goo

ウィンドプロファイラ

平成18年9月16日の牛の背、天狗塚、西熊山、三嶺の山稜は 、台風13号の影響で 強い風が吹いていた。

一般に、独立峰では、上空の風が そのまま 山頂での風向きになる。 山頂気温も上空の高層気象の温度がそのまま現れる。
しかし 私がよく通うこの山域は 通称「剣山山地」で 様々な山並みが連なっていて、独立峰のように 上空の風がそのまま現れにくいく、局所的に 地上風が強く なるところがでたり、風下になり 風の弱まるとこころがでたりする。山岳波といわれる影響もあるのだろう。

一般的にいえば、この山域の山稜上での地上風の風向きは その場所の 地形に大いに影響される場合が殆どだ。

過去には剣山山頂で 有人気象観測が行われ、また無人観測の時期があったが、既に廃止されている。剣山山頂の気象

今日 入手できる上空の観測値、 純然たる 気象データとして、上空の風向き や 風速は 高層気象図によるほか ウィンドプロファイラによる観測値が参照できる。
平成18年9月16日のような天気では気象庁のウィンドプロファイラ(2001年4月から運用開始)が役に立つ。ウインドプロファイラは高度5kmまでの下部対流圏の風を高精度・高分解能で測定できるという。

この日の 風向き 風速を ウィンドプロファイラの観測値で、この山域の近くで 参考値として採用できるのは 観測地点 「高知 」で高知県高知市 北緯 33.57 東経 133.55 アンテナ標高 3mである。


気象庁HPから


この観測値を見ると
高度1000mから2000m間で南東 南南東の風が 吹いていたことがわかる。
この影響で この山稜では 部分的に かなり強い 風が吹き抜けたのである。

9月17日の台風接近時の上空の風は以下の通り。





気象庁HPから引用


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 菅生蔭 久保蔭から久... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。