goo

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム




「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム。
2010年2月27日開催



2009年7月 トムラウシ山の遭難事故


ツアー登山による 大きな山岳遭難事故(ツアー登山2009)



日本山岳ガイド協会の報告書[トムラウシ山遭難事故調査報告書(最終報告書)]なども 今般 だされたが 事故の再発防止の観点から 早急にしなければならないことなど 一杯ある。

シンポジウム会場では色々な観点から 活発な討議がなされた。



遭難事故の責任追及でなく 事故の再発防止を第一に考えて討議するという とても参考になった いいシンポジウムであった。


日本山岳サーチアンドレスキュー研究機構
「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウムの当日の資料集(上の写真)が下記URLにて配布されています。(PDFファイルにてダウンロードできます。)

http://www.imsar-j.org/2009-04-23-09-38-06/2009-04-23-10-26-43/97-2010-03-04-08-13-46.html

---------------------------------------------
トムラウシ シンポジウムで 感じたこと


昨今の登山の風潮として

■なぜ トムラウシなのか いわゆる「著名山ブーム」

遠路 わざわざ 限定された 時間で 悪天候の中でも 無理して ピークハント の縦走を ツアー登山するというのも  著名山ブームに踊らされているのでは?

 もっと 他に違う登りかたで登ったり  他にいい 登るべき山は たくさん あるのでは? 

■旅程保証義務 と 安全配慮義務

表向きの 建前としては 安全が優先するのだが、本音 としては 著名山 ピークハント のツアー参加者からの強い要望などあって ガイドも エスケープ後の旅程日程の調整などなど 面倒な手続き 更には 会社からの評価など 考慮すると 少々の悪天候でも強行しやすいのが現状なのだろう。

■みんなでいけば 大丈夫? 

雪崩危険地帯でもそうだが 悪天が予想されても 皆が行っているから 大丈夫だろうと つい つられてしまう 危険が潜んでいる。

報告書の中にもでているが、2009年7月16日 ヒサゴ沼避難小屋で 出発を躊躇っていた 組織登山者の一行もツアー登山の遭難パーティーにつられて 30分後に小屋を出発した。

一行は 途中で遭難パーティーを追い抜き 何とか無事だった。


■「引率型登山」が増えてきているとか

 学校集団登山 ツアー登山 ガイド登山などが 典型的な「引率型登山」だったのだが 今日 その引率型が 流行のように どんどん広まってきているという。


■組織登山も 高齢化

かつては 山岳会、山岳部など一定の組織の傘下にある組織登山者にたいし、未組織の いわゆる未組織登山者の問題がおおきな課題であったが  組織登山団体も 今日 高齢化してきた。

本来 自己責任の原則で 活発な登山活動を行っていた 組織登山者も 高齢化してして、会には 後継の若年者がいない のが現状だ。


■組織登山者も 教育機能が低下

未組織登山者にたいし 組織化されて 一定の教育機能を持っていた組織登山者の所属する 一般山岳会も いまでは 若年層が減少し 全体的に 高齢化し 老から若への教育機能が低下している。

その結果 老から老 さらには 結局は 引率型登山の組織へとなりつつある。

■組織登山団体も引率型へ?


端的に言えば「連れていって」

自分で登る山を探し 計画し 山を登ることしかなかった時代から 山といえば ツアー登山か 引率型一般山岳会・同好組織・NPO組織などなんでもいいのだが 誰かに連れていってもらう という形へと 変化しているという。

■安全配慮義務
 
「引率型登山」となれば リーダーに安全配慮義務がでてくる。
 

■トムラウシでは 「ツアー登山」の問題だったが

 引率型登山では 事故でもあれば 山岳会・同好組織・NPO組織でも 安全配慮義務が問われる。

安全配慮義務の 商業ツアー登山だけでなく NPO組織 山岳団体でも 民事責任が問われる。 

引率型登山から
登山者のレベルアップをいかにするか?
リーダーも責任が重い。


■主体性をとりもどすこと

他人任せの「連れっていって」の引率期待型の登山者を いかに 登山者本来の 主体性をどう確立して 自立できる 登山者にレベルアップするべきか?

難しい課題だが これから 考えていかなくては いけないと思う。


---------------------------------------------

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム


共催
社団法人日本山岳協会
日本勤労者山岳連盟
日本山岳サーチアンドレスキュー研究機構 


13:00    開会 総合司会  古賀英年
黙祷
挨拶 内藤順造(社団法人日本山岳協会副会長・専務理事)

13:10---13:25 Ⅰ.戸田氏による「トムラウシからの生還」  (15分)

13:25---15:30 Ⅱ.トムラウシ遭難事故の原因と背景について
座長 村越真 {8人×15分(発表12分、質疑3分)=2時間}
①(報道側から見た)トムラウシ山岳遭難事故の外観と推移
岩城史枝(岳人編集部)
②山岳遭難事故におけるトムラウシ問題の位置づけ
青山千彰(IMSARJ)
③トムラウシ遭難時の山岳気象について
城所邦夫(元気象庁山岳部)
④トムラウシにおける低体温症について
船木上総(苫小牧東病院副院長
⑤マスコミの問いに対する、登山専門旅行会社の見解
黒川 惠アルパインツアーサービス株式会社代表取締役)
⑥ガイドの意思決定のあり方について
磯野剛太(社団法人日本山岳ガイド協会理事長)
⑦トムラウシ遭難事故の法的問題
溝手康史(弁護士)
⑧山岳団体から見たトムラウシ問題
西内博(社団法人日本山岳協会遭難対策委員長)

15:30---15:40 休憩

後半の部; 8人のパネリストと、会場の参加者との共同討議 

座長 青山千彰

15:40---16:40 事故の原因と問題点に関する総合討議
16:40---17:30 ツアー登山における遭難事故防止のあり方について
17:30 閉会挨拶 井芹昌二(日本勤労者山岳連盟副理事長・遭対委員長)

---------------------------------------------



ところで
社団法人 日本山岳ガイド協会
トムラウシ山遭難事故調査特別委員会による
トムラウシ山遭難事故調査報告書(最終報告書)がでた。

社団法人 日本山岳ガイド協会ホームページでは3月1日に公開予定だ

http://www.jfmga.com/


もう 既に下記のURLのウェブサイトにて公開されている。

http://subeight.wordpress.com/

最終報告書 中間報告書

----------------------------------------------------

「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム その2
トムラウシ山遭難事故に関して 今後の教訓として 思いついたこと

 トピック的に その2



「トムラウシ遭難事故を考える」シンポジウム

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 三嶺(1893) 西... 「トムラウシ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。