goo

平成26年1月19日 三嶺(1893)

平成26年1月19日 雪 曇り

三嶺(1893)

【記録】

いやしの温泉郷 駐車地点発 3:02 -- 林業作業小屋跡 5:01 --1791m標高点 8:06 --菅生下山口標識 8:54 ---三嶺ヒュッテ 9:01--- 三嶺 (9:32-10:36)---三嶺西峰 引き返し地点(10:43-10:47)---三嶺 (10:59-11:03)---三嶺ヒュッテ (11:27-12:22)--菅生下山口標識 12:25-- 1791m標高点 12:49--林業作業小屋跡 13:34--いやしの温泉郷 着 14:10

【山頂】

三嶺「マイナス13.2度 北9.6m 曇り 地吹雪 ガス流れる 西熊 高ノ瀬 丸石 ウッスラ見える 」(累計登頂回数 401回)

祖谷谷は 雪。

いやしの温泉郷、降雪のなかで暗いうちから 出発。

新雪で すっかりトレースは埋もれ はじめから ラッセル。

上に行くにつれ 雪は深くなる。

三嶺山頂まで6時間半。

縦走は難しそうだと思いつつも、
念のため 西熊山 方面の縦走路へ 行ってみたが
 三嶺西峰 テキサスゲート 付近までで 縦走断念。

吹き飛ばされそうになる風、降雪直後の激しい地吹雪、吹き溜まり。
降雪直後で 雪面が まだ安定していない。
やはり 縦走は やめておいたほうが 無難だ。

三嶺ヒュッテへ戻り 休息後 いやしの温泉へ下山。

http://youtu.be/wjJVat-IlGM



平成26年1月19日 三嶺(1893)


ピカサ写真


道の駅 にしいや 雪が降る


京上トンネル マイナス一度


菅生


いやしの温泉郷


民家


モノレール


ラッセル


林用作業小屋 跡


登り


トレースを振返る 明るくなってきた


トレースを振返る


1791m標高点から 三嶺を見る


東側へ 張出しあり 注意だが 降雪直後で 歩くと 一部崩れる。


雪が深い


鹿よけフェンスは 先週より さらに 雪に埋没。


北側を 振返る 祖谷谷は真っ白


菅生 下山道 分岐標識


三嶺小屋 入口は雪で埋まっている 小屋へは入らず 山頂へ向かう


入口


三嶺山頂近づく


三嶺ヒュッテ方面 振返る


三嶺山頂 最後の上りを しっかり 見て 確認。


南側の 張出しが大きいし 降雪直後だけに 不安定だ。


三嶺 登り


三嶺 山頂


三嶺山頂 西熊方面


マイナス13.2度 9.6mの風  ここで 一時間滞在になるが 寒かった。


白髪山 方面


祖谷谷。 真っ白。


西熊方面


西熊方面


南面 例年 雪が寡い時は 鹿が いっぱい いるが 今冬は 雪で全て埋まってしまって 鹿はいない。


テキサスゲートまで行くも ここで 縦走断念。
強風、降雪直後の 地吹雪、吹き溜まり 、雪の不安定さ。 ちょっと条件が悪い。


三嶺山頂を西側から見る
希望のコルの フスベヨリ谷側への 張出しが大きい


希望のコル付近  


西熊方面


祖谷谷


三嶺山頂を 振返る


三嶺山頂を 振返る


三嶺ヒュッテ方面


三嶺ヒュッテ方面


三嶺山頂を見る


三嶺 池の付近


三嶺南面の 鹿フェンスも埋もれている


三嶺ヒュッテ


入口を除雪 中に入った


東側 窓は 雪に埋もれている


三嶺ヒュッテ 東側


下り


1791m標高点から 三嶺を振返る


下り


林用作業小屋 跡


モノレール中間駅


人家


いやしの温泉郷着


菅生 三嶺生コン 付近


菅生小跡


国道439号


中上


善徳


にしいや 道の駅


平成26年1月19日 午前9時 地上天気図


平成26年1月19日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成26年1月19日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成26年1月19日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画












川の防災情報



  • 趣深山shumiyama.com 平成26年1月19日
  • 趣深山Jimdo 平成26年1月19日
  • 平成26年1月19日 fc2
  • digi2 平成26年1月19日
  • 趣深山ブログgoo 平成26年1月19日
  • 趣深山ブログfc2 平成26年1月19日



  • コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
    « 平成26年1月12... 今週末は 気... »
     
    コメント
     
     
     
    最近観ない風景ですね。 (河童)
    2014-01-22 22:02:05
     いつも三嶺の貴重な情報をありがとうございます。
    私も今冬の雪は細心の注意を要すると考え
    今まで登頂は控えています。
     また今週末も温度が上がり
    場合によっては三嶺も雨が降りそうなので
    さらに弱層が形成される事が考えられますね。
     私は一泊装備を背負っての山行となるので
    もう少し様子を見たいと思います。
    趣深山さんも決してご無理なさらぬよう
    お願いいたします。
     
     
     
    適切な アドバイス ありがとうございます。 (趣深山)
    2014-01-23 18:57:49
    河童さん

    > 私も今冬の雪は細心の注意を要すると考え

    適切な アドバイス ありがとうございます。

    降雪中、降雪後、気温急上昇、など 南国特有の急な変化。 

    雪の状態など 毎回 毎回 違った表情を 見せてくれるのが 雪山。

    登ろうと思っても 人の おもいどうりには なりませんね。

    > 趣深山さんも決してご無理なさらぬよう

    ですね、毎回 与えられた 条件のもとで 無理のない範囲内で 山歩きを 楽しんで いこうとおもっています。

    まあ あわてず ゆっくり 腰を据えて。

    じっくり。じっくり。。。ボチボチ。。。

    気をつけていきます。
     
    コメントを投稿する
    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
     
    名前
    タイトル
    URL
    コメント
    コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
    数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
     
    この記事のトラックバック Ping-URL
     


    ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
     
    ・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
    ・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
    ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。