憧れの氷河特急・スイス3大名峰とフラワーハイキング9日間 第2日目

2017-07-14 16:36:39 | 海外旅行
第2日目(2017.6.30金)

○ ミラノ(Milano)~ティラノ(Tirano 429m)~(ベルニナ線)~モルテラッチ (Morteratch 1,896m)…(モルテラッチ氷河往復ハイク)…モルテラッチ~サンモリッツ(St.Moritz 1,775m)

 夜中に両足のふくらはぎが膠着、いわゆる「こむら返り」、機中での時間が長かったためかな?

 今日は出発時刻がちょっと早い6:30なので、朝食は5:30から。天候はまずまず。
 ヨーロッパでは2年ほど前から毎日宿泊税がかかる。本来ならばチャックアウト時に個人精算しなければならないが、添乗員さんが全てのホテルで立て替えてくれ、後日まとめて精算することになった。

 このツアーにポーターさんはついていないため、スーツケースは各自バスまで運ぶ。
 6:30ホテルをバスで出発、一路約187km先のティラノを目指す。途中、コモ湖(Lago di Como)の湖畔で15分ほどトイレ休憩するも順調に進み、ティラノ到着は9:40、ベルニナ線の電車発車時刻11:00までちょっと余裕があったのでアッダ川沿いの街中を思い思いに散策する。

 11:00発ベルニナ線は、2等車であるが1車両がツアーグループ予約済なのでゆったりと乗車することができた。いつもながら、海外の電車は事前連絡もなくいつの間にか出発。

 このルートには、途中有名なループ橋である「ブルージオのループ橋」を通過する。出発してしばらくすると、外は霧が濃くなってきて、雨が降ってきた。どんどんどんどん高度を上げて進み。いよいよ「ブルージオのループ橋」に近づきカメラを構えるが、なかなかシャッターチャンスがうまくとれない。あっという間に通過してしまった。



 モルテラッチ駅到着は12:39。駅前のレストランで昼食(ロシュティとソーセージ、このソーセージがとんでもない長さにびっくり)。ビールが飲みたかったが、これから歩くことを考慮しコーヒー(4.5CHF)を注文する。食事中雨が結構降っている。



 ここからモルテラッチ氷河往復のハイクは川沿いの一本道なので、ガイドなしで各自自由に行くことに。出発する頃には雨も上がり、曇り空。14:00に出発し氷河を間近で見えるところの到着は14:45。案内によるとこの氷河も毎年後退しているとのこと。所々にここまで氷河があったとの標識が立っていて、後退するスピードにびっくり。



 帰りは15:00に出発しモルテラッチ駅着は15:35。駅近くの駐車場にバスが迎えに来ている。

 16:15バス出発、約13km先の本日の宿泊地サンモリッツのホテル「ローディネラ(LAUDINELLA)」到着は16:30。

 夕食はホテル内で18:00から(ビーフ、とうもろこしなど)、ここで念願のジョッキビール(6.1CHF=約730円)を注文。明日もこのホテルに連泊なのでちょっと洗濯を…

 このホテルの室内に「当地の水道の蛇口をひねればアルプスからのおいしい湧き水が流れ出します!サンモリッツの水道水はスヴレッタ、アルプ、ジオップ、アルプノヴァ、チャンラレッラ、プレ・グリッシャを源泉とする天然水です。ご自由にどうぞ!」との案内があり、冷たくておいしい水であった。(海外では珍しい)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憧れの氷河特急・スイス3大名... | トップ | 後蒔のきゅうり! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL