NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

第126回 スキルアップセミナー 報告「マンション建替えの法律を考える」

2015-04-02 21:20:45 | スキルアップセミナー

 集改センターの第126回のスキルアップセミナーの報告が届きました。


 第126回 スキルアップセミナー 報告
 開催日:2015年(平成27年)4月1日(水)
 テーマ:「マンション建替えの法律を考える」
 講 師:九鬼正光(弁護士、NPO集改センター顧問)

 <セミナー概要>
 マンションの建替えに関する法律は、様々な社会情勢を背景に、制定と改正が行われてきた。
  最初に区分所有法が制定されたときは、建替えに関する規定はなかった。

 その後、法改正により5分の4決議による建替え規定が追加され、阪神淡路大震災がきっかけで、更に改正が行われた。これに連動して「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」が制定された。

 ■昨年の12月には、耐震基準不足のマンションの建替えと除却(建物解体と敷地処分)に関する法律が施行された。これによりマンションデベロッパーの株価が上がったらしい。

 耐震不足が判明した場合、耐震改修か除却かの判断は誰がするのか。その判断基準はどうなっているのか。国土交通省は、その判断は管理組合が主体的に行うものとしている。
 またまた、管理組合に重い課題が生じている。



 ■さらに、耐震診断を行う場合、その入口で多くの難問が生じている。つまり、耐震不足が明らかになったとき、耐震改修か除却か、どちらの認定を受けるのか、区分所有者の合意はどのように取るのか、方針も見いだせないまま、耐震診断を実施し良いのか。間違えば不安だけが顕在化し混乱が起こるのではないか。
 大地震に備えることは大事であるが、これらの運用は難問が山積みとなっている。


 ■建替え関連法の説明が行われ、質疑応答など、専門性の高い勉強会が行われた。


 ~~ 次回:第127回スキルアップセミナー 5月13日(水)午後3時から ~~
 テーマ:「認知症サポーター研修」
 講 師:大阪府社会福祉協議会
 認知症の方への接し方、見守り等、理解と行動方法を学びます。
 マンションに係わる企業、団体、個人の方は是非受講をお勧めします。

 管理組合の方をはじめ、マンション管理士、設計コンサルタント、大規模修繕の現場等、マンション居住者と接する方は「認知症サポーター」を受講してみませんか。受講者に支給される「オレンジリング」を付けて業務に従事すると、管理組合の信頼が増すでしょう。
 <ご注意> 5月のスキルアップセミナーは連休後の「第2水曜日」です。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MKSフォトコンテストの住宅局... | トップ | 集改センターの第12回 集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。