世界一幸せなお父さん

My lifework is making my family smile!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テスト

2016年05月17日 | Weblog
テスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスト

2015年11月30日 | Weblog
テスト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上に物申す!

2015年06月22日 | Weblog
あ~あ、やっちまった

朝礼でアホがものすごい上から目線でくだらないことを決定事項のように職員に強要するような発言をしたので、物申したところ、その上の人間が「まぁ、ええやん」と軽く流したことにわたくし激怒

その場は何とか大人の対応したけど、ここは後輩たちのために戦うべきと思って、該当の二人に完璧な理論武装してメールを送信
こんな若造から反論しようがない理論武装メール、頭くるだろうなぁ

メールの内容は冷静に理論武装されてるけど、心は全く落ち着かなかったので、上司に「こんなメール送っちゃいました。すいません」と報告
すると「五十嵐くんの言う通り、何も間違ってない。ドンドンブチまけて良いよ」との返事

先輩にも同じ報告したら、五十嵐くん間違ってない、五十嵐くんの正義感の強さは、何があっても貫いて欲しいと思っている、って言ってくれて、もう涙涙涙

上司も先輩もいつも背中を押してくれる
4年前、母親が台湾で大動脈が破裂して倒れたときも二人は「仕事なんか気にするな。お母さんのところすぐに行って来い」って言ってくれた
そんな上司と先輩に助けられて今日の朝、カァっとなって頭に上った血がやっと下に下りてきた感じがする

上に物申したのに、間違ってないって背中を押してくれる上司と先輩がいることに感謝
良い職場です。必ず恩返ししなきゃ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敢えて「教えない」指導方法が、俺は大大大好き!!!

2015年05月21日 | Weblog
カイのサッカーは火曜、木曜、土曜、日曜の週4日
週4日も通ってるのになかなか上達しない

なぜか?
それはコーチが教えないから

コーチは「答え」は教えないが「ヒント」はたくさんばらまく

・スペース空いてるぞ
・攻守の切り替え早くしろ
・パスを受けられるように考えろ

などなど、抽象的なヒントは与えても
答えは選手自身で導き出せるまでコーチはとことん選手に付き合う
技術を向上させるために大人が子供に方法論を教えるのは手っ取り早くて簡単だ

だけど、あえてすごく遠回りで
短期的な結果が求められるこの時代に
逆行するように、敢えて「教えない」指導方法が、俺は大大大好き!!!

この指導方法だと短期間では上達しない
そしていつか上達するって保証も無い

でも自ら考えられる能力が身につくと
いつか加速度的に技術が向上する瞬間がくると
コーチは信じていて、全く指導方針がブレない

当然試合では結果が出ないけど、練習ではたくさんのヒントを
与えて、選手が自ら問題解決したときにコーチが褒めまくる風景を
見ていると「うん、このチーム間違いねえなぁ」と思える

大人になったら否が応でも仕事で結果を求められるんだから
子供の時は短期的な結果よりも、いかに考える力ののびしろを
大きくしてやれるかだな

それが将来的に技術力、想像力の向上につながると信じて
週4日のサッカーに付き合おう

いいチームだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父親になって10年

2015年02月03日 | Weblog
今日は節分
カイが生まれて10年
俺が親になって10年

それはそれはあっという間の10年だった

今でもカイが生まれた時の感動は忘れてない
自分の命よりも大切な命がこの世に存在する感覚は新鮮だ

あれから10年
大変なこともいっぱいあったけど
毎日、人生の最高の日が更新され続けて10年が過ぎ去った

ものすごく深い谷底に突き落とされることもあるかもしれないけれど
これからも最高の日が更新され続けて、きっとエベレストよりも高い
山頂にたどり着けるような気がしている

自分の命よりも大切な命に感謝

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すげぁ放置してしまったなぁ

2014年12月08日 | Weblog
Facebookがあるとこっちに記事投稿しなくなるなぁ

今度ネタがあったら投稿しよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リフティング117回

2014年03月06日 | Weblog
出張のため、ただいま名古屋に移動中

そしてさっきユウコからメールが来た

‐‐‐‐‐
カイ、リフティング117回できたんだよ
すごい喜んで、お父さんに報告してって言われた
‐‐‐‐‐


二週間前に66回
一昨日に76回
そして今日117回

毎日継続すると、いつか加速度的に成長するときが来るんだね
いやぁ参りました


全然言うこと聞かないワガママ息子だと思ってたのに
まさか息子からこんなに学ぶ時が来るなんて想像してなかったなぁ



継続は力なり

カイにこの言葉の意味を教えてもらいました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

褒められたぁ

2014年02月27日 | Weblog
今日は水曜日だから定時にあがってカイのサッカーのお迎え
今日の練習後、コーチにカイのことベタ褒めされた

コーチ「カイねぇ、リフティング66回もできて本当にうまくなったんですよ」
しゅう「そうみたいですねぇ」
コーチ「カイの話だと、毎日庭でリフティング練習してるそうで」
しゅう「6月くらいにコーチから毎日少しずつでいいからリフティングやるようにって言われてからほぼ毎日続けてます」
コーチ「あのころカイはリフティング1回しかできなかったのに今じゃ66回ですからね」
しゅう「せまい庭で毎日続けてる成果ですかねぇ」
コーチ「継続してて本当にカイは偉いです。褒めてあげてください」
しゅう「恐縮です。カイのこと褒めておきます」
コーチ「体育館の端から端までリフティングで落とさずに行くのもカイできたし」
しゅう「そうらしいですねぇ」
コーチ「次にコーンを置いてそこをジグザグにリフティングで進んで端から端まで行けたんです」
しゅう「ほー、みんなに追いついてきましたね」
コーチ「いやいや、できるのは数人で、カイみんなのこと追い抜きましたよ」
しゅう「ありゃ、本当ですか」
コーチ「一番下手だったカイに追い抜かれてみんな悔しくて練習するようになってチームに良い効果がありました」
しゅう「恐縮です」
コーチ「今更ちょっと練習しても、毎日継続してるカイが差を広げるだけだけと思いますけど」
しゅう「・・・・・」
コーチ「毎日継続すること、本当に偉いです。褒めてあげてくださいね」


なあんて感じの会話した。
いやぁ、恐縮です。でもすげぇ嬉しかった。

継続は力なりだね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

継続は力なり

2014年01月21日 | Weblog
こんな寒い日に半袖の下着だけで過ごすうちのアホ息子が
俺が家に帰るなり、玄関まで走ってきて・・・

「お父さん、ジャジャ~ン、なんとなんとなんと、リフティング54回!!!!!」

「おぉ、マジかぁ、とうとう50回超えたかぁ、すげぇなぁ」

「やったね!これで来年の今頃は100回超えるな」

「いやぁ、頑張れば3年生の間に100回いけるぞ、あとは時間の問題だ!」

「3年生って、2月3月しかないよ~、100回はできないよ」

「何言ってんだよ、できるよ」

カイに「がんばれ」なんて言いながら
父ちゃんが息子から勇気をもらっちまったよ

6月の時点で3回しかリフティングできなかったのに
あれから7ヶ月で54回かぁ

やっぱり継続は力なりだな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マー君のメジャーでの活躍を願って

2013年11月05日 | Weblog
マー君が160球投げた翌日に再登板した

これには議論は尽きないけど、どれが正解って無い気がするんだよね

あの連投によって肩が壊れて選手生命を縮める可能性だってある

逆に連投しないで、前日の悔しさを抱えたまま来年を迎えて
来年この悔しさを晴らすために、今年以上の無理をして
肩を壊すことだって考えられる

肩は消耗品という観点から考えれば、ありゃ無謀だけど
気持ちという観点から考えれば、あれだけの球場の盛り上がり
そしてマー君の笑顔見て、あれが正解な気もする

だって「あとひとつ」をBGMに投球練習してる時の
球場の盛り上がり方、半端なかったでしょう
「160球の次の日に登板って、肩壊すよ」
って思いながらも「マー君、やっぱりすげえよぉ」って
感動してる自分もいて・・・どっちが本当の気持ちかわかなかった

星野は選手の身体を守る義務があるって意見もごもっとも
でもマー君の意思を尊重して投げさせてあげることができる
権限が監督にあるのも事実

これで肩が壊れても、逆にメジャーで大活躍しても
その結果に対する責任はすべて当人が負うんだから

目の前のこと、将来のこと、などなど様々なリスク、影響、効果を
考えたうえで星野監督もマー君も決断したんだろうから
その決断を俺は支持したい

肩が壊れるかもしれないし、逆にメジャーで大活躍かもしれない
良くも悪くも将来結果が出るときに、この連投は必ずターニングポイントに
なる歴史的瞬間だったのは間違いないし、その瞬間を生放送で見れた
自分をラッキーって思いたい

そしてできれば、この連投がいい結果につながって欲しいと願う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加