NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

「昇降機の適正な維持管理に関する指針」国土交通省公表

2016-02-25 21:14:33 | マンションに関する最新情報

 集改センター副代表枝理事からの投稿です。

 2016年2月19日、国土交通省はエレベーター等の適正な維持管理の指針を公表しました。

 エレベータの保守管理は、メーカ系の会社がほぼ独占。
 独立系の保守会社への修理部品供給が前向きでない。
 メーカーは機器の保守点検マニュアルを公開しない。
 メーカーは機器の不具合や欠陥を公表しない(リコール)。

 自動車メーカーは整備保守業者に、部品、マニュアルを完全公開し、欠陥があればリコールを公表します。

 エレベータメーカーはなぜこうも閉鎖的なのか。
 車もエレベーターも人命にかかわる機器である。
 エレベーターの保守契約は「公正取引」「独占禁止法」に違反していないか。

 このような、批判を受けて、国土交通省は数年前から検討を重ねてきたのです。
 そして2月19日に「昇降機の適正な維持管理に関する指針」を公表しました。

 <指針の概要>
 エレベーターの
 ①「所有者」「保守点検業者」「製造業者」の役割を明確にする。
 ②所有者が維持管理に関してなすべき事項
 ③保守点検業者の選定に当って留意すべき事項
 ④保守点検契約事項のチェックリスト

 詳細は下記のHPを参照ください
 ◆国土交通省HP
 http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000607.html

 【ご参考】パブリックコメント結果

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155120705&Mode=2

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出張集改塾の報告(塾長から... | トップ | マンションで民泊経営ができ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。