35歳からのアメリカ行政学・公共経営PhD挑戦

ノンキャリ国家公務員を辞め、アメリカ行政学・公共経営のPhDに挑戦するオッサンのブログ(毎週1回更新...たぶん)

遺伝子の力

2016-10-15 23:20:45 | Post-PhD生活
 ONE OK ROCKという男性4人組バンドが好きで、昨年ぐらいからよく聴いていました。現在アメリカのメジャー・レーベルと契約しており、BABY METALに次いで徐々にこちらでも知名度が上がりつつあります(参考リンク)。とにかくVocalのTakaさんの英語がうまい!帰国子女にちがいない、と思って最近経歴を調べたら、海外在住経験がないことにビックリ(゚〇゚;) さらに、森昌子さんと森進一さんとのご子息であることを知り...腰が抜けましたΣ(゚ロ゚ノ)ノ

 英語の成績は良くなかったとのお母さまの証言がありますが、ネイティブ以上にカッコ良い発音...天性とは恐ろしい(-。-;) こっちは6年以上アメリカで暮らし、教壇に立ちながら現場で鍛えているというのに...遠く及ばない。ただ、彼自身はジャニーズの人気グループNewsを脱退し、慶応大学付属高校も中退、周りからは駄目な2世として冷たい視線を感じたこともあったと思います。こうして、親の七光りが全く及ばない海外で認められるまで、仲間とバンドを続けたことは、本当に凄いと思います。YouTubeで視聴7千万回数を突破した彼らの代表曲『The Beginning』の熱いメッセージ「このままじゃ まだ終わらせらることはできないでしょう?」に背中を押されて、自分も頑張っていこうと思います。
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最悪のスタート | トップ | 日米プレゼンの違い »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みお)
2016-10-17 01:25:11
いつもブログを楽しく読ませて頂いてます。アメリカで博士なんて本当にすごいです。私もアメリカ博士留学したいと思いながら出来ずにいます。アメリカも就職活動厳しいんでしょうか。受けれるだけの数を受けるって感じでしょうか。日本は博士後相変わらず就職大変そうです。。
就職活動の方は如何ですか。日本からですが、影ながら応援しています。
Re: (ブログ主)
2016-10-17 01:45:07
みおさん

 いつもブログを拝見して頂き、ありがとうございますm(_ _)m
 日本の就職活動も厳しいかもしれませんが、やはり日本人同士の競争と外国人として欧米の大学で職を獲るというのは違った難しさがあると思います。
 加えて、リーマンショック以降アメリカではPhD取得者の数が増えているのに、大学の教授職の数が減っているという厳しい状況もあります。アメリカ人の候補者に比べて、明らかに論文などの実績が上でないといけないので、才能がない自分は周りの数倍努力しないといけないですね(^ ^;
 現在進行中で、無差別job application爆弾を投下中です。近日中にブログで良い報告ができるといいのですが...

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。