35歳からのアメリカ行政学・公共経営PhD挑戦

ノンキャリ国家公務員を辞め、アメリカ行政学・公共経営のPhDに挑戦するオッサンのブログ(毎週1回更新...たぶん)

スターダムへの予感

2016-11-19 11:14:26 | 研究・論文
 つい3日前に起こったことが現実なのか、未だによく分からずにいます。自分の博士論文から切り出した単著(single author)の学術記事が、行政・公共政策のNo.1ジャーナル Journal of Public Administration Research and Theory (JPART)よりRevise & Resubmit(修正して再提出)という審査結果を受け取ったのです(参考記事)...Top Journalに単著で論文が掲載されることは非常に稀ですし、自分みたいなPhDを卒業したばかりの非常勤講師が掲載できるような学術誌ではありません。ちなみに、ちゃんとpublishできれば、日本人初となります。

 師匠、学長、博士論文委員を務めた教授陣などには、一通り報告を済ませましたが、正直みなさん「えっ!?JPART...それは大変なことだ。」というような反応でして、「おめでとう!」のような言葉が時間を置いて出てくるような様子でした。今年の就職戦線をともに戦う後輩や同僚は顔を歪め、「まさか!?」というような雰囲気です。これがどれくらい今後の就職活動に影響してくるのかは、よく分かりません。もちろん、プラスに働くのは間違いないですが、大砲級に威力があり仕事を持ってきてくれるのか...期待せず結果を待ちたいと思います。

 今後は審査員のコメントに的確に対応し、修正する必要があります。審査員の反応は概ね好意的ですが、大げさではなく自分の全てをかけて臨むべき仕事です。キャリア初期の論文をTop Journalに掲載してしまうような人は、今後その分野を牽引していくRising Starのような存在だと思っていました。自分がそんな期待を背負うに足る実力があるとは到底思えませんので、浮足立たず謙虚な姿勢を維持していきたいです。
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ大統領(=。=|||) | トップ | 流れが変わる... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しみず)
2016-11-20 22:51:42
おめでとうございます!
Re: (ブログ主)
2016-11-21 00:25:51
しみずさん

 ありがとうございますm(_ _)m まだ出版が決まったわけではないので、気を引き締めて修正に臨もうと思います。
おめでとうございます! (まゆ)
2016-11-23 16:42:43
はじめまして。今まで読んでいるだけだったのですが、勇気を出して初コメントさせていただきます。
この度は本当におめでとうございます。
私も最近転職(行政学にも少しだけ関係のあるような仕事です)をしまして、新しい環境下で様々なチャレンジをする中、このブログにずっと励まされてきました。
本当に、自分のことのように嬉しいです(お会いしたこともないのにすみません…)。
まだまだこれからということなのかもしれませんが、今回のことが、素晴らしい未来へのステップになることを、心からお祈りしています(^^)
Re: (ブログ主)
2016-11-23 22:09:21
まゆさん

このようなコメントを頂けることが、本当に大きな励みになっています。今後も、是非気軽にコメントして頂ければ嬉しいです。

早速最近応募したいくつかの大学に、JPARTからR&Rを得た旨伝えたところ、4つの研究大学から好意的な返事がありました。先の見えない辛い時間が続いていましたが、何かが好転しそうな雰囲気です。

転職後新しい環境になれていくため、大変なこともあると思います。何事も全てうまくいくはわけではないのですが、だからこそ達成感が得られるとも感じています。まゆさんのチャレンジが実りあるものになることを、祈念しております。
ありがとうございます(^^) (まゆ)
2016-11-25 01:43:14
ご丁寧なお返事、ありがとうございます。
就職活動にも良い影響が出始めているようで、本当に良かったですね。
おっしゃる通り、私も、なかなか毎日上手くいかない事だらけなのですが、努力の先に達成感があると信じて、日々頑張っていこうと思います。
今後もまたコメントさせていただきますね〜☆
これからもブログ楽しみにしています(*^^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。