憧れの氷河特急・スイス3大名峰とフラワーハイキング9日間 第3日目

2017-07-16 11:29:56 | 海外旅行
第3日目(2017.7.1土)

○ サンモリッツ(St.Moritz)~コルヴァッチ(Corvatsch 1,870m)~コルヴァッチ展望台(3,451m)~ムルテム(Murtel)(ムルテム(2,699m))…フォルクラスーウルレイ(Fola.Surlej 2,755m)往復ハイク)~コルヴァッチ~サンモリッツ駅~ムオタスムラーユ(Muottas Muragl)展望台(2,454m) ~サンモリッツ駅…ザンクト・モーリッツァー(St.Moritzersee)湖畔…サンモリッツ

連泊なので朝はちょっと余裕が有る。早朝近くの湖畔まで散歩、湖に湧き上がるモヤがなんとも神秘的。

朝食は6:30から。天候は晴れ。

ホテル出発時刻は7:45、ホテル前の循環バスの停留所へ。ここで今日の山岳ガイドの女性(棗(なつめ)さん、珍しい姓だ)と合流。エンガデンカード(このカードは一定期間のパスのようで、次のツアー団体に使い回ししているようだ)が配布され、ここから循環バスに乗りコルヴァッチへ向かう

バス乗車中、時によりパスの提示が求められることがあるようだ。

約10分でコルヴァッチに到着。ここからロープウエイを乗り継ぎでムルテム、コルヴァッチ展望台へ、眼下には、シルヴァブラーナ湖(Silvaplanersee)の姿が見事。



天候も良くピッツ ベルニナ(Piz Bernina 4,049m)などのベルニナアルプスを望むコルヴァッチ展望台からの展望は素晴らしい(30分ほど滞在)。



その後、ムルテムまでロープウエイで下り、ここから「フォルクラスーウルレイ往復のハイク」。2,500mを超えているところなので、ルートには高山植物が咲いている。また、数日前に降った雪がところどころ残っている。



約50分でフォルクラスーウルレイに到着する。フォルクラスーウルレイは、峠の頂上のような場所で小さな湖(沼)があり、ここからのベルニナアルプスの姿など眺めも最高。



帰りは45分ほどでムルテムに戻る。ここからはまたロープウエイでコルヴァッチへ。
循環バスを待ちサンモリッツ駅で下車し、近くのザンクト・モーリッツァー湖畔に立つレストラン(Hotel-Restaurant Waldhaus am See)で昼食(魚料理、ビール大を注文6CHF)。



昼食後は、自由行動になる。希望者20人はムオタスムラーユ展望台へ行くことになり、駅前から便利な循環バスに乗り5分で展望台への乗車口前に着く(エンガデンカードが大変便利)。

ムオタスムラーユ展望台へはケーブルカーで5分、展望台からは、遠くにザンクト・モーリッツァー湖畔やサンモリッツの街が良くみえ、反対の山側には三角のピッツ ランガード(Piz Languard 3,262m)などの山々や氷河が見える(40分ほど滞在)。ケーブルカーで下り、また循環バスでサンモリッツ駅へ。

ここから20人はあちこちに。小生は湖畔を歩き、途中から街中を散策する。湖畔以外は結構坂道が多い。COOPで買い物をしてホテルへ戻る。

夕食は、添乗員さんが希望者を募り5人でホテル近くのレストランでオイルフォンジュ(生のビーフ、チキンをフォンジュして)(グラスビールを注文、飲み物合わせて42CHFなり)。チーズフォンジュとはまた異なりさっぱりといくらでも食べられそうだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後蒔のきゅうり! | トップ | 憧れの氷河特急・スイス3大名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL