徒然なるままに

過去から未来へ

ナイルの水を飲んだ者はナイルに帰る・・・。①

2017-07-15 19:22:25 | アフリカ
スーダンの首都ハルツームは、ブルーナイルとホワイトナイル
が合流する地点だったので、2年間の赴任中どちらの水をよく
飲んだのかわかりません。

ところで、家の前のところどころに写真のような水の入った素
焼きの甕が置いてあり、備え付けのコップで自由に飲むことが
出来ます。

外気は30度を超えるものの、素焼きの甕は空気を通すので冷
えるらしく、意外と冷たく感じるそうです。

甕の中をよく見てみるとボウフラのような虫が、水面で動いて
います。

地元の人に衛生的に問題ないのか聞いたところ、問題ないとば
かりに、備え付けのコップで甕の上部の縁を叩くと、すぐにコ
ップで甕の水面の水を掬って飲みました。

甕の上部の縁を叩くことにより、一瞬ボウフラのような虫が水
中に沈むので、すの瞬間に表面の水を掬い取るのです。

日本人の同僚は気にせず飲んでいましたが、私は決して飲むこ
とはしませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷たい水を飲むまでに・・・。④ | トップ | ナイルの水を飲んだ者はナイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アフリカ」カテゴリの最新記事