憧れの氷河特急・スイス3大名峰とフラワーハイキング9日間 第4日目

2017-07-17 09:09:43 | 海外旅行
第4日目(2017.7.2日)

○ サンモリッツ(St.Moritz)~サンモリッツ駅~氷河特急(2等車)~アンデルマット(Andermatt)駅~ルツェルン(Luzern)…ルツェルン旧市街散策…ルツェルン~グリンデルワルト(Grindelwald 1,034m)

朝食は6:30から。天候は曇り。

今朝はスーツケースをパッキングしなければならず慌ただしい。今日はこのツアーで唯一ハイキングのない移動を兼ねた観光の一日。

7:30バスでホテルを出発しサンモリッツ駅へ。スーツケースは途中からまた同じバスに乗車するのでバスに積んだまま。

8:02発の世界遺産「氷河特急(2等車)」アルブラ線に乗車。列車は座席指定(16号車の41番)。この列車は、サンモリッツ始発でツェルマット行。このツアーでは、アンデルマットで下車し、途中、ルツェルンの旧市街を観光しユングフラウ地方の今日の宿泊地グリンデルワルトに向かう。




列車内には、イヤフォンが備え付けてあり、チャンネル切り替えで日本語によるガイドも楽しめる。前ライン川であるアルブラ川沿いに進み徐々に高度を上げていく。

フィリズール(Fillisur)駅を過ぎトンネル(ランドヴァッサートンネル)を抜けるとすぐに「ランドヴァッサー橋(Landwasserviadukt)」にさしかかる。この橋は、長さ142m、高さ65m、5本の石造りの柱で支えられたスイス有数の高架石橋である。トンネルを出てすぐということもあり、あっという間に通り過ぎシャッターチャンスが難しい。



クール駅でスイッチバックし、反対方向に進む。今日の昼食は、列車内でのコース料理。ここで白ワイン(5.5CHF)を注文する。
この鉄道の最高点であるオーバーアルプ峠(Oberalppass 2,033m)を過ぎると下り坂となり12:54アンデルマット駅に到着。駅前からバスで72km先のルツェルンへ。



ルツェルンは、中国人などの観光客でごった返しをしている。今までの静かな自然の中にいたことが嘘のよう。ルツェルンを敵の攻撃から守ることを主眼に、1333年に造られた橋で、橋の内側には17世紀に描かれたルツェルンの歴史についての一連の絵がある「カベル橋」など旧市街を1時間自由散策。



その後、本日の宿泊地であるユングフラウ地方のグリンデルワルトへ86kmのバスの旅。

グリンデルワルト到着は17:00。

宿泊ホテルは「セントラル ウォルター(CENTRAL HOTEL WOLTER)」でグリンデルワルト駅の前で、北壁が有名なアイガーが目の前である。残念ながらアイガーは上部が雲に隠れている。



夕食はホテルのレストランで18:30からで、例によって大ビール(5.5CHF)を注文する。

ホテルの各室内装飾がユニーク??


(最後の写真は、ほかの部屋を撮影させていただきました)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憧れの氷河特急・スイス3大名... | トップ | 憧れの氷河特急・スイス3大名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL