に及ぶ曲を作ったといわれています。

彼の作品は現代の賛美歌集には”伝統的な賛美歌”として収められています。

けれども当時は、いまの戦後1960年代の若者フォークソングのような存在だったでしょう。





<現代ビンヤード風礼拝の先駆者>


この教会方式は現代では珍しくありません。

戦後米国では特に、牧師がジーンズにギターでもって礼拝を導く教会が多く誕生し、それが世界に広がっています。

ビンヤード教会、サドルバック教会、ホープ教会、ニューホープ教会などがそれです。

だが、当時は斬新そのものでした。

とくに若者には衝撃的だったでしょう。

それは同時に魅力的でもあり、多くの人に受け入れられました。





<メソディストもニックネーム>

教会は成長しました。

外部の人々はこの教会の斬新な礼拝方式に注目して、メソディスト教会と呼びはじめました。

礼拝方式の「方式」は英語でメソッド(method)です。

これからメソディストなる語が生まれた。

これもまたニックネームです。

「礼拝方式にこだわる奴ら」あるいは「礼拝方式を刷新する奴ら」といったニュアンスでしょうか。

その名が広がってこの教団の名前になったのです。

前にも言いましたが、キリスト教活動の名称のほとんどは、一般人の口に上ったニックネームに始まっています。

ピューリタンも、バプテストも、長老派もみなそうです。






<だが自由吟味教会ではなかった>

ウエスレーは革新的な人でしたが、その教会活動は聖句自由吟味方式にまではいかなかった。

教団の正統教理書をつくり、それでもって教会を運営する教理統一方式の教団になりました。

彼らはいまでもメソディスト教理書をもっています。


+++


けれども大規模な教会に発展しました。

今の米国にも数多くあります。

この教団はまた、明治維新後の日本に宣教師を派遣し、青山学院や関西学院などの学校を造っています。



(Vol. 34 メソディスト教会 完)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.33 大ブリテン島の宗教環境は自由だった

2016年06月20日 | キリスト教の正しい学び方






こんにちわ。


「キリスト教の正しい学び方」、今日も進めてまいりましょう。


+++


国教会成立後のイギリスは、ヨーロッパ大陸とは別世界のような、自由世界になりました。

これを、我々は雰囲気として感じなければなりません。

イギリス国教会の司教、司祭は、国家のために働くべき公務員の指導者です。

その彼らの中から、国教会の運営制度を批判し、改革しようとし、激しく運動をするものが、数多く出た。

国教会は過激な運動者を、罰しました。

たが、彼らは限られた人々でした。

国教会から離脱し、自由な宗教活動をさせてもらうと宣言して出て行く司教や司祭もいました。

だが彼らが、執拗に追跡され、処刑されることはありませんでした。






<欧州大陸なら>

これがヨーロッパ大陸でならどうなるか。

ひとりびとりが捕らえられ、宗教裁判にかけられ、処刑されました。

ルター戦争後のドイツでも、それは同じなのです。

人々は、カトリック教会かルター教会かのどちらかの強力な管理体制下に、置かれました。



+++


ルター教会も、カトリックと同じく、教理統一教会なのです。

運営体制としては、カトリックの法王をなくしただけの教会です。

教理に反するものは、やはり異端とされ、処罰されました。

そこでは聖書を自由に吟味する行動は、厳格に罰せられた。

だからドイツでおいても、新しい教会活動の芽は、でませんでした。

出ないままに年月が過ぎていく。

これがルター戦争後のドイツでした。





<せいぜい国王による国外追放>

ところが、大陸から海峡を隔てた大ブリテン島でははるかに自由な土壌が出来ていました。

有力司祭が「イギリス国教会から出て行って、自由にやらせてもらう」と宣言して出て行く。

その人でさえ、せいぜい国王による国外追放でした。


+++


この違いを雰囲気として心に浮かべるかどうかが、近代欧米史理解の分かれ道です。

大ブリテン島に出来上がったこの自由な世界の中から、新しい宗教活動が多数生まれた。

そしてその中から新しい教派活動にまで.発展するものが出ました。






メソディスト教会はその一つでした。

組合派教会も長老派教会も後の英国バプテスト教会もそれです。

こんにちプロテスタント諸教会として、世界的に大きな活動をしている教会の大半は、英国国教会制度の中で発芽しているのです。



+++


メソディスト教会は、大教会となり、明治維新後の日本に青山学院や関西学院を設立し、今も運営しています。

組合派教会は、新島譲の活動を支援して同志社大学を設立しています。

長老派教会は、ニューヨークの教会から、ヘボン式ローマ字のヘボンの先生を支援し、邦訳聖書を完成させ、明治学院大学を設立しています。

これらの新教会は、近代英国に発芽しました。

そしてこれらの動きは、「知」が活性化路線に入った、英国の精神土壌に芽生えたのです。



(Vol.33 大ブリテン島の宗教環境は自由だった   完)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.32 英国ピューリタンの実像

2016年06月15日 | キリスト教の正しい学び方







こんにちわ。


「キリスト教の正しい学び方」、今日も進めてまいりましょう

+++

近世以降の英米史の公式知識は霧に覆われています。

それが英米史、ひいては近代世界史を漠然としてわからないものにしています。














<産業革命の不思議>

英国についてみると、たとえば18世紀半ばに、人類史上初めて起きた産業革命がそうです。

歴史教科書は、工業生産力の飛躍がイギリスを世界の覇者とした~といった類いのことだけ書いている。

それ以上に踏み込んだ説明はありません。

なぜイギリスで先駆的に起きたのか。

その種の説明は、いっせつなされていません。


+++


古代ローマ帝国の武器技術、建築技術は、今から見ても驚異的で卓越していました。

産業生産技術に転化できる技術資産を沢山もっていた。

なのにその伝統を持ったイタリアになぜ先に起きなかったのか。

そういう論述がない。

できないからです。


+++


聖句自由吟味活動が普及し、人民の精神・知性が飛躍的に活性化したという事実。

聖句吟味によって人間観と社会思想がダイナミックに更新されたという事実。


~これらを考慮に入れなければ、じわじわと産業革命の機が熟していく動向は認識できません。

そういう心理変化の過程が見えないのです。

みえないからその説明が出来ません。





<歴史説明は精神描写で重層化する>


少し話を広げます。

歴史説明というのは、人間の精神と知性の活性状態の認識が入ると、より深く重層的になります。

そして、それには人間心理への洞察力と事例情報との二つが必要です。

洞察家はいます。

だが、心理過程は目で見たり手で触ったりはできないので、彼も常時、事例情報と照応させねばならない。

照応させて、理解の方向をチェックしつつ思考を進めねばなりません。

+++

その事例情報として、自由吟味者の歴史事実は、近世西欧史の認識に不可欠な要素となる。

これを把握し損ねたら、歴史説明は、味のないスルメのようになります。

読めども読めども味のないスルメを噛んでいるような状態が続きます。






<英国清教徒史はごまかしにくい>

前置きが長くなりました。

英国ピューリタンの話に入ります。

+++

軍事、政治、経済などに関する事柄は、まあ、心理分析抜きでやり過ごすことも出来るかもしれない。

端的に言えば、ごまかすことも出来ます。

英国産業革命史などは、その一例です。

だが、英国ピューリタン(清教徒)に関しては、そのごまかしはきわめて難しいです。

そこでは新しいキリスト教思想とそれを受容することよる聖職者の心理変化が、大きな領域を占めるからです。






<国教会の聖職者のなかに発生>

英国でピューリタンといわれた人々は、国教会の聖職者の中に発生しています。

英国教会の司教や司祭は所得も多く、社会の名士で資産家です。

その彼らの中から、突然のようにして、英国教会の改革に身を投げかけるものが現れた。

財産など既得権益を失うのにもかかわらず、やってしまった。

身体の危険をも顧みず、国家宗教の運営体制に異議を申し立て、改革しようとした。

+++


どうしてこんな劇的な変化がおきたのか?

