goo

祖谷街道

祖谷街道

「落合集落では標高の高い位置から開発が進められ、祖谷川沿いの地区は比較的新しい。
祖谷川沿いを走る祖谷街道(現在の国道439号)は池田から出合発電所、西祖谷、落合を経由して久保まで至る祖谷街道として、明治35年から開発され、大正9年に開通した。
これにより交通の利便性が向上し、祖谷地方における物資の流通が盛んとなる一方、かずら橋はその主な役割を終えた。
昭和28年の大火により祖谷街道沿いの郵便局や駐在所、商家などの多くを焼失したが、復興され、祖谷街道に面して商店や住宅などが建ち並んでいる。」


菅生蔭 久保蔭間 旧道にある 63番遍路標石。
平成18年12月16日撮影


その昔、久保 菅生 間で 八十八カ所が整備された。

よもやま話

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 案山子 三嶺(1893) 西... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。