花 一 輪
Copyright (c) 2012-2017 shugorou All Rights Reserved.
 



iDriveの「Musicコレクション」に「音楽データのインポート/エクスポート」が出来なくなった件について、それはつまりこういうことだった。

やはり、あのエアコン故障の時にアップデートされたiDriveその他のソフトウェア(またはOS)が微妙に変更されたものになっていたことが、この混乱を生んでいた。
2015年以降のモデルに乗っている他ユーザーの、ネット上でのコメントから判断し、そう予想しつつディーラーのサービス担当に問い合わせて裏を取った。
担当曰く、最近の新しいモデルでは「そういう風に変更された」らしい。
そこへ持ってきて、このうるさい中年オヤジがエアコンの不調でクレームを付けてきたので、これにビビったディーラーでは「ええい!」とばかりに新しいバージョンのソフトウェアをぶっ込んだという・・・
まぁ、そんなこたぁないだろうが、BMW車は一分一秒を惜しんでハードウェア&ソフトウェアをアップデートしていくから、アフターサービスで各個体に何かしら不具合が出たらその都度細かく修正を加えていくのだと思われる。

しかし、その結果・・・


Canon EOS 30D+Canon EF-S60mm F2.8 Macro USM

ほら、こんなところに「新しい音楽のインポート」とあって、USBメモリのMP3ファイルを「外部機器」から聴いている時にこれをポチると、「Musicコレクション」に正常にインポートが始まった。

何でこうなったかは知らんが、大いに迷惑。
レイアウトの変更にとどまらず、操作方法が全く変わってしまっているのは困りものである。 ほんとオッサン、涙目になりながら「音楽データのインポート/エクスポート」を探しちゃったんだから。

ひとこと言ってよ!

そんな気分が120%。
秋は更けてゆく。

BMW ConnectedDrive : Software updateにて、こまめにiDriveのバージョンアップをしてきたのだが、今回のエアコン修理以降は、このアップデートを受け付けなくなってしまった。
理由は何となく分かるが、少し心細い次第である。


-------------------------------------------------------------

【撮影メモ】
iDrive画面など、暗いディスプレイを撮影するときは、ちと難しい。
私も少し難儀した。
画面が暗いので、カメラの自動露出補正(AE=Automatic Exposure)が明るく写そうとしてシャッター速度を遅くしてしまう。
60㎜レンズなら、少なくとも1/100secは欲しいから、カメラ設定を少し弄くる必要がある。
露出補正を1段~2段下げて、絞りは開放、ISO感度は800くらい。
露出補正で1~2Ev下げるのは、見たとおりの暗い画面を再現するため。 これは夜景撮影の時にも使える手法だ。
画面が光ってしまうから、ストロボ使用は以ての外である。

 撮影モード:絞り優先AE
 Tv(シャッター速度):1/100sec
 Av(絞り数値):F2.8
 測光方式:評価測光
 露出補正:-2Ev
 ISO感度:800
 焦点距離:60.0mm
 ストロボ:非発光
 ホワイトバランス:オート




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Toru Takemits... 小春日和に ... »