NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

第136回 スキルアップセミナー 報 告

2016-03-07 18:03:55 | スキルアップセミナー

  集改センターのスキルアップセミナーの報告です。

 開催日:2016年(平成28年)3月2日(水)
 テーマ:「マンション再生&長寿命化」
 ~マンションにおける二つの老い(建築・人物)について考えてみる~
 講 師:松山 功(代表理事、一級建築士)



 <セミナー概要>
 ① 居住者(人)の老いについて「高齢化人口の推移」「人口・世帯数の推移」「高齢者世帯数の推移」をグラフで見る。
 ②
 人口推移(少子化・高齢社会の到来)を、国土交通省のグラフで見る。主要国65歳以上の人口割合では、2000年に日本がトップ(18%)とな、020年(30%)、2050年には40%となる。
 ③
 マンションの老いでは、築30年を超えるマンションは、約20年後には450万戸となりマンション全体の50%を占めるであろう(内、築50年超:150万戸)。
 ④ マンションの建替えの実施状況、建替え事例、建替え成功要因、失敗要因等の紹介等の説明が行われた。



 ~ 次 回 開 催予 告 ~
 ■第137回スキルアップセミナー 2016年4月6日(水)午後3時から
 テーマ:「理事長の権限範囲と責任」
 講 師:九鬼正光氏(弁護士、NPO集改センタ一正会員)
 管理組合の理事長の権限は何に基づくものか。
 具体的な管理業務を単独で執行できるのか。
 理事長が独断専行したときの責任は、管理組合か個人か。
 さらに、管理組合と取引する、コンサル、工事業者、管理会社、保守点検業者等
 管理組合との契約・取引に注意すべきことは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンションで民泊経営ができ... | トップ | 第22回 集改塾 「マンショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。