NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

NPO集改センター 第148回 スキルアップセミナー報告

2017-05-18 15:57:11 | 集改塾

第148回 スキルアップセミナー報告

開催日:2017年(平成29年)5月10日(水)

テーマ:大規模修繕工事で行うべき工事とその必要性

講 師:田中 隆宏(本会・正会員/1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士)

 

<セミナー概要>

■大規模修繕工事とは

「マンションの経年劣化等に合わせて実施する計画的な修繕工事」のことを言います。

大規模修繕工事を行う目的は、コンクリートやタイルの落下等による事故防止、雨漏りや漏水等の不具合の解消・予防、躯体・鉄部等の耐久性の確保、塗装等による美観・快適性の向上、バリアフリー化等で居住性・機能性の向上を図ることにあります。

■マンションの寿命は?

 現在、竣工から50年を超えるマンションは5万戸を超えるとも言われています。国土交通省の予測では10年後には今の10倍を超える戸数になると考えられています。ではRC造、SRC造の建築物の物理的な寿命とは何年か?これも国土交通省の資料ですが、推定で117年、外装仕上げによって延命すれば150年は持つとしています。これからすれば十分100年は持つといえます。また大手ゼネコンではすでに200年の耐久性を持つコンクリートが開発され、500年の寿命を持つものの開発も進められているようです。

■建物の経年劣化と劣化調査

 建物はコンクリートの乾燥収縮等や酸性雨・紫外線等の自然現象、経年による塗装等の剥がれといった様々な要因により劣化が起きます。外壁においてはひび割れ・塗膜の浮き・タイルの剥落等、鉄部は腐食等、外壁・サッシ廻りはシーリングのひび割れ、亀裂等、屋上においては防水層の亀裂・浮き・たるみ等、バルコニー・廊下は塩ビシートの端部の剥がれや変色等が発生します。こういった劣化の調査として、目視および打診による調査のほかに、機器を使った塗膜付着力試験、コンクリートの中性化試験、シーリング材の引張試験等で各部位の調査を行います。

■工事のポイント

下地補修工事は建物本体のひび割れ、欠損部、浮き等を補修するもので、打診調査をした上で実施します。ひび割れは確実に補修しておかないとますます劣化を早めます。シーリング工事は劣化したシーリング材を除去し、新規のシーリング材を打ち込むことで外部からの雨水の侵入を防ぎます。内外壁塗装工事は塗料を新たに塗り重ねることで、躯体への雨水の侵入を防ぐとともに、美観を向上させるために実施します。鉄部工事はその耐久性向上のために行うもの。なお鉄部工事は6年に1度程度行うことが望ましいとされています。防水工事は降雨等による水の侵入を防ぐことを目的とした重要な工事です。屋根の形状や素材によって劣化の差が大きく違ってきます。階段・廊下は部分補修が可能だが、バルコニーの工事は足場の設置が必要なため、全面改修を行うことが望ましいとされています。

~次回開催予告~

■第149回スキルアップセミナー 2017年6月7日(水)午後3時から

  テーマ:改正「個人情報保護法」が施行。改正内容を検証する。

  講 師:中島 亮平(本会・正会員・管理運営事業部/弁護士・マンション管理士)

◎    5月30日に施行される改正法とは。管理組合も個人情報取扱い事業者になる。管理組合として対応しなければならない事項とは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NPO集改センターの第34回 集... | トップ | 集改センターの第35回 集改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。