NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

集改センターの第131回 スキルアップセミナー 報 告

2015-09-06 16:38:58 | スキルアップセミナー

集改センターのスキルアップセミナーの報告が届きましたので、お伝えいたします。

第131回 スキルアップセミナー 報 告
開催日:2015年(平成27年)9月2日(水)
テーマ:「ひび割れの原因と耐震性能について」
講 師:新保 勝浩(設計監理事業部 構造設計一級建築士)



<セミナー概要>


■ひび割れの原因について
コンクリートのひび割れには様々な原因がある。

①材料と調合、②施工不良、③構造(荷重)、④環境条件、これらが主なひび割れの原因となる。

①では、プラスティック収縮、沈み、温度、自己収縮、乾燥収縮、アルカリ骨材、鉄筋発錆、凍結融解等。

②では、生コン打設速度、型枠、支保工の沈下、養生不良、乾燥速度、振動、衝撃、配筋不良等。

③では、地震、不同沈下等、④では、外気温変動、中性化、塩害、凍害等が主な原因となる。


■ひび割れの基本対策
ひび割れのメカニズム対策を行う。拘束ひび割れの事前対策(誘発目地、鉄筋補強)構造設計時における対策(建物分離EXPJ、壁厚、配筋)等


■ひび割れの診断と補修
「コンクリートかぶり厚・塩化物量、中性化、鉄筋」と「ひび割れ幅・長さ」や「進行性」の調査を行い、補修要否の判定及び補修の目的と意味を明確にする。補修方法は「エポキシ樹脂注入工法」等、ひび割れの程度に応じて適正に実施する。


■まとめ
ひび割れの認識を広め、詳細な調査・診断に基づいて、適正な補強・補修を行えば、構造性能に関わるリスクは、大幅に低減できると考えられる。
◎マンション居住者にとって、ひび割れは心配ごとの一つです。耐久性能に影響は?地震が来ても大丈夫なのか?対策は・・・。セミナーはこれらの問題を解き明かしてくれました。



~ 次回予告:第132回スキルアップセミナー 10月1日(水)午後3時から ~


テーマ:「九鬼弁護士のブログから/ここが聞きたい」
講 師:九鬼正光氏(弁護士/集改センター正会員)


九鬼先生がマンションに関する問題を、様々な角度からブログで発言されています。その内容は、マンション管理、運営、建物瑕疵、生活、犯罪、苦情、防災、騒音他、30以上のカテゴリーに亘って記載されています。
是非、ブログをご覧いただいて、記載の中から議題をリクエストしてください。参加者全員で議論を盛り上げたいと思います。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年8月29日サンビオラの... | トップ | 第17回 集改塾 (塾生13名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。