goo

重文 小采家 住宅

平成20年10月18日撮影

いやしの温泉郷にある 重文 小采家 住宅。


看板拡大
昭和58年(1983年) 移築されてから 25年。

カヤ場の育成から 古い屋根材の再活用など、かつて循環型社会の象徴だった カヤ葺き屋根の葺き替え作業。

今日 行おうとすれば 多大の 困難と 労苦や 費用が 嵩む。
 
循環型社会が望ましいのだが それを目指すのも 簡単でない。





「 ?庵」(ちいおり) 
2009年
“ちいおり”に暮らして


平成20年10月18日撮影

よもやま話

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 四輪駆動のゴ... 「自分の山」 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。