英国教会は、カトリックの僧侶を追放して、その方式をそっくりそのまま受け継いだ教会です。

カトリックの宗教活動は儀式化していました。

イギリス国教会も、それを踏襲していた。

聖職者たちは、教会とはそういうものだと思ってやっていました。

+++

その彼らが、自由吟味者のスモールグループ活動に触れたのです。

各人が聖句の意味を生き生きと深く味わっているのをみた。

これに電気に触れたように感銘するものが イギリス国教会の聖職者たちに出たのです。

従来イギリス国教会の教義と運営方式を是としてきた彼らが、「これは間違いだ!」と突然思うようになった。

彼らの「知」は活性化路線に入ったのです。


+++

聖句自由吟味のスモールグループ活動は、実際にそのような覚醒力をもっているかどうか。

やってみるのが認識の一番の近道です。

やってみれば割合容易にわかるでしょう。







<ピューリタンという言葉>

彼らの実像をより正確に認識するには、そもそも、彼らがなぜピューリタンと呼ばれたか、についても知らねばなりません。

教科書では、とにかく、「ピューリタンが現れました」、ということからはじまっています。

だが、それでは不十分なのです。

+++

ピューリタンというのは旧くからある呼び名です。

元来それは欧州大陸にいた自由吟味者たちを指すニックネームでした。

当時の欧州でも、一般のクリスチャン(国教だったカトリック教会に所属した人々)は、現世の欲望との調整を取りながら教会活動をしていました。

ところが、自由吟味者たちは、ただ真理を知りたくて、欲得を離れて聖句をひたむきに吟味していた。

その姿は一般人の目には「純粋な奴ら」という風に映るのです。

これは、もう、人の心はそういう風な印象を受けるのです。

そこで英語のピュア(純粋な)という語の意味を含んだあだ名「ピューリタン」があちこちで自然発生しました。

「純粋野郎」といったところですね。






<英国ピューリタンの出現>

近代イギリスにおいても彼らが与える印象は同じでした。

英国教徒だった一般人は彼らから「純粋な奴ら」という印象を受けました

国教会の聖職者、司教や司祭らの目にも、自由吟味者の活動は、入りました。

そして彼らの中から、その真摯で知的躍動に満ちた姿や、霊的な生き様に覚醒された者も出ました。

彼らは改めて自分で聖書を吟味した。

すると国教会の運営方法に、聖句に沿わないものが見つかってきます。

人民統治のために必要な「世的な」妥協面も目についてきた。

彼らの心の内に、国教会への批判意識が高まりました。

それを押さえきれない者は、ついに国教会への抗議・非難をはじめました。






<内部改革ピューリタン>


激しい批判精神はまず、国教会の内部改革運動として噴火しました。

彼らからは、命知らずの内部闘争を激烈に行うものも出ました。

彼らは体制側から激しく弾圧されました。

逮捕、投獄され、地位も財産も没収される者も出た。

彼らの姿はとても純粋な者と映じました。

こうして、彼らにもまた、ピューリタン(清教徒)のニックネームが与えられたのです。

しかし、これは「英国ピューリタン」ないしは「近代ピューリタン」と呼んで区別した方がいいかもしれませんね。

ともあれ、最初の英国ピューリタンは、国教会の内部改革者でした。






<分離派ピューリタン>

英国教会は、国教ですから国家権力を使えます。

内部改革ピューリタンの改革運動は、あらかた粉砕され、実りませんでした。

そうしたなかで、内部改革を断念して国教会から分離独立して信仰活動をするという教職者も出ました。

それに従う一般信徒も出ました。

一般人も、国教会に所属しなかったら就職など様々な面で不利益を被ります。

だが、聖職者に同調する者も少なくありませんでした。

+++

これを見た人々は、また彼らにニックネームをつけました。

セパラティスト(separatist)とかセパレーショニスト(separationist)がそれです。

日本では分離派清教徒、分離派ピューリタン、あるいは分離主義者と訳されています。

