35歳からのアメリカ行政学・公共経営PhD挑戦

ノンキャリ国家公務員を辞め、アメリカ行政学・公共経営のPhDに挑戦するオッサンのブログ(毎週1回更新...たぶん)

骨折り損

2017-05-12 10:46:38 | Post-PhD生活 -就職浪人-
 かなり手広く仕事に応募していると、こういうことも起こるんだなと感じさせるようなインタビューでした(前回記事)。アーカンソー大学クリントン公共サービス大学院は、アーカンソー大学のキャンパスではなく、ビル・クリントン大統領の記念館ともいえるClinton Presidential Center内にあり、大統領センターの事業の一環として公務員向けトレーニングを提供しています。テニュア・トラック助教授というタイトルで公募していたものの、学術的な組織とはいえず、自分の希望するものではありませんでした(=。=|||) 実際、電話面接を実施した方も、授業を担当している講師陣ではなく、クリントン大統領センターの事務方のトップの人でした。大統領センターが学生を集めるために、「アーカンソー大学」の名前のみ借りているように感じました。

 インタビューをしていて衝撃的だったのは、年間に担当する授業数を訊くと、「いやー、実はテニュア・トラックというタイトルで助教授を公募するのは初めてなんだよ。候補者の資質によって決めようと思っている。もしかして研究する時間とか必要なの?」との返事 Σ(゚〇゚;) たしかに、ウェブに掲載されていた公募の内容は、非常に短く、詳細が記載されていませんでした。そのくせ、たくさんの応募書類を要求しており、インタビューの準備にも相当時間を使いました(-_-メ) 仕事がない現状では、何事にも色よい返事をしておかなければならないので、向こうが期待している公務員トレーニングに興味をある旨伝えておきました。ただ、おそらくこちらの機関にお世話になることはないと思います。買い手市場とはいえ、応募する側も時間を使って書類を書いたりするわけですから、手探り状態でたくさんの候補者とインタビューをしながら、具体的な仕事内容を詰めていくようなことはやめてほしい ヾ(*`Д´*)ノプンプン
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就職速報9 | トップ | 別れのとき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんには (やすこ)
2017-05-16 14:04:21
残念です( ˊ̱˂˃ˋ̱ )そろそろ日本帰国ですか。
Re: (ブログ主)
2017-05-16 19:06:23
やすこさん

 不思議なインタビューでした(^ ^; こちらの質問にはハッキリ答えて頂けず、2回目の電話インタビューがあるかもと言われ、電話を切りました。

 師匠に頼ってラトガースに残るのは、良くないと感じています。7月初旬には一旦日本に戻りますが、それまでに仕事が見つかるよう努力し続けたいと思います。英語で行政を研究できる環境があれば、日本を含めどこの国でも行くつもりです。
Unknown (PeachJello)
2017-05-23 22:51:10
これ、アメリカっぽいですね~。すべて細かく決まってないというか。交渉でつめていくやり方なんでしょうか。普通の大手大学は5年間のstrategic planで何人もが何ヶ月もかけて話し合って、コンサルタントなんかもよんで、鳴り物入りで大学の経営方針を決めてるくせに、プラクティカルなことになると、さて、どうしよっか?って感じで鷹揚なんですよね~。
Re: (ブログ主)
2017-05-24 00:00:36
PeachJelloさん

 新しい中堅キャリア向けオンライン・コースを起ち上げあるための教授(or インストラクター?)職だったのですが、電話面接ではラトガース大学でどのようにオンライン授業が行われているか...とか聞かれました(^ ^; 情報収集に使われたとしか思えません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。