+++

後に「ピルグリムファーザーズ」という名を与えられ、米国建国の父ということにされてしまった人々も、この派の一群です。

彼らは、1620年、米大陸ボストン郊外のケープコッドに上陸して植民をはじめた。

それについては、今すぐ後に、もう少し追記します。





<英国ピューリタンは自由吟味者にあらず>

英国ピューリタンには、今述べた内部改革派と分離派との二派があります。

さてここで、英国清教徒について留意しておくべき重要事項があります。

欧州大陸の古代・中世ピューリタンたちは聖句自由吟味者でした。

だが、英国の近代ピューリタンたちは教理統一主義者でした。

+++

彼らは自由吟味者の姿に覚醒された。

だが、教理統一主義を脱却して自由吟味活動にまでいくことは出来なかったのです。

なぜだったでしょうね。

イギリス国教会はカトリック方式を踏襲した、教理統一方式の教会です。

そこで生まれ学び育った歴史が心の神髄にまで染み込んでいたのでしょうか。

+++

教理統一主義でも改革に燃えることは出来るのですね。

宗教改革の先駆者ルターがそれを体現しています。

彼は生涯、教理統一主義者でしたからね。

英国教会の聖職者たちは、教理統一主義のままで国教会の制度改革に身を投げかけたのです。





<ピューリタン、ボストンで自由吟味者を迫害>

分離派ピューリタンも同じです。

彼らが教理統一主義者であったことは、後に、米国のボストンで起きた出来事が証明しています。

彼らは、後にアメリカ大陸に植民の道が開けると、大挙してボストン地域に移住しました。

この地域に分離派ピューリタンの指導者、ブラッドフォードに率いられた一群の人々が先駆的に移住したことが契機になっています。

+++

この一群は後に有名になりました。

かれらはボストン郊外、ケープコッドに1620年11月に植民を開始した。

その地にプリモス・プランテーション(プリモス植民地)という名をつけました。

その彼らが、後年「ピルグリムファーザー」の名を与えられ、米国建国の祖ということにされています。

いまも、世界のほとんどに人々はその物語に疑いを抱いていません。


だが彼らは大衆にわかりやすい国家アイデンティティを作るために選ばれたに過ぎません。

後に明かしますが、実際には、米国建国の祖は、自由吟味者たちです。

自由吟味活動に盲目だと、欧米近代史は間違いだらけになっていくのです。


+++

話を戻します。

ケープコッドにプリモス植民地が開拓されたのを契機に、ボストン地区に大量の分離派ピューリタンが移住しました。

彼らは、港湾地域に移住した。

そしてボストンの街を築きました。


+++

そしてこのボストンの街に、あるとき自由吟味者が流入して教会を作ります。

すると、ボストン政府は自由吟味者を捕らえ投獄、鞭打ちなどの罰を与えています。

個々人の聖書解釈の自由を原則として活動する者たちを、社会秩序を乱す無政府主義者とみていたからです。

たとえばこの事件が、ボストンのピューリタンもまた、教理統一主義者だったことを示しています。

+++

筆者の見解は現代の歴史常識には受け入れがたいので、繰り返します。

公式歴史書は、この事件をスキップしています。

わからないからスキップするのです


そして、公式の専門書や教科書は、アメリカに渡ったピューリタンを自由の申し子のように書いている。

これでわかりましたか?

自由吟味者への無知は、ここでも間違った公式歴史記述を世界規模で生み出している。

英国史と並んで、米国史も間違いだらけなのです。





+++

以上、まず、英国ピューリタンの基本理解を述べました。

彼らの動きは、英国内に、連鎖反応を次々に引き起こしていきます。

それは次回以降に書くとして、今回はここまでと致しましょう。


(Vol.31 英国ピューリタンの実像     完)









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Vol.31 自由吟味者、英国へ移住 !

2016年06月07日 | キリスト教の正しい学び方






こんにちわ。

「キリスト教の正しい学び方」、本日も続けて参りましょう。

1535年は、ヘンリー8世が英国国教会を強引に設立した年です。

英国の精神史を時代区分する、画期的な年です。

ルター改革がスタートした1517年と並んで記憶すべき年なのです。

+++

聖句自由吟味者を視野に入れることによって、そのことは初めてわかります。

そしてその知識は、「正しいキリスト教の学び方」に不可欠な要素を構成しています。





<現代メールリストを超えた情報効率>


聖句自由吟味者たちは、驚くべき情報ネットワークを形成しています。

彼らは小グループに分かれて、リーダーを一人おきます。

そのリーダーたちが常時連携状態を保ち、交信し合っています。

その様は、今も米国南部のサザンバプティスト地域でみることができます。

+++


中世欧州では、その情報パイプはとりわけアクティブでした。

彼らは、常に逮捕・拷問・殺戮される状態の中で生きていました。

だから些少な変化があっても,即座に知らせ合わねばならない。

その情報は即座にリーダーに連絡され、各々がグループメンバーに伝えます。

このようにして、ネットワークに常時情報が流れていると、そのパイプはきわめてアクティブな状態を保つのです。



+++



このネットワークは、現在の電子メールリストによるそれよりも効率的に機能したでしょう。

自由吟味者は、全員が同じ様な世界観、歴史観を共有しています。

そのような全体観は、日々起きる個々の事項をその中に位置づけ、解釈をもたらします。

取るべき行動の方向も定めます。

だから、メンバーはどんな事件にも似たような解釈と行動見解をもつことになる。

すると、迅速なわかりあいが可能になって、ネットワークは驚異的な効率を発揮するのです。





<自由吟味者は大量移住したに違いない>


「イギリスでカトリックの僧侶たちが追放され、独自の国教会ができた」

「宗教活動が大幅に自由になった」

そういう情報も、欧州大陸の地下で活動していた自由吟味者には即座にいきわたりました。

取るべき行動も、阿吽の呼吸で方向付けられました。

彼等はすみやかに英国への移住を開始しました。

+++


ところでそんなことは、公式の歴史教科書や専門書には全く書かれていない。

そんなことさらっといっていいのか。

鹿嶋はどんな実証資料を基にそれをいうのか。

~そういう疑問を抱く読者もおられるでしょう。



答えは・・・、

~それを直接示す文献資料などもちあわせていない・・・です。

だったらそれはあまりに大胆ではないか。

学問的におかしいではないか。

~こういう感想もあるでしょう。


だが、あえていいます。

~「それはおかしいことではない」と。


+++

考えてみましょう。

自由吟味者たちはいつでもどこでも、信仰上の身分を隠して暮らしていたのです。

「社会の秩序を乱す無政府主義者」と危険視されていたのでそうするしかなかった。

それが国外移住するとなったら、その公式の文献資料など残るがありません。

だが、ないからといって、何も言ってはならない、ということにはなりません。

筆者は実証資料の大切さを否定するものではありませんが、「実証主義」には反対です。

それは歴史記述者の想像力を、非常にしばしば妨げるのです。

+++

余談ですが、戦後の社会科学者には形式的な実証主義にしがみついて食べている人が多いです。

鹿嶋は、自分の生業(流通経済学、マーケティング学)をその大勢のなかで行うのに苦労してきました。

いまもそうです。


+++

話を戻します。

自由吟味者が、後にアメリカ大陸に移住する際については、

「小さなグループに分かれて乗船した」

「数多くまとまって渡航すると不審に思われるからだった」

~といった回顧の資料はあります。

だが、それだって、後年の回顧です。

乗船者の信仰上の身分を記した実証資料など、存在するはずありません。





<自由吟味活動広がる>

だが事実として自由吟味者たちは、大挙して英国に移り住んだのです。

それをないことにしたら、以後の英国史には漠然としたところがどんどん出来ていきます。


英国では、彼らは社会の表面に出て活動しました。

そして、その真摯な聖句吟味の姿に心打たれ、群れに加わる人が多く出ました。


+++

元英国女性首相サッチャーの回顧録にもその一端を垣間見る話があります。

彼女の両親は雑貨店を営んでいました。

そのもとに幾人かの大人が影のようにやってきた。

そして両親と共に聖書を開いてなにやらひそひそ話し合う。

終わると彼らはまた影のように去っていく。

そういうことが周期的にあったと、少女時代の思い出として書いています(日本経済新聞「私の履歴書」)。






+++

これは自由吟味者のスモールグループ活動以外のなにものでもありません。

彼女の両親も群れに加わっていたのです。

サッチャーの読書好きも、幼少からの家庭の空気によるところが大きかったのかもしれません。






<精神活性化の仕組み>


自由吟味者たちは英国一般人民に広範な影響を与えはじめました。


+++

ここで 再び示しておきましょう。

聖書を自由に吟味する人達は、どうしてその精神と知性が活性化するのか。

聖書はこの世界で「真理(変わらざる究極の知識)への夢を提供する」唯一の書物です。

そこには「万物の創造神が人間に伝えたメッセージが含まれている」という可能性があります。

そういう夢を期待させる唯一の書物です。


+++

そのつまるところの真偽は、認識能力の有限な人間にはわかりません。

ただ、実際に探求してみると、「これは究極の真理では!」と思える知恵にぶつかるのです。

人間が経験から得た知識と思えないような、驚くべき知識に遭遇する。


それに触れると、人の精神と知性は電気に触れたように覚醒され、活性化します。

この書物の吟味が精神活力にもたらす効果には、強烈なものがあるのです。


そして、この聖書の言葉の吟味を、スモールグループで行うと、活性効果はさらに飛躍します。

自由吟味活動では、このスモールグループ方式を、定番のようにして併用しています。






<七つの海の支配者に>

自由吟味者たちの活き活きした姿に触れ、取り入れて、英国人民の精神は活性化しはじめました。

後の18~9世紀になると英国では、自由吟味活動が醸し出す活性蒸気が地面から沸き昇ってくるような状態になっています。

この空気を触覚することが、英国史の総合的理解のカギにもなります。

+++


近代英国が突如、スペインの無敵艦隊を撃破し、七つの海を支配して黄金時代を迎えたのも、この人民活力によります。

欧州大陸では、カトリックとプロテスタントが連合して教理主義的思想統制を維持していました。

一つの正統教理を定め、それでもって人民の精宗教活動を抑圧していけば、人民精神は沈滞します。

他方、英国では自由吟味で人民の精神は活性化した。

この対照が結果的に、大陸の老舗大国の相対的地盤沈下をもたらしたのです。





<判例法と大陸法>


余談です。

英国の法体系が、判例ベースの判例法になるのも、自由吟味の精神土壌によります。

従来、全欧州の法体系は、ローマ法の法典をベースにしたものでした。

そのなかで、判例ベースの法体系が英国で出現した。

それによって、従来の体系は欧州大陸だけのものとなり、大陸法と呼ばれるようになった。

+++

英国でこんな奇跡的なことが起きたのは、自由吟味活動が立ち昇らせた蒸気による以外に考えられない。

個々の聖句を自由に吟味しつつ個別的に理解を深めていく、という思考方式は、判例法の方法そのものです。

自由吟味の精神土壌がなかったら、判例ベースの法体系は出来上がらないのです。




(Vol. 31 自由吟味者、英国へ移住!  完)













コメント
この記事をはてなブックマークに